MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
人は変われる
最近、MARIAの舞衣子さんのしゃべり方がTAKAYOさんのように抑揚や表現力がついてきたように思います。

最近ではないかもしれませんが今週のMARIA DE ナイトを聞いているとそう思いました。

昔のラジオは棒読みだったのに。(笑)

メールを書いてくれた相手側の感情を現すような読み方をしています。

これがZONE時代にできてたのはTAKAYOさんぐらいで。

MIZUHOさんは置いといて(笑)

文章もそういう風に読んでもらうと聞き手も話に入り込みやすい。

自覚というかなりきるというか

そういうのが16~17歳で出来るとは、やっぱり一枚上手やったな~。(これは別に批判とかじゃなくて(笑))


オカザイル

これはオーディエンスにのせられるパターンですね。

普通は舞台からミュージシャンが音楽でオーディエンスをのせるという関係ですが

オーディエンスが出すかけ声や手拍子

「オイッオイッオイッオイッ」という声援がクタクタの岡村さんに力を与える瞬間とかは「ぞくっ」とします。



オーディエンスとパフォーマーがとてもいい関係で結ばれる「live」

liveではメロディーが聞きたい、パフォーマンスが見たいというのもありますが

でも、私の場合、この瞬間のほうが見たいといっても過言ではありません。



エガラップ


スポンサーサイト
別窓 | MARIA | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
過ぎたるは及ばざるがごとし
倖田來未さんがラジオで言い過ぎちゃったみたいですね。(怖)

私も気をつけないと(笑)明日は我が身です。ほんと。

そんなつもりなくても人を傷つけるということが一番切ないですね。

誰も傷つかないなんていう

そんな都合のいい世界はないので日々反省しつつ前進あるのみです。

とかなんかいいながら結構いっちゃってますが。。

杉田るは及ばざるがごとし

MIZUHOさんが激やせ

最後の方は足出してないですもんね。

笑顔日和のPVの時はタイツで足を隠してるとこなんかは

見せらんないほどだったんでしょうか。


仲居くんVS倖田來未さんならぬ岡村さん

これはやり過ぎの良い例といっていいのでしょうか(笑)




グーニーズ

自分の家に屋根裏部屋があれば宝の地図を探して洞窟探検に行きたかった。。

とか思ったりしましたが

監督:リチャード・ドナー
制作総指揮:スティーブン・スピルバーグ

ちなみに主人公の青のジージャンを着た男の子は

ロード・オブ・ザ・リングの主人公フロドの付き人サム役の「ショーン・アストン」です。年取ったな~(笑)

グーニーズといえばシンディー・ローパーの主題歌

2007年8月11日 大阪舞洲サマーソニックに出演してました。

行けば良かったかな。

80年は映画が一番面白かった時期だと勝手に思っているのですが。

特にスピルバーグは大好きですね。


BACK TO THE FUTURE

監督:ロバート・ゼメキス
制作総指揮:スティーブン・スピルバーグ

先日、ブレード・ランナーの記事の時に取り扱った工業デザイナー「ジウジアーロ」がデザインした車が「デロリアン」です。

デロリアン・モーター・カンパニー=DMC

車の前のエンブレム「DMC」が欲しかった。

レプリカでも売ってたら買うんですけど。。

この会社で生産した車がこれ一種だけというのもかっこいい話でしょ。

これ一台だけ作って倒産してしまいました。

ステンレスのボディーは無塗装でメンテナンスフリーと思われていましたが

意外な欠陥が発覚

へこみによる板金が大変。(笑)

だれか気づかなかったんでしょうか。

バックトゥーザフューチャーの最初の設定もタイムマシンが冷蔵庫だったみたいで

タイムマシンを冷蔵庫にすると子供が入って閉じこめられると危険だからやめたとのこと。

やめて正解ですよ(笑)

主役も本当はマイケルJフォックスではなく

違う人だったのですが

話の三分の一まで取り終わってから「イメージと違う:垢抜けてない」てことで

マイケルJフォックスで、はじめから取り直したそうです。すげ~


MAIKOの素WMPで聴視可能

大阪弁の舞衣子てん と MIZUHOてん


別窓 | ZONE MARIAに聞かせたい 音楽よもやま話 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
強引ぐ MY WAY

ヘドバとダビデ/ナオミの夢

私は「ボ~イン」ていうティンパニの音が好きなんですね。BOφWYのDREAMIN'とかも。

風呂屋で録音したかのようなリバーブたっぷりの感じもなかなか味があって良いと思います。

リバーブたっぷりめが流行った時代なのかも。

ハモりも主旋律に対して上でなく下でハモるの私好み。


バトルフィーバーJ

これはテンションがあがりまくりのオープニングです。

ティンパニはもちろんのこと、「おまえはあ~ほ~か~」ののこぎりの音らしき(わからんけど)
「ポインポイン」ていう音が入ってます。

正義の味方でありながらバトルフィーバーJというアグレッシブなネーミングもイカしてます。

バトルフランスがなんでフラメンコ(=スペイン)踊るのかがよくわからなかったんですが

国境を越えて一つになるとかいうコンセプトでいろんなダンスを習得し

それを活かした戦闘術のエキスパートの集まりがバトルフィーバーJなんだそうです。

その辺の強引さも笑ってしまうンですけど。






渚ゆう子/京都の恋

雰囲気がナオミの夢に似てるということもありますが

曲の展開が強引で(笑)またそこがカッコイイ(カッコイイんかい)

1:05秒あたりの「ちゃっちゃ~ちゃ ちゃっちゃ~ちゃ」ていうところなんですけど

ビートルズにもそんなような曲があったようにも思うのですが

実は私、ビートルズのCDを1枚も持ってない(笑)聞いたことはありますよ。

ただコレクションとして持っていない。クイーンは全部もってるんですけど。


BON JOVI/EVERY DAY

アッちょんさんがMARIAのホムペで突然かかる「ゆらり桜空」が「まく~らが~」にきこえませんかという質問がございましたので

PVにするならこんな感じがいいのではと(笑)


別窓 | ZONE MARIAに聞かせたい 音楽よもやま話 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
棲み分け論

jet li /リー・リンチェイ

ジェット・リーと名乗る前の作品。


ある国の冷凍食品が問題になっているようです。

農薬まみれの食品を取り扱う国の倫理観が問題にあがるのも当然だとは思いますが

その前に倫理観で相容れぬ部分を持つ国から食品を輸入することが間違っているような気もします。

人間が本質よりもコストパフォーマンスを優先させるということは

以前から申しておりましたが

それを地でいく、お国がらの国を相手に輸入すればそういうことになることは目に見えてたはずですが

あちらの国は日本と違って貧富の格差がひどく、農村地区の住民は学力も低く農薬の危険性などについて十分な知識をもたずに取り扱って生産した作物も、「自分が食べなければええか」ぐらいの発想になるのだと思うのですが。

