MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
三強ガールズバンド
THE PINK★PANDA・MARIA・中ノ森バンド

2006年10年21日

3組のガールズバンドの対バンが行われました。
自分たちの色はこれだ!と日ごろ思っている持ち味の再確認や新たな自分たちの可能性など対バンにはいろんな効果があるでしょう。ともなれば他のバンドに影響されるし気持ちもいれこみ気味になり、それがプラスに転じればハイパフォーマンスにもなり、またその逆にもなるというものです。

3バンドの現在の状況としては横並びであると思います。やはりどのバンドもキラーチューンが欲しいところです。演奏なタイトさはMARIA.中ノ森バンド.THE PINK★PANDA順番はこのようですがスキル的にはほとんど大差は無いと思われます、MARIAはメンバー数が安定した演奏力に繋がっていると判断しました。


ボーカルの声質でいくと

中ノ森バンド、MARIA、THE PINK★PANDA


中ノ森バンド

フロントマンのパフォーマンスでいくと

THE PINK★PANDA、中ノ森バンド、MARIA

というふうにワタシは感じました。

THE PINK★PANDAのボーカルの方の声質は好き嫌いがはっきり出るのではないでしょうか。しかし、それを彼女自身も承知しているのでしょう、それ以外で何か惹きつけることをしなければという意思を感じます。(短所を知ることが長所に結びついているわけです)パフォーマンスは一番サマなっているのでよく自己分析されているなぁと感心いたしました。。



THE PINK★PANDA

ですがZONEで衝撃デビューした舞衣子率いるMARIAがパフォーマンスで最下位とはいかがなものでしょう。

アテフリから始まり、シーケンスではなくきっちり演奏したいと練習を重ねレベルアップしてきたかも知れませんがここでまた思い直して欲しいのですが、言い方は少し厳しいですがダンスだけ歌だけでは彼女達で感動するには何かたりないと判断したがゆえに楽器を持つパフォーマンスを追加したということです。ZONEデビューの際の事務所の判断にワタシは賛同しています。後にインタビューで全員がその時の事を振り返ってデビュー当時は反発したけれど「演奏出来るだけの人はいっぱいいる」「ダンスと楽器」「これが自分たちの色」というアイデンティティーになりえたといっているように、演奏だけとかダンスだけでは横並びからは抜き出ることは難しいのではないでしょうか。私も含めファン視点で彼女達を見るとどうしても甘く評価してしまいます。

彼女達の苦労話や頑張りなどすべて排除して思い入れを持たずに彼女達のパフォーマンスを客観的に見た場合「学生バンドっぽい」を出ていないと私は感じました。少なくともプロっぽくないと。

PRINCESS PRINCESS

ヒット曲、演奏、ボーカル声質、パフォーマンス

日本でも最高峰のガールズバンド プリプリでしょう。

彼女達を見ていると演奏するだけで精一杯の感じはしないと思います。
自分たちの曲に一番のっているのは自分たちでないとおかしいと思います。映像を見ると楽しそうにプリプリも軽くダンスしてますからその感じが後期のZONE、そして現在のMARIAには見受けられません。ダンスにおいては高い次元で魅せるということが表現できる彼女達が全世界誰もやっていなかったアイデンティティーを何故に手放しているのか?ん~~疑問です。

PRINCESS PRINCESS



PRINCESS PRINCESS /へっちゃら

ドラムの方がスティックをボキボキ折まくる疾走チューン(笑)



スポンサーサイト
別窓 | MARIA | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
MARIA AT THE 大阪BIGCAT PART1
ある方のレビューを拝見したことがきっかけでMARIAのライブにも参戦を決めぎりぎりではありますがチケットを購入し大阪BIGCATへ入って参りました。

当日、チケットの購入の際に知り合いました方からの好意でえらい前のほうで観戦の運びとなり(前から4列目ぐらい)あゆかさん側前でした。この会場のキャパシティーは800人なのですが当日券が結構出てたみたいなのでどれぐらい埋まるのかな?と心配してましたが見栄えとしては結構埋まっていました。がしかし、現状では関西でのソールドアウトは厳しいということがわかりました。その月のアーティストでソールドアウトは土屋アンナさんぐらいだったので特に問題はないかと思いながらも、前日や当日のFMラジオ出演とか、少し営業力はあったほうがいいのではとの見解です。彼女達のモチベーションもさることながらファン心理としても満員のほうが良いに決まってますしね。

6人編成という大所帯のバンドでパフォーマンスできる手ごろのライブハウスが無いのもフットワークの重さになっているようにも思います。

なんにせよ女性グループのライブは初めてなので気恥ずかしかったのですが、最前列は勿論盛り上がるのは当たり前として意外と関西人て冷たい(私も含めてですが)印象のテンションのライブだったと個人的には思っていたのですが、そうでもない意見も多かったようですね。彼女達の演奏はタイトなものでしたがノリという点では、ライブ本数の少なさを若干感じるものがありました。リハーサルの数はすごく多いと思うのですが箱入り娘的といいますかロックバンドの音とノリはまだまだと思ったのは会場の雰囲気から感じた印象が作用していると思います。


VIXEN/EDGE OF A BROKEN HEART

インディーズのライブに行くこともあるのですがライブはみんなで作る物ということをオーディエンスが言うならともかく、演者本人がいうのはいかがなものかとわたしは常日頃思っているのですが。。

TNT/TONIGHT I'M FALLING

ロックは着席して聴くようなものでもないと思うので音楽にあわせてビートに身をゆだねトランスする事が可能です。立ちっぱなしでも結構ですがロックがアルコールの役割を果たし羞恥心を吹き飛ばし大合唱したり腕を振り上げたり頭を振ったりさせてくれることを皆どこかで期待しているのではと思うのです。


このぐらい個性的なダンスはやって欲しい
ウルフルズとデパルマもびっくりの長回し固定カメラ

ですのでプレイヤーが出す音以外で同意を求められても困るというひとが多いと思いますので、是非”音”で我々の理性のたがをはずして欲しいと思います。MARIAがそれを強要してたというわけではないですが会場を乗せきれてなかったと感じました。


SHOW-YA/私は嵐

わたし実はZONEのライブすらいったことのない若輩者でございます。なんといいますか、そんなに食べにも行かない近所の食堂がいざ潰れるとなると反対する人みたいなかんじでしょうか(泣)それなら毎日食べにいけみたいな突っ込みをいれられるのを承知で今こうしてZONE熱再燃MARIA安泰に向け微力ながら応援していこうと思っている次第であります。

解散の時にも「もったいない」と思うものの特にシンパシーを感じたわけでもありませんでした。しかし、今年に入りなぜZONEは解散したのだろうか?そこから彼女達の足跡を辿るためいろんな情報を集めそのひとつとして竹内美保著「ここから」を読み、まだ彼女達や関わるすべての人達の心の中で完結されていない何かを感じました。

ゆえに現状把握のためにと参戦したわけです。続く。

別窓 | MARIA | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| dear re:zone(C) | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。