MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
re:zoneについて
re:zoneというブログを立ち上げTAKAYO脱退の真相について

私なりの見解を述べさせていただいておりますが、

突拍子もない推論はリアリティーに欠けるようなものとなってはいないでしょうか?どうでしょう。

たしかに考えすぎと違うだろうか?

と私以外の方が読まれるならばそうかもしれませんね。

「親父がどうこう・・夢がどうこう」といったことは、信憑性にかけるかもしれません。

たとえばこれならばいかがでしょう。

TAKAYOという部分をブログオーナーである私の名前と入れ替えたとしたならば。

わたしはTAKAYO脱退の真相についての根拠をメディアから拾える情報と

私の体験をベースに推論させていただいております。

推論の内容が突拍子もない出来事であってもTAKAYOさんの例にはあてはまらなくても

世の中にはそれを体験した人間がひとりはいるということになります。

もちろん夢の内容が彼女の音楽かわたしの仕事かの違いはあれどシチュエーションはほぼ同じです。

逆に言うと私の名前と入れ替えて「TAKAYO」としたということにもなります。

ですので彼女が周囲にいえない理由、助けを求めない理由、沈黙するしかない理由、

彼女の気持ちがわかるというのではなくて、実際には私が体験した気持ちを書かせていただいているということになります。

体験をベースにすることでしか人を理解できないのであれば、世界から戦争が無くならない理由もなんとなくわかる気がします。


負の連鎖

それは運とか風水とか星とかそんなものではなくて理屈で片付けられる程度のものです。

一つの失敗が生んだ動揺は次の失敗を引き起こす原因になる

不安や恐怖は人の判断を狂わせる

そのあとは沈黙するしかない、何か動けば失敗するかもしれないと思うからです。

例え勝算があったとしても、決断に踏み切れない。

私の場合は人の資本に乗っかったわけではないので自分の資金が尽きた時点アウトになるからですが。


人の精神が肉体を動かすということも実感しました。

私の場合も、TAKAYOさんの場合も

才能のあるなしに関わらず

それを諦めるという選択肢をもっていないが故の沈黙であったと、私は書かせていただいております。  

決して自分を持ち上げるわけではないですが(笑)

似たような性格だなと、自分のことはさておいてみたいなとことか。。(ほんとにけっして)

その辺り踏まえても諦める選択肢をもたないのであれば、最後には私と同様に立ち直れると思うわけです。


町に出たときに思うんです。

誰がどんな悩みをかかえているかなんてここで見てても解からないもんだなと。

私の他にもあの頃のあの気持ちでいる人がいるなんて思うだけでも、恐ろしい。

心臓をぎゅっと握られているような胸の苦しさで毎日を過ごすなんてことは、生きてるなんて言えない。


人がそれを隠しているからなのか

周りが気づかないからなのか



でも絶対にどこかにいるだろうと。


もしも、それを見つけたであろう確信に自分の中で変わったのであれば

誤りであったとしても関わっていこうと

自分があの時してほしかったことをしてあげようと思いました。



芸術的側面 ビジネス的側面 葛藤、挫折、再起

すべて体験した、わたしは彼女達の心境を外側からでなく内側からの視点で見えた気がしました。

TAKAYO,MIZUHO,MIYU,MAIKO,TOMOKA

彼女達の気持ちがどうであったか?ということにたどり着く術はありませんが

自分が体験したあの時の視点であの時の気持ちを書くならば、気持ちを代弁するという形を取れるのではないかとおもいました。

私が書く内容が真実を捉えていないとしても

その誤りの言葉は真実に近づくためのエネルギーに変換されると思っています。

私でなくていい。

他の誰でもいい。

闇から抜け出させてあげたい。

と思うわけです。


人は同一の体験なしでは理解しあえないのでしょうか?



人間には想像する力が与えられていて

人を想う力がその体験を超えるのであれば、素敵じゃぁないですかとか思ったりして。


ですので、私個人的にもう一回再結成してほしいというよりも、彼女たちのココロを救うことができればおのずとre:zoneという形に自然とことが運ぶのではという考えなのかもしれません(笑)

そういう意味では純然たるZONEファンではないのかもしれません。(辛口だし:スイマセン)

2007年までCD1枚も持ってなかったですし。(ホントにスイマセン)

あるのは郷ひろみさんと共演した「GOOD DAYS」のTVの録画だけ(笑)

私のブログの意図と応援の姿勢はそんな感じです。(ドンナンヤ)











スポンサーサイト
別窓 | re:zoneについて | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
また動き出す

また自分の中の時が動き出す

新たになにかまた始める時が来たようです。

今すぐではないですが

長瀬実夕さんの日記がね・・

スイッチになってしまいました。

決心しました。

また動き出す…の続きを読む
別窓 | re:zoneについて | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| dear re:zone(C) | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。