要するによその国にはよその考え方があるのでその国内であれば問題ない行為(そんなわけはないと思いますが)なので、考え方の棲み分けは必要です。

なので考え方に食い違いが生じることを承知で輸入する日本が悪いともいえます。

そして、特に日本と違い合理性を優先させているなと感じるものはトイレです。

トイレでの排泄に対する羞恥心が日本人とは全く異なっているように思います。

トイレについての考察

扉なしで排泄している時に視線が合うとかも平気

見なきゃいいといいますが

もうぶりぶり出てるときに出くわす事もあると思うのですが(コラ)

私のようにそういうのを快感に感じる性癖でもあれば・・(誰がそんな性癖や)移住を検討するのも良いかと思います。

逆によその国から日本を見た場合のおかしい部分とかもあると思います。

外国の人の方が日本に来て驚いたこと、について語っていましたが、田舎の通行量の少ない道に自動販売機が置いてあるのを見て

「あんなとこに置いてたら一瞬で持って行かれる」(笑)

らしいです。無防備も甚だしいそうです。

係の人がだれもいないのに店の前に商品を陳列しているのもあり得ないといっていました。

治安大国日本だからかもしれませんか、平和ぼけしているというか、個人の自己防衛に対する感覚が欠けているのではと思います。

私なんかはそのへん研ぎ澄まされているので

昔、友人のマンションへ迎えにいった時のことですが。

そこにすんでる友人からこのマンションは893が住んでて玄関のまえで車が止まってたらヒットマンと疑われて部屋から出てくるからマンションの横でまっててくれといわれていました。

車は私の友人が運転していたので、「私が横で待っておこう」と説明したのにもかかわらず

「大丈夫大丈夫」とかいって聞き入れずに玄関前で駐車していると

案の上893登場

「おっおう おい 開けぇ開けぇ」

うわ~初対面やのにため口や~


「おまえら何してんねん」

ちょっと友達を待っていまして(めっちゃ敬語:完全にビビってます)


「あかん よそで待っとけ」えっなんで(とは言えず)

はい わかりました。


この機転のきかせ具合が自己防衛に長けているということではないでしょうか(ビビってるだけやん)

本当はそこで一戦交えてもよかったんですが友人が腰抜けてましたから(こらこら)

いざとなったらあほのふりして裸に竹馬で許してもらおうぐらいの作戦まで浮かびました。

とかは さておいて。

世界の人類を動物世界に変換すると日本人は即絶滅するかもしれませんね。

生きるということは知るという行為。

知るということは生きるという行為。

誰が何を優先させていてもそれは生物的には生きるということに基づいている基本的な行為。



世の中は知らずにいると損をするものだと


みんながわかればそれはそれで色々ありそうですけど。


スパルタンX

ジャッキー・チェンの格闘シーンの計算され尽くしたカメラワーク。

息もつかせぬ連続して繰り出されるカンフーアクションは美しいメロディーと同じ

イングヴェイ・マルムスティーンの速弾きのハードロックのような高揚感を感じます。





マーシャルアーツの世界王者ベニー・ユキーデとの対決シーン。

この映画のハイライトはもちろんこのシーンですが

映画「サイクロンZ」でのジャッキー・チェンVSベニー・ユキーデ2度目の対決も凄い迫力です。

ジャッキー・チェンの映画はハリウッド進出前の作品の方が絶対におすすめ。

サイクロンZ

峰岸徹さんと泉谷しげるさんが出演しているように思うのは気のせいですか?
別窓 | ZONE MARIAに聞かせたい 音楽よもやま話 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
SF小説 re:zone~missing melodyを探して~
発展途上国の急激な人工増加と環境汚染、鉱物資源を巡る戦争により地球環境は激変した。

エネルギー資源や食料の高騰が原因で国内外で利権を巡る紛争が勃発、一般層の供給物資の値段高騰は国民を暴徒化させ、主要都市を中心に町は一時無政府状態となり日本の治安は急激に悪化した。

政府は軍隊を出動させ町には軍が常駐するようになったが反乱は一時鎮圧された。

そこで治安の正常化に乗り出す政府は多くの法律を制定する。

カオスと化した一般国民層の思想を押さえつけるための策として政府は歌うことに免許を義務化する。国民の感情は押さえつけられ思想と夢、自由は削られた。

唄う歌詞の言葉狩りは露骨になり言論の自由は完全に奪われ、国民感情を逆なでするメッセージ色のあるものは皆無となる。

国内にある独裁政権以前に作られたレコードはすべて政府に没収され輸入も禁じられた。

この時代より後に制作された音楽をカラーレスメロディーと呼んだ。

押さえつけられた国民が不足を満たそうと強く求める気持ちは、自然と「第三世界」と呼ばれるアンダーグラウンドに向けられ

夜な夜な繰り広げられる非合法の音楽に人々は酔いしれる。

政府の監視網をかいくぐり、免許を持たず過激なパフォーマンスとメッセージ色の強い歌詞を歌う人々のことを

人はサイレンスメロディーと呼んだ。

登場人物

サイレンスメロディー名 「ANGEL VOICE」=TOMOKA

ランタイム研究所 

研究総指揮=真知田 反政府組織「第三世界」首謀者=真知田

ランタイム研究員

ZONE=TAKAYO
ZONE=MIZUHO
ZONE=MIYU
ZONE=MAIKO


別窓 | SF小説 re:zone~missing melodyを探して~ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
来てます!来てます!
どうやらMARIAのニューシングルの売れ行きが好調のようです。

逆にはめられたかなと思ってたり。

ZONE時代からの流れでMARIAファンになった人たちで、アルバムや前回のシングルなどは購入しなかった、離れかけていた層が戻ってきているように思います。

ファンもルックスや思い入れだけでCDを買うのには限界があるでしょうし、そういう意味ではCDは質さえよければ既存のファンは買ってくれるンですね。

離れていってたファンもやはり今回のシングルの動向を気にしてくれてたわけですね

まさにノンタイアップがタイアップになってしまいました。

しかし、購入しているであろうと思われる層は、すでにMARIAというバンドを知っている人たちで

新規客ではないと思われます。

売れ方が半端ない感じなので第一週で1万枚突破するかもです。

もしも、元ZONEの舞衣子が組んだバンドとかでなく

誰も知らない人間が売り出すのであれば

間違いなく売れてないと思います。(それぐらい基本的な行為から逸脱している)



もしも、予算はあるけれどあえて作品自体の質とノンタイアップとすることでの会社側への不安感がファンの結束力を高め、初回出荷枚数に反映すると考えていたのなら、恐ろしい将棋の差し方です。

今回はそういった裏の裏をかくような行為ではなく

本当に上からの予算の締め付けが厳しかったのだと思われます。

「あなた越しのイルミネーション」が発売延期になった理由もこのあたりにありそうです。

もしも、「あなた越しのイルミネーション」のリリースというカードを焦って切ってしまった場合

3rdシングル「HEART BEAT」の売れ行きを下回り、さらに立場が悪くなることは十分考えられます。(学生の二人が卒業してあの春のツアーの縮小っぷりはありえないでしょう)

