MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
青春フォーエバー 1
大胆にもair codeの「青春フォーエバー」をレビューします。

いきなりアルバムを全国発売。

尾崎豊が好きって言う人はメロディラインとか似るのかな?松村さんは尾崎好きだそうで!

ミスチルの桜井氏は尾崎のカバーもやってたし、浜田省吾の大ファンでもある。

サザンの影響とかは有名だけど曲によっては浜省の影響を感じさせる曲も多い。

尾崎豊氏も浜省ファンらしいし好んで使うメロディが似るのだろう。

とはいえパッと聞いても唄い方とかサウンド面とかはまるで別もんで洋楽ロック。

ギターの雰囲気はブリットロックっぽいサウンド。フェンダーUSAなのに。笑



1曲目。

The prologue to SFでアルバムは幕をあける。

こういうインストを挟むという考えはどこから来たんでしょうね?

私が「自分が作ったらどういう風に・・」みたいに考えたときのことを例に挙げると

ジャーマンメタルの雄HELLOWEENの守護神伝パート1とパート2のアルバムは

「INITIATION」と「INVITATION」というインストから始まるんですね。

BOOWYも「IMAGE DOWN」の前に「INTRODUCTION」ていう曲があって

こういうのをライブが始まる前に「ガッ!」とSEでかけると

客席が沸く!笑

っていうそこまでの狙いがあると思うんですけど。(私の場合はってことで・・)

松村さんの影響を受けたミュージシャンにBOOWYはありませんでしたけどハロウィンは聞いてたみたいだし

ギターの本田さんは布袋さんがギターヒーローだったみたいなので。

1,MESSAGE

この曲を聴くと尾崎っぽいのかな~とか勝手に思うのですが

AメロもBメロもサビ的な位置づけでMIZUHOさんも好きな尾崎豊「I LOVE YOU」

もAもBもなくて全部サビみたいな曲で。


CASCADE / SOS ROMANTIC

曲のええとこばっかり言いましたが

ビジュアル系の声質のボーカルとか嫌いって人は

こういう声質が好きでなければまったく受け付けないかも知れませんね。

楽曲がどんなもんかどうかより

一般人にしてみればボーカル命みたいなとこあるので。

とはいえ「cafeteria」って良いですね~とかって

多分みなさん思われているとおもうのですが

楽曲のセンス自体は他の曲も同じなんですけど

そこにパンチの効いたTAKAYOさんの声がのるだけで楽曲のよさがグッと前に出ますよね。

問題はそこですよね。



私は昔、洋楽は難しいから邦楽ロックでいこう!と助っ人ギターみたいなのをやってた時期に

助っ人で知り合ったルナシーとか好きなボーカルの家でインディーズ時代の音源とかを聞かせてもらったんですが

ルナシーとファナティッククライシスとシャズナとシャ乱Qとか(笑)

インディーズ時代はみんな同じ声なんですよね。

腹式で声を出すから。

ところがメジャーに上がると鼻腔で共鳴させるように歌ってるんです。この意味わかります。

あえてそんな風にうたってるんです。

クセの無い声より

個性ある歌い方を選んでるんです。

椎名林檎さんもそうですね。

普通に唄ってるデモ曲とか聞いても誰かもわかんない。

聞きやすさより自分のアイデンティティーを重視している。

「なんか嫌」とかいわれてもそちらをあえて選んでるわけです。

その時「深いな~」て思いました。

ボーカルっていうのはギターみたいに持ち替え出来ませんから

地声がよければそれでいいですけどそうでない場合あれこれ試行錯誤するもんです。

そういう人たちって自分の声のコンプレックスが自己プロデュース能力に直結しているので

つんくさんのようにある時、開花したりします。

元々キャッチーな楽曲を作るセンスには長けているので。


自分に足りないところが解かるから、常にトータルバランスを考えてライブやバンドの方向性を構築していく。

今、上に挙げたボーカリスト達が自分を魅せるプロデュース能力に長けてるといわれるのはそういうことだと思います。


スポンサーサイト
別窓 | air code | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
青春フォーエバー2

THE SWEET /ACTION


DEF LEPPARD/ACTION


STEVE STEVENS/ACTION

3.さらばLOVEなき理想論。

air codeってライブバンドなんであんまり無茶苦茶な展開とかはなくて

突っ走るイメージがあったんですけど

この曲は曲中でリズムがコロコロと変わる変な曲。笑!いい意味で。

この緩急の感じが

麦チョコ食べて柿ピー食べて麦チョコ食べて柿ピー食べて麦チョコ食べて柿ピー食べて麦チョコ食べて柿ピー食べて

という至福のコンボに似てる。

松村さんは影響を受けたミュージシャンにクイーンをあげてなかったのですが

スウィートはあげてたのでひねったところが出てるのかなとにやけてしまいました。

私はこういう変態的な曲が好き。

尾崎豊ファンは好きじゃないかもしれないけど これ↓

尾崎豊/LOVE WAY

私はあんまりバラードには反応しない。ので

「I LOVE YOU」「OH MY LITTLE GIRL」

そんなにグッと来なかった当時は・・ですよ

そんな私が尾崎豊氏の音楽的な底力をみたのはこの曲でしたね。笑

さすが天才!と思いました。(失礼)

尾崎豊ファンの友人は「何がエエねん」とか言ってましたけど。笑

バラードって作ろうとする動機とかって、わかりますけど

こういうタイプの曲って何がどうなったら作ろうと思うのか動機とかそういうものが

まったくわからないじゃないですか。

そういう凡人の理解を超えた曲が好きなんです。


で「さらばLOVEなき理想論」はライブでのノリを重要視しているので

痴漢的自己満(オイ!例えがオカシイ:スンマソ)で終わらない縦ノリでちゃんとまとめてきてるアレンジはair code節。

>しゅうさん
ROCKorPANKorFORKなどのジャンルでは何が一番お好きですか?

人生が基本的にロックなのでロックですね~。

バック・トゥ・ザ・フューチャーの最後の演奏シーンでマイケル・j・フォックスが転げまわりながら

ギターを弾くのが私のロックの理念を表しています。

>おいしかったですか??

ソイラテは甘かったです。笑

もっときな粉っぽいのかな~と思っていたのですが。普通に美味しいと思います。笑

>ZONE(5人)、今のTakayo、今の舞衣子のどの人の声が一番好きですか?

声質的に好きなのはTAKAYOさんですね。

しゅうさんはアコギ派なんですね。

別窓 | air code | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
| dear re:zone(C) | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。