MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ZONE/MARIAに聞かせたい 音楽よもやま話
前回の続き

TAKAYOさんとMICAさんの共作の歌詞がなぜMICAさん寄りっぽいかとういうと、

TAKAYOさんは曲調から詞のイメージが湧かなかったのだと思われます。

TAKAYOさん個人の作る作品の傾向から考えて根暗な・・(失礼な)しっとりとした曲調の曲ばかりなので、そういう作品は音からイメージしやすいので作詞には向いているといえますが、「SOS」「Hi-Song」「Crazy Love」など、ああいった音楽のポップな曲調では、何かTakayo好みの内面的な部分を詞にするというのは、畑違いで難しかったのではと考えられます。ですので作曲者のMICAさんがガイドになるようなストーリーやフレーズなどをTAKAYOさんに聞かせて一緒に作詞したのではと思われます。


Aiko - Ashita
Uploaded by beb

aiko/あした


彼女が発売したシングルで唯一作曲者が彼女でない曲がこれ。

作詞AIKO 作曲編曲小森田実

曲調からいってもまったく違うものなのですが、そこはうまいこと歌詞をつけてると思います。

たとえ畑違いであったとしても・・・それはクリアしていかねばならないということですかね。

aikoさんもあれだけレパートリーがありながらこれがファーストシングルというのは一体なぜ?

どんなしがらみがあったのでしょう(邪推しすぎ)

私から見た小森田さんの印象は。

キャッチーなところを確実に押さえてヒットへのきっかけをつくる仕事人のイメージがあります。

安室奈美恵 with スーパーモンキーズ「愛してマスカット」の作曲者でもあります。


深田恭子/禁断の果実 作詞 黒須チヒロ 作曲編曲 小森田実

これはリメイクと公言されているのですが

こういう大胆なつくりって非常に面白いですね。

コード進行とサイズが同じで違う曲がつくれるか?

ていう感じでしょうか。(やっつけ仕事的にとられるかも)

バックコーラスにaikoさんも参加されてるのでその辺は意図的ですね。

逆に考え方としてはシングルのA,B面に入れたら面白いのにとか。

そういえばまだインディーズ時代のaikoさんがラジオやってたの聞いてた覚えがあります。

特徴的で良い声質だったので「絶対売れる」と思いましたが、おもわなくても売れましたね。。

あしたの編曲は小森田さんですが

それ以降のシングルのプロデューサー兼、編曲を島田昌典さんが担当されています。

この方のアレンジが実にaikoさんの楽曲をよくとらえた作りとなっておりまして。

キャッチーであり、大衆を突き放すではないアート感を共存させるサウンドプロデュース術。

現、長瀬さんやMARIAの編曲やプロデュースをされている方にも参考にしてもらいたいなぁ等と偉そうなことを・・いったりなんかしちゃったりして。



MIYUのただいまハマリ中WMPで聴視可能

スポンサーサイト
別窓 | ZONE MARIAに聞かせたい 音楽よもやま話 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ZONE/MARIAに聞かせたい 音楽よもやま話

ラ・セーヌの星

歌は外国人の方が歌われているのですね。

フランス語のところとかがわからなかったので適当に言ってましたね。

「ファムゥ~」とか。

ファム~てなんやねんて話ですが、子供ですから。(笑)


「朝が来れば消える私」て歌詞が

子供ながらに「ラ・セーヌの星だけにうまいな!」とか思ってた記憶が。

最近のアニメソングはポップスのミュージシャンの楽曲を採用したもので、いささかキャッチーさに欠けるような気がします。

アニメソングにポップスミュージシャンの楽曲が積極的に採用されるようになったのは

杏里「CAT'S EYE」のシングルの大ヒット以降ではないかなと思うのですが。

昔のアニメソングはわずか1分の間にこれでもかとばかりにつめこまれたキャッチーなメロと斬新な展開でTVの前の子供達を魅了していました。

山本正之氏にいたってはA.B.C.Dサビというなんとも贅沢な構成。


逆転イッパツマン

そしてこの時代のアニメソングの聴き所としてはサビよりもBメロが妙に気持ちいい。(笑)

イッパツマンとか話は全然覚えてないけど最終回で女の人が裸で走っていって行方不明になったシーンだけ覚えてます(それだけ言われてもワカランでしょうが)


ちなみにラ・セーヌの星も全部サビに聞こえるほどにキャッチーなメロディ満載となっております。この曲もBメロが一番おいしい。


TOMOKAさん加入時に、このラ・セーヌの星と同じファッションでお面を付けてでてきたら

さぞかし話題になったのでは(変態やろ)

そうはいっても、芸能人に神秘的な部分は必要だと思われます。(ハイハイ)

そしてラ・セーヌの星の作曲をされている方が菊池俊輔さんです。

なんか見覚えがある名前だなぁと思って調べてみると、最近、ヤフーで見ていた侍ジャイアンツの主題歌も作曲されてたそうで、他には「暴れん坊将軍」とか

OPの馬がパカラッパカラッていうかんじが好きなのか(偶然や)

よく聞くとメロディーとかビートの雰囲気とか、こういう感じの曲調がお好きなんだな~と思いました。


暴れん坊将軍

今年の夏に解散したZAQなんかはこの辺の時代のアニメソング的なキャッチーさを兼ね備えつつもアート感のあるアレンジがとっても良かったんですが。






別窓 | ZONE MARIAに聞かせたい 音楽よもやま話 | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
| dear re:zone(C) | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。