「あなた越しのイルミネーション」は、どちらかというと既存のファン向けの曲という印象で

リリースすることによって新規客へアピール出来るようなものではないと思います。(辛いかな)
竹内美保さんのインタビューでシングルの制作には期間縛られずにというようなコメントをMARIAはのこしていますが。

とはいうものの、次のシングルが正念場であることは彼女たちも分かっていたと思います。

考えすぎという方もなかには、いらっしゃるとは思いますが。

元々売れないバンドなら予算のかけ方もはじめから緩やかで

3~4年はじっくりという考え方にもなると思いますが、

鳴り物入りで、デビューし、その後、徐々にセールスを下げていくとなると現実問題として厳しいものがあります。


まあ、込み入った話はまた今度に

今回はオリコン10位内にいけるんとちがうかなと。。

あとは我々のラジオ攻めで新規客をがっちり掴めば

TV出演も出てくるでしょうし

春ツアー急遽拡大もあり得ます。(MARIAが最近ダンスの練習してるってのも気になります)

九州、広島、名古屋、仙台、ホームもZepp札幌でとか


夢がふくらんできました。シングルのジャケットのように(ウマいこと言ったつもりはありません)

日本列島縦断してもらいましょうか。(笑) 



R-ゼロ見ましたよ

舞衣子てんが緊張からなのか、汗で顔テっカテカの状態で歌ってました(笑)


ORICONチェックするのが楽しみです。7位ぐらいいかへんかな(笑)












別窓 | MARIA | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
GIVE ME GOD EYE

ゴクウ

左目に神の目を持つ男

この左目とサイコガンがあれば  フフフフフッ

とりあえずはMARIAのシングルの出荷枚数を調べたい(小さいな!小さいことない

作者はコブラの寺沢武一さん

コブラの台詞まわしもくさいけどゴクウも良いですね。

個人的には漢(おとこ)のファッションはこの裸にネクタイがスタンダードになればいいのになぁと思っているのですが。

「ゆらり桜空」の作曲にm・tAnkとあるのですが

いったい誰の事なんでしょう?

メンバーの頭文字かな?とか思ったんですけど

このあたりもちょっと気になります。


それはさておき私つい先ほどまで

「フラゲ」の意味を知らなかったんですが

フライングゲットの略だったんですね。(笑)

「フラゲしました」っていう記事をよく拝見してたんですが

なんのこっちゃ分からなかったンです。

フライヤーをゲットするってことかな?とか

CDの他にちらしまで収集されるんだ~とか勝手に思ってて

上には上がいるもんだとか。(ぜんぜん違うかったし)

ま 

それはさておき


燃費グッズの話題がネットに出てたのでちょっと

正確には燃費グッズで燃費は向上しません。

「そんなので燃費が向上したらぼくら仕事せんでもいいですよ」と技術者の友人に言われました。

車の燃費に単純に直結するところは車の性能の差を除いて考えた場合

タイヤの空気圧(これ意外とやってない人が多い)とエンジンオイル

これさえしっかりしておけば良いそうです。(うわ~私、結構買ったのに(笑))

フラッシング(エンジン洗浄)についても

油膜を全部はがしてしまうと逆にそのときに傷をつけてしまうので

こまめなエンジンオイル交換でダストを取るようするのが一番良いそうです。

結局まとめてやるのは何事もよくない 「小さなことからコツコツと」って西川きよしさんもいってますし











別窓 | MARIA | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
「ゆらり桜空」と竹内美保
竹内さんインタビュー前編 ←Link

アッちょんさんにレビューを仰せつかってしまいました。(笑)

「ゆらり桜空」のレビューとまでいえるかはわかりませんが一つ心を大きくしてお読みください(オイオイ辛口か?)

上のサイトでは竹内美保さんのインタビューにMARIAのメンバーが「ゆらり桜空」とそれまでの制作秘話について語っていますが、竹内美保さんはインタビューの仕方がお上手ですね。(当たり前か)

どういう質問をすると、どんな答えが返ってくるのか、また、その答えがMARIAにとってプラスであり我々にとって興味のあることか。という事です。

私は1stアルバムのレビューでボロンチョに(ボロンチョにはいうてない)レビューしてしまったわけですが、私としては本当にこの楽曲で良いのだろうか?彼女たちに想い先行でなく質を見極めてリリースする客観的な力はうまれるのだろうか?とそんなことをこのインタビューを見るまでは思っていました。

あゆかさんと舞衣子さんは、1stアルバムでの反省として、楽曲のバリエーションの豊富さが音楽性に直結するのではないということを自ら言い当てていることと

1曲につき一つMARIA節を持たせようとしているという意志を

このインタビューで私は確認しました。

竹内さんの一つ目の質問はあらかじめ決めてきた質問で

2つ目はそのMARIAの答えに対して竹内さん自身が1stの頃から思っていたことを少しつっこんで質問されてます。

私みたいにヅケヅケいうのではなく(そんなつもりじゃないんですよ)

彼女たちの成長が確認できたのを見計らって質問されている点に竹内さんの愛情を感じます。

続く、愛華さんれいなさんTATTSUさんSACCHINさんのナイスアンサー。

TATTSUさんの歌詞についての想いも私が聞きたかった事ですし。

そして、次の舞衣子さんのアンサーですね

これが肝です。

作品ができあがるまでの期間ずっと待てるほど企業も優しくはありません。

もちろん曲ありきでリリースというのが一番ベストです。

今回も「ゆらり桜空」もプリプロまでかっちり出来ていた曲ではなく期限の切られたレコーディングの最終日まで歌詞やらメロやらを手直しし、期間内にまとめるという作業であったわけですから、厳密には出来上がったからリリースしようというものではなかったと思われます。

「それが故に悔しい思いもした」

ということが今後の活動であったとしてもその悔しさや汚名もプロとして必要な経験です。

2007年内にシングルリリースというカードを切らなかった理由が

作品の質を優先させたものだけでなく

リリース後の結果(売れ行きですね)そこもあったと思います。


「ゆらり桜空」は、アルバム「YOU GO」を聞いて「夏えがお」は良いなと思った時の感じを思い出しました。

わたしとしてはあゆか節というのは確認できましたし、それらが今後、他のメンバーが書く楽曲でも同じように出てきてそれらが、音的にMARIA節につながるのではと思います。

と、ここまでの彼女たちのアルバムリリース後からニューシングルリリースまでの胸の内を聞けたことを踏まえまして

「ゆらり桜空」のレビューをさせていただきます。

楽曲的なことは以前に少し取り上げたので

バンドのアレンジについて

ダブルベースではなく舞衣子さんがボーカルに専念されていることに、このままずっと舞衣子さんベースなしかも?と危惧されている方が結構いてらっしゃるので、それについてひとつ。

たぶんそれは心配ないと思われます。

アンサンブルの足し算引き算が出来てきてるので、今回はその必要性を考えての行為であって恒久的なものではないと思われます。

クリスタルライブでのライブアクトも評判が良かったようですし(すごい動きが良かったそうです)、最近はダンスの練習もされているという日記からの臭わせ情報も含めてライブアクトにも力をいれてくると思われます。

ベースという楽器はCDに録音したときに定位がはっきりしない楽器で右と左に振るステレオを使えません。

ツインギターのように一本は右、一本は左という風にできれば音楽的な表現の幅につながるでしょうけれど。。

ゆえにダブルベースというのは帯に短しタスキに長し的な感じがしてました。

ですから

ベースでギターの音色を真似るようなアレンジは勿体ないな~と思っていたので

あまり肯定的な立場ではありませんでした。

弾くときは弾く

抜くときは抜く(ボーカルとパフォーマンスに集中する)

ということをパフォーマンスを絡めたうえで曲の中で今まで以上に緻密にアレンジをし

ドラムンベース的にドラムのバスドラに合わせて、強力なビート感を演出したり

そのうえでシーケンスフレーズを弾くというのもダブルベースの利点になるようにも思うので

たぶん今後もダブルベースは健在だと思われます。


スラップとかもいいですよね。

彼女たちが自分を見失うようなタイプではないというのを、このインタビューでわたしは感じましたが、みなさんはいかがでしょう。
別窓 | MARIA ZONEの曲レビュー | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
シャンプーのコマーシャル
シングルの売れ行きはいったい・・・

どんなもんなんでしょう?

長瀬実夕さんの時を考えても初動で2000枚は絶対超えてるはずだと思うのですが。

動向をキャッチできないのは不安ですね。

それはさておき

シャンプーでTSUBAKIってあるじゃないですか

そうそうたる女優人が出演しているCM

竹内結子さん広末涼子さん観月ありささん鈴木京香さんなどなど

あのシャンプーを買わないと女じゃないぐらいの強迫観念を植え付けるCM(笑)

それと似たような感じで化粧品メーカーさんどこかで

SAKURA

てシャンプーだしてくれませんかね~

「ゆらり桜空」は良い感じの曲調なのでばタイアップにはばっちりだと思うんですが。




川本真琴/SAKURA

岡村靖幸 さん薬物でまた逮捕

川本真琴さんは岡村靖幸 さんのファンだそうで(彼女も結構飛んでますね:コラコラ)

デビューの際の曲とプロデュースを岡村さんが手がけております。

バンプオブチキン以前にこのパーカッシブな歌唱法で活動されていたというのは、もっと評価されてもいいと思います。歌詞も独特の世界観で筆力もあります。

元々はピアノ奏者だったのですがシングルの曲調にあわせてギターを持ったのが始まりで川本=アコギみたいなイメージが定着したようです。

ZONEみたいな感じだな~とか


愛の才能

TAKAYOさんのプロデュースは岡村靖幸さんとかがよかったんじゃないのかな~

音色的にですよ(笑)

薬物的にではなく(アタリマエヤ)




別窓 | MARIA | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ちょっとやばいっすか?
まさかシングル発売日に有名アーティストをかぶせられるだけで

発売した事実すら上から被せられるとはとんだ誤算です。

これだからビジネスってやつはやっかいです。

作品の質自体はMARIAの作品中トップレベルでありますし

それを作りきった彼女たちの達成感もわかるので、2万枚ぐらいでも、たぶん他のメンバーは万歳だとおもうのですが、舞衣子てん(武道館公演を目標に掲げる)だけはひとり気負ってしまうのではないかとちょっと心配です。

シークレットベースの時と違う点といえば

その歌詞のシチュエーションが聴衆の胸に突き刺さるドラマの主題歌ではないというところでしょうか。

今となっては、あの「キッズウォー」の主題歌で正解だったといえますが

あんな微妙な時間帯の主題歌、わたしがリアルタイムにレビューするならボロンチョにいうてそう(泣)。

しかし、あの番組が面白かったというのも主題歌が注目された要因であったと思われます。

そしてMARIAの似て非なる営業で「デルトラクエストの主題歌」とか、ありましたけど

だれに唄を聞かせる気なのだろう。。。と





「ゆらり桜空」もっと余裕綽々かと思っていただけに。ちょっとテンパりますね。




それはさておき、いままでずっと何の宣伝もしてないと思っていた長瀬実夕さんの2月のスケジュールがインストアのイベントやTVやラジオで結構埋まっている(してやられたか:チェックしてなかっただけやけど)のに対して、すかすかすかすかすかす~かのMARIAのスケジュールの差がセールスの差につながったりしたら、やりきれませんが。

SONYかCAMか?どちらの陣営に軍配が上がるのか。

やっぱりビジネスから逃げちゃだめなんですね。


THEY LIVE

関西地方で昨日再放送されてましたけど

昔は人間に宇宙人が実は紛れ込んでいるという発想が面白いぐらいに思っていたのですが。

大人になってからこれは世の中の比喩なのだと分かりました。

我々は一般階層はこんな風にして一部の権力者層に支配されてるんですよ。っていうメッセージです。

この映画に出てくる宇宙人はある物事を知る人間の比喩です。

STAY ASLEEP=ねむったままでいてください

というのは

何も知らずにいてくださいという意味です。

知らないということは生きていく上で特に支障があることではないのですが

知ってしまうとそれ以降なにも見過ごせなくなるというその心理を

映画のストーリーにウマいこと組み込んでいます。


そして、サングラスをかけることでその事実を知り得たとしても一人ではその事実をひっくり返すことは出来ないというお話です。

まさかこのタイミングでこの映画を見るとは・・・。








別窓 | MARIA | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
SF小説 re:zone~missing melodyを探して~ 登場人物の紹介
TOMOKA
非合法シンガー


母親に科学者、父親にミュージシャンを持つ家庭に生まれる

容姿端麗、明朗快活な性格で運動神経に長け、父の影響で幼少から様々な音楽を親しみ、次第に自らが歌うことにも目覚める。

父親譲りなのは音楽の才能のみならず、類い希なる声質も受け継ぎ、高らかに舞い上がるきらびやかで澄んだハイトーンは「天使の歌声」と周囲から称され、シンガーとして将来を嘱望される。



新法制定




地球のエネルギー資源をめぐる戦争や環境汚染の影響は日本にも及び

国内の治安は急激に悪化、一時無政府状態となるも、政府は軍隊による武力行使により国内の混乱を鎮圧する。

事を急ぐ日本は、さらなる治安の正常化のためにと新法を制定。

世紀の悪法とうたわれた新憲法「歌手免許登録制度」=殺歌法にミュージシャン気質の高かった父親は強く反発し音楽活動を休止する。


新法執行の年。音楽と将来に苦悩する父親をよそに、母親は自身の開発に没頭するようになり、家を空けることが多くなる。

家族間のコミュニケーションは次第に希薄になり、父と娘を放って研究に明け暮れる母親にTOMOKAは猜疑心を抱くようになる。

新憲法執行後の約2年後に父親は死亡。死因は事故。

夫を事故で亡くすも自身の研究に明け暮れる母親にTOMOKAは完全に心を閉ざしてしまう。



「パパが死んだのはママのせいよ」




これはサイエンス・フィクションです。

ここに登場する人名や団体名は設定上の仮名です。

ならびに内容はすべて空想ですので

興奮なさらないようにお願いいたします。


別窓 | SF小説 re:zone~missing melodyを探して~ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
SF小説 re:zone~missing melodyを探して~ 登場人物の紹介
真知田 医療科学研究所「ランタイム」 研究総指揮




学生時代はバスケットのクラブ活動などに勤しむ。

小学生の時から背が高く、年齢不詳と呼ばれ、見た目の印象で怖い人とよく間違われる。




ある時、彼は緊急医療の現場に遭遇した。学生の真知田に医療の知識があるわけもなく、ただ傍観するしかなかった。しかし、その時の自分の無力感が彼を医療の道へ向かわせた。

副作用がなくクリーンな医療の研究を進める真知田は偶然イグニッション細胞を発見する。


イグニッション細胞とは感情が高揚したときなどに分泌される、人間が持つ治癒力や運動能力の向上に作用する物質を生成する細胞。

研究と同時に進行していた音楽医療との組み合わせにより、人間の治癒能力だけで病気や怪我を治療する基本理念の基、夢の医療としての期待が高まる中、政府の融資を取り付け医療科学研究所「ランタイム」を設立する。



これはサイエンス・フィクションです。

ここに登場する人名や団体名は設定上の仮名です。

ならびに内容はすべて空想ですので

興奮なさらないようにお願いいたします
別窓 | SF小説 re:zone~missing melodyを探して~ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
SONYの夢芝居

夢芝居/梅沢富美男

作詞作曲:小椋 佳

さんまさんとキムタクさんが踊っているのですが、キムタクさんのほうがやっぱり動きが男前なんですね。

女性を演じるときには動きはあんまりキレないほうが良いんですが、ダンスがウマいせいもあって、顔は綺麗けど女っぽいという印象は受けませんね。

逆にさんまさんのほうが、女性らしい動きをしている点に注目です。


ユニコーン/MAY BE BLUE

今の奥田民生さんしか知らない人はまさかこんな曲をやっていたなんて思わないでしょうね。

ユニコーンの1stアルバムはBOOWYの音楽性の影響をもろに受けているような楽曲が収録されています。

ただ、それが彼らの本意であったかどうかはわかりませんが、その後キーボード交代を機に音楽性が一変します。

徐々にへんてこな(すいません)曲の路線に行き、ユニコーン節を披露していきます。


ユニコーン/大迷惑


大迷惑ついでに

SONYよりこんなお知らせが。。

W購入者施策へご応募いただき重ねて御礼申し上げます。

さて、弊社にてご当選者を選出し賞品をご送付する際に、
スタッフの手違いにより誤ってご当選者を含むご応募者全員のハガキを廃棄してしまっていた事が判明いたしました。


シングルをリリースしたばかりのこんな時期に。。

2枚購入された方は、あきれてるでしょうね。



「ゆらり桜空」も出だしこそ既存のファンの楽曲の支持もあってがっつりいけた気がしてましたが、いろんなところで今までの実績が尾を引いてるようです。

ニューシングルがどこ行っても売り切れみたいな記事を見て、ひとりニンマリしてるわけにもいかなくなりました。

予約分はすべて完売なのですが、今までの実績からか店側がそれ以上に枚数を仕入れないということがどうやら起こっていそうな感じがします。

たしかにMARIAのホムペでリリース後の活動は発表されていませんし、異常なほどの予約枚数を得たとしても露出の少ないミュージシャンのCDを大量に発注するのはリスクが大きいと思われます。

店側も慎重です。

たしかにMARIAの初回限定版とかまだ並んでたりしますしね。

3月の卒業までゆっくりする気なら、強豪ひしめく2月6日にリリースしなくても良かったんでは?

そこいくと今までの実績が予約量とは別で店側の仕入れ量により、枚数が滞るということが分かっていて、なおかつリリース後に、インストアやイベント、ラジオ局まわりに勢をだす長瀬実夕陣営はやはり切れ者ということなのでしょうか。

予約分プラスアルファの仕入れとは考えが及びませんでした。

というか、SONYさんも業界人ならわかってそうなもんですが。。

舞衣子てんの日記

彼女もシングルの反応が気になっているようですし。


なんとかいろんな方に聞いてもらいたいです。








別窓 | MARIA | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
エマージェンシー 

別窓 | MARIA | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
エマージェンシー
これより先はものすごく辛口で実のない文章となっていますので

ご了承のうえご覧ください。
エマージェンシー…の続きを読む
別窓 | MARIA | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
謝罪いたします
新規ファンになりうる人にむけて発信していないのは私も同じだったようです。



ZONEやMARIAに興味がある方を対象に記事を書いていますが

新規にMARIAに興味をもち、来ていただいた方が昨日の記事を読んで

プラスにとることはないと後から認識いたしました。

またはMARIAのBBSに「あれは本当のことなんですか?」と書き込む可能性もありますし。

辛口ではなく中傷の域であったことに反省しております。



偶然このサイトにいらした方に強制的に見せてしまうような形ではないように、断りの文や続きを読むなどの工夫をする必要があったと思います。

応援する対象をまたしても失ってしまうのではという不安感から感情のままに筆を滑べらせてしまいましたが、より熟考すべきであったと反省しております。

そのために理論があるわけですから。

さっそくですが、以前に書いた記事につきましても、そのように思う部分は今回のような処置を施していきたいと思います。



いろいろな方からの励ましやご指導をいただいてなりたっているブログですので

今後もご意見ご感想ご指導のほどよろしくお願いいたします。やさしく オネガイシマス・・・


そして、今日はカウンターがすごいことになってまして初の130越え

はじめのころの2~5HITの頃は誰がくるんやろ~

とか思ってましたが・・プレッシャーですか(笑)

私がたまに裸で竹馬とか書いたりするのは許してください。(笑:)








別窓 | ごあいさつ | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
VIRGIN BEAT
思い入れ優先でなく質を追求するということをMARIAに言ってきた私が取り乱してしまうとは

失礼つかまつりました。

会話とは音楽だけでなく世の中にあるものすべてに当てはめられることなんだな~と痛感いたしました。

バランスを欠いては物事の芯をつき、人に何かを伝えるのは難しいというわけですね。

そんな私ですが。

人の価値観はすべて理解したいと思っています。ほんまかい

人との価値観の違いがすなわち自分の存在価値であるならば

相手の価値観を認めることができるのならば、それは自分も認めてもらえると思うからです。

ただそれがピタリと来るか来ないかの違いはあると思います。


人それぞれの価値観、物事の質、人との関わり合い、物につける値段

これらは相互に矛盾を多く含みながらもバランスを保つ位置が存在したりします。

ですが先日の記事は会話ではなく独り言であったと反省しております。

相手を受け入れるという行為があってこそ人に通る部分があると思うのでそこはよく考えていきたいと思います。

以前エミネムというラッパーが過去のアマチュア時代の作品で黒人女性を蔑視するようなリリックを書いたことで訴訟を起こされてました。

そのときエミネムは謝罪しておりました。

以前つきあっていた黒人女性にふられたことが原因で、感情的で芸術性を欠いたリリックであったとのべていました。

わたしはそのとき驚きました。

エミネムといえばセレブをターゲットに毒づきまくるイメージがあったからです。

マイケル・ジャクソン、エルトン・ジョン、ブリトニー・スピアーズなどなど

彼のリリックでボロンチョにかかれた有名人は数知れず。それらの作品にいたっては謝罪など一切なかったからですが。

彼の価値観ではラップの手法として毒をまじえた芸術的表現が目的であって人の中傷が目的ではない言うことです。

自己の責任において表現あるいは創造した物で、なんらかの摩擦が生じるとしても引っ込めないケースもあるということです。

それゆえに自分の創造するものに品質として信頼をもてるかということになってくると思います。

ゆえに私も中傷が目的ではありませんし、罪を憎んで人を憎まずという精神は持っています。ホンマカイナ



今回のことを踏まえまして、現在このブログは何かしら興味をもってご観覧いただけている方々と当ブログの関係はとてもよい物だと思われます。

イエスマンばかりではなく言うべき時に言っていただき、おしかりいただけることで

初心に返ることが出来ました。

私がアーティストと会社に望む関係はこういう形です。

ミュージシャンには作品の根幹を変えることなく伝える方法を知っていただきたい。

とかなんとかいっちゃたりして~。


MAIKOの素WMPで聴視可能


ちなみにdear re:zoneていう造語はリアディゾンさんにひっかけているということは分かっていただけているでしょうか:ダジャレやけど


彼女たちに「おかえりなさい」=「dear re:zone」て言ってあげたいだけのブログです。

みなさんヨロピク。

















別窓 | ごあいさつ | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
優先順位
先日、自転車を修理しにいったときに思ったことを少し書いてみます。

私が乗っていたのはホームセンターとかでよく売っている安い自転車だったのですが

どうにもこうにも、ペダルが重い。

ブレーキワイヤーも壊れていたので後輪のドラムブレーキが戻らなくなっているのだと思い

修理をしてもらいに町の自転車屋にいきました。

そこは結構規模が大きくて外国ブランド車なんかも取り扱っているお店でした。

お店に着いて店員に故障の話を説明して自転車を見せると第一声がこれでした。

「こういう自転車を買うのがいけないんですよ」

彼が言うには中国から輸入された安かろう悪かろうみたいなもんは自転車ではないということでした。

たしかにそのお店で扱っている物は少し値の張るものや、作りのしっかりした出所のわかっている自転車として確かな品質の物であることは間違いないようですが。

「うちではそういう自転車を乗ることはおすすめできませんし、修理も出来ません」

と言われました。

若干どころかブチッと切れましたが

そこは大人(ホンマカイナ先日の件もありますし(笑))

黙ってかえりましたが

店の前にうんこ置いといたろ~と思います。

そんなこんなありまして

近所のちいさな個人経営の自転車屋にもっていくと

私が説明した自転車の不具合点を聞くと

「たぶんこれやな~」

といって作業をはじめて5分ぐらい直してくれました。

その手際の良さにもびっくりしましたが

その後の自転車の乗り心地といったら「もう最高」

自分は今までどんな自転車に乗ってたんだというぐらいにギュンギュン進みます。

「これが職人芸か」と感動してしまいました。

「結構ガタがきてるからいつまで持つかわからんけど大事にのりや」と言ってくれました。

その方も自転車を専門に取り扱う方ですから、私が持って行った自転車がどの程度の代物かぐらいは見当がついたはずですが。


こんなときに私が思うのはいったいどっちが大事なのかということです。

音楽にしても料理にしても

プロであるからこそわかる部分があると思うのですが

コストパフォーマンスを優先させるか

品質を優先させるのか

ゆえに商品とはグレードがいくつも分かれているわけですが。

自分が売る側ならこだわりたい部分や譲れない部分が出てくると思います。

そこに購入する側の気持ちを押しのけて品質をすすめることはプロなのか。

今回のケースは品質を優先させた店員の言い方が邪険ではありましたが

そうではなくて親切丁寧な感じで良い品質の物をすすめるのが良いのか。

ある程度のものをすすめるならコストパフォーマンス優先でいいわけですから

購入者が希望する気持ちを優先させるほうが良いのか。

あちらを立たせばこちらが立たず

よくよく考えると大型店に行くまでは自分の自転車が粗悪なものだとは知りませんでしたし(自転車は乗れたらええわぐらいでした)単純に時間短縮のための徒歩より自転車という感覚でしかなかったので。

そういう意味では自分の持ち物についての知識を一つ与えてくれたという点では

大型店の行為は親切であるようにも思います。(言い方の問題:笑)



ですが

この自転車がつぶれたら個人店のほうで自転車を買おうと思います。


Carpenters /I Need To Be In Love


別窓 | ZONE MARIAに聞かせたい 音楽よもやま話 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ZONE/MARIAに聞かせたい 音楽よもやま話

宇多田ヒカル/parody

以前、あゆかさんがMARIAが上手と下手に分かれて3ピース対決するのも面白いかもと言っていました。

ZONEの時もそうでしたが、MARIAが今後追求していかなければならないのは音ですね。

MARIAサウンドってやつです。

作曲や作詞における誰々節みたいなものは「ゆらり桜空」でのあゆか節、マイナーな曲調でのTATTSU節は確認できましたので、次のステップとしてサウンド面でのオリジナリティーみたいなものを確立していかねばならないと思います。

『YOU GO!~ We are Maria~』では曲のバリエーションは豊富ではありましたが、その中にMARIAとしてサウンドの芯の部分がまだまだ模索段階であったというのは、竹内さんとMARIAのインタビューで舞衣子さんが言ってました。

しかしながら、「これはMARIAを捉えたっぽいかな」というアレンジは私の中で一つありました。

私がそう思った曲はシングルのB面に収録されていました。

小さな詩のB面に収録されている「空来~ソラ~」 です。

このシングルのアレンジだけはイワイエイキチさんが手がけております。

イワイエイキチさんはGO!GO!7188の中島優美さんの新プロジェクト「チリヌルヲワカ」というバンドのベーシストをされています。

この曲はなんだかバシッと来てる感じがします。

出だしのベースのへんてこなリフがMARIAっぽい(笑)

きらり夏のベースラインが50代の人が演奏しているみたいというのは、以前コメントしたとは思うのですが、この曲は年齢に相応しいという感じがします。

もろにブルースとかジャズっぽいのは、彼女たちの持つ雰囲気とは逆に違和感があります。

アレンジャーの方に気をつけていただきたいことは、単に伝統的なアレンジではなく彼女たちの存在というフィルターを通していただきたいということです。

上の宇多田さんのような楽曲をやるにしてもそこに若さみたいなものが感じれるアレンジが必要だと思います。

イントロのベースリフなんですがこれは感覚が若い人の発想なんです。誰にも似たくないみたいなそういう青いロック的な感じがします。

音が若いっていうのでしょうか。

そういう意味ではMARIAを的確に捉えていると私は思っています。


Dennis Chambers &14 yr.old Tony Royster

2000年の宇多田ヒカルさんのボヘミアンサマーツアーに参加した、天才少年ドラマー、トニー・ロイスター・Jrとデニス・チェンバースのドラムバトル

これは年齢とか超越しちゃってますけど(笑)

2:30秒辺りからはまるでガンダムのファンネルでビーム乱れ撃ち。





そこいくと長瀬実夕さんと宮永治郎さんとのタッグは結構良いと思ってたりします。

あっさりしていてアクっぽいものは少ない(個性的というものは後から模索するとして)

ですが、長瀬実夕さんの洗練されたイメージやクールな声質にはマッチしているのではと思います。

宮永治郎さんはZONE時代はJETの編曲ぐらいでしたが、最近はよく長瀬さんとお仕事されています。




別窓 | ZONE MARIAに聞かせたい 音楽よもやま話 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
SF小説 re:zone~missing melodyを探して~ 語録
浸食と第三世界

医療科学研究所ランタイムはIMAGINATION FROM THE OTHER SIDE(もう一方からの想像力) 略称=IFTO「アイ・エフ・ティー・オー」を開発した。「第三世界」とはIFTOを用いて、他人の脳に直接働きかけ、視覚聴覚だけでなく、匂い、触感、すべてを体験させるバーチャルワールドの名称。

別窓 | SF小説 re:zone~missing melodyを探して~ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ZONE/MARIAに聞かせたい 音楽よもやま話

Dennis Chambers

デニス・チェンバースは舞衣子さんが好きなMR.BIGのビリー・シーンとナイアシンというバンドもやってました。

叩き方が独特で打面に吸い込まれるようなスティックさばきとでもいいましょうか。

彼が応用しているモーラー奏法とは脱力を意識し反動を利用した叩き方でとてもナチュラルな音色で、その手数の凄さほど音はロックぽくはないように感じます。


Jeff Porcaro

こちらの演奏はジェフ・ポーカロという現在は他界されてしまっていますがTOTOのドラムだった人で、私の知人の中にはこの人が叩いているCD(小田和正さんとかのレコーディングに参加)を全てコレクションするマニアがいまして。(ちなみにその知人はドラム経験者ではありません)

TOTOは私が好きなバンドの一つで、それほどロックぽくないなと、アレンジの巧みさやコードの響きなんかで決めちゃってたのですが、デニス・チェンバースのドラムを聞いた後に、このジェフ・ポーカロのドラムを聞くといやいや実にロックしてます。音のエッジがたってます。

16ビート=あまりロックぽくない

みたいイメージも昔はありました。ハードロックばかり聞いてたいうのもありましたし。

ですのでハーフタイムシャッフルや16ビートなどのリズムがとてもお洒落でジャジーな印象でロックじゃね~とか思ってました。

しかし、表層的な部分がまんまロックじゃないだけで根本の部分はロックなんだな~と気づかされました。


TOTO/ROSANNA

ハードロックばかり聴いてる人がこれを聴いても物足りなく感じるのは音圧とかそういう部分もロックの要素だからだと思います。

極端な話こんな音楽ばっかり聴いてたら上のTOTOは物足りないはずです。(笑)

DREAM EVIL/The Book Of Heavy Metal

ドラムの方の叩き方がむちゃくちゃかっこいいでしょ。

スノーウィー・ショウてお名前で、見た感じ大きな体の人に見えるんですけど結構小柄な人でMARIAのTATTSUさんみたいな感じです。

0:50秒辺りの体ごとシンバルを叩くところはまさにロック。立ちながらドラム叩いてるし。

デニス・チェンバースのドラムと比べれば無駄な動きいっぱいですけど、「ロックとはそこがいい」と言ってしまえます。



自分が求める音と違うものが出てきた時に理解するまでに時間がかかるものも存在すると思います。

個人の音楽的嗜好が本質を捉えきれないということです。



TOTOはめちゃくちゃ好きですよ。(笑)

TOTOはれいなさんが好きなボズ・スキャッグスのレコーディングバックバンドを経てメジャーデビュー

ボズ・スキャッグス 画像  ←Amazonへlink
といえば高田純次さんのイメージしかない


逆に高田純次と書いてボズスキャッグスと読むのかなぐらいに思ってました。



別窓 | ZONE MARIAに聞かせたい 音楽よもやま話 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
大爆発NO.1 の考察 ~人が人を想う気持ち~

ZONE/大爆発NO.1

大爆発NO.1←の歌詞へLINK

いつ聴いても昔の歌みたいなノスタルジックな気持ちになる雰囲気の曲です。

ZONEの曲の歌詞全般に言えることなんですけど

普通は聴き手に向けられるメッセージであったり

空想の物語であったりするんですけど

歌っている彼女達がそういう年代だったというのもあるのかもしれませんが

歌詞に出てくる主人公やシチュエーションが彼女たちに置き換わるものが多いです。

これもそんな作品の一つです。

作詞作曲の和田勝彦:克比古さん(同一人物)はランタイムのギターの講師をされていた?現在もされているとはおもいますが詳細は不明です。スイマセン

インディーズからメジャーデビューまでの苦労を共にしたスタッフの方にこんな曲を書いてもらえばいろんな人に聴いてもらいたいと思う気持ちも当然のことだと思います。

この曲はコード進行が気持ちよくてですねギタリストが弾けば気持ちいいな~と感じると思います。

Aメロのコード進行

E→EMaj7→E7→C#7

F#m→F#mMaj7→Fm7→B

クリシェ(同じコードの中で構成音が半音づつ展開する)

ドシラソ進行(ベース音がスケールにそって下降進行)

厳密に言うと分かれるようなので分けましたが私はどっちもクリシェといって使ってます。怒られるけど。。似たようなもンです。

どちらも収まりがよく癒し的でキャッチーなコード進行になります。

BOOWYのONLY YOUとかもこんな感じですね。





作曲した人はもうすでに大人ですから

業界がどんなで働くことがどんなで人との関わり合いがどんなで

ということがわかっているとして

経験していないが故に理解できない組織の構造や物事の順番

この先待ち受けているであろう困難や苦労そんなものに負けずにがんばってほしい!

いろんな人にその歌を聴いてもらって受け入れられて欲しいっていう気持ちを歌でプレゼントできるなんてカッコイイです。

そういう気持ちを読み取ったかどうかはわかりませんが

MIZUHOさんは「この歌は自分たちのことについて書かれている歌だ!」と言ってました。

自分たちの将来を案じてくれるひとの歌を逆にいろんな人に聴いて欲しいと

数あるシングル候補の曲はさておいて、レコード会社に進言する彼女たちの気持ちがあったかいな~と思ってしまいます。


だからというわけではございませんが

もうちょっとがんばっていただきたいんです。レコード会社さん。

共存共栄の仲なわけですから

がっちりスクラム組みましょう。

お互いを思いやる気持ちがあれば夢はでっかくふくらんで大爆発させることができるはずです。

この曲の歌詞を聴いてください

Aメロの歌詞からして最高です。

出会えて良かったのが

ファンとZONE

ZONEと和田さん

ZONEのメンバー同士か

いずれにせよ

出会いがあればこそ

その先になにか可能性があり個人個人が持つ夢が膨らむわけで。

出会ったことで一人ではなくなり

お互いの存在に支えられあって大きな壁も乗り越えていける

そんな想いが込められているように思います。








別窓 | ZONE | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
ZONE/MARIAに聞かせたい 音楽よもやま話

未知との遭遇

スティーブン・スピルバーグ監督の初期の作品です。

昔わたしが見た番組はTVのスタジオで将来は映像関係の仕事に進みたい学生さんを交えて監督にインタビューをするという形式の内容だったように思います。

この映画のラストシーンは宇宙人との交信に音楽と光が使われます。

スピルバーグが幼い時期に両親は離婚してしまいます。

番組中MCの方が

このラストのシーンはもしかしたらご両親に置き換わるんではないですか的なことを

監督の生い立ちをからめて質問します。

父=コンピュータの科学者
母=ピアニスト

会場全体が「お~」と唸ります

監督も自分では気がつかなかったがそうかもしれないね。とつぶやきます。

作った本人も意識してはいなかったみたいな感じでした。

幼少期に両親の離婚を体験した監督が大人になり自立し、自身が創作する映画の中で

離ればなれになった両親の職業が

人と人(宇宙人)の心をつなぐ重要なシチュエーションに出てきているということ

監督の心の中ではずっと一緒にいて欲しかったという願望かもしれません。

ちょっと鳥肌が立ちました。

それは音楽的なことも含め、私たちは作られた作品の何パーセントも理解は出来ないかもしれません。しかし、理解するための努力を惜しまずするべきだと。

それが作者への敬意の示し方じゃないかと。

この番組を見て初めて「受け取る側もそこまでやってもいいんだ、やるべきだ!」

わたしはアーティストが作った作品に対してはそういう気持ちで接するようになりました。

ゆえにそこに迷いがあるのか一本筋が通っているのかみたいなものも感じるようになりました。(主観ですけど:笑)



別窓 | ZONE MARIAに聞かせたい 音楽よもやま話 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
SF小説 re:zone~missing melodyを探して~ 登場人物の紹介
TAKAYO

エントリーネーム「LADY IN THE WATER」=年下のメンバーからは雨女と揶揄される


医療科学研究所ランタイムIFTO開発メンバー「ZONE」の一員。

TAKAYOはある特殊な能力を買われランタイムに配属される。

彼女の持つ能力とは?

彼女が発する声にはイグニッション細胞を活性化させる信号が含まれており、それは聴覚からニューロンを介して中枢神経系、下垂体へ伝えられる。

多くのホルモンを分泌する内分泌器官「下垂体」内にあるイグニッション細胞がTAKAYOの声に含まれる信号を受け取り、治癒を促進させる成長ホルモンを分泌する。

通常、末梢神経は再生するが中枢神経は再生能力を持たず、外部から損傷を受けた場合重度の傷害が発生する。

この成長ホルモンはこれら中枢神経の再生も促す。中枢神経の損傷部に到着すると再生が秩序正しく行われるための体内の濃度勾配原因物質(極性タンパク質)を生成し、元の状態に復元される。

下垂体には非常に発達した血管が存在し、分泌された成長ホルモンが効率よく血流に乗って全身に運ばれるようになっている。

この薬剤投与を全く用いない新世代治療のイグナイターとして選ばれたのがTAKAYOである。




これはサイエンス・フィクションです。

ここに登場する人名や団体名は設定上の仮名です。

ならびに内容はすべて空想ですので

興奮なさらないようにお願いいたします。

別窓 | SF小説 re:zone~missing melodyを探して~ | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
SF小説 re:zone~missing melodyを探して~ 登場人物の紹介
MIYU


エントリーネーム「SNOWY ROSE:雪のように白い薔薇」→「BLOODY ROSE?」



TAKAYOと同様に医療科学研究所ランタイムでイグナイターとして研究開発に携わる。

沈着冷静で物怖じしない性格。

メンバーの中で最年少だが自己管理がしっかりしており、年上のメンバーのお守りをすることもしばしば。

歌への執着心が他のメンバーよりも強い。

MIYUの声にはイグニッション細胞を活性させる信号とそれを制御する信号が含まれており、TAKAYOの信号は下垂体へMIYUの信号は下垂体と視床下部へそれぞれ働きかける。

交感神経・副交感神経機能及び内分泌機能を全体として総合的に調節している視床下部には、体温調節中枢、下垂体ホルモンの調節中枢などがあり、MIYUの声はそれらの中枢神経系に働きかける。

彼女の声は本能行動の中枢、及び怒りや不安などの情動行動を抑制する分泌物質の生成を促す信号を含んでいるので、下垂体ホルモンと感情の抑制に貢献している。

常に平常心で一見クールだが・・・



これはサイエンス・フィクションです。

ここに登場する人名や団体名は設定上の仮名です。

ならびに内容はすべて空想ですので

興奮なさらないようにお願いいたします。



別窓 | SF小説 re:zone~missing melodyを探して~ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
SF小説 re:zone~missing melodyを探して~ 登場人物の紹介
ZAQ


Zero Anti Quality 略称 メンバー「悠」「南」「美紗子」


光子は質量や電荷が0であり、安定な素粒子で。光子の反粒子は光子自身となる。


世界一と言われた天才プログラマー南が考案した六四弦光子プログラミングと生体コンピューターによる超演算処理によりIFTOのリアルタイム処理が可能になった。

超弦理論においては全ての素粒子は有限な大きさを持つひも(弦)の振動状態であるとされる。

ZAQの名前の由来は六四弦光子プログラミングから。


これはサイエンス・フィクションです。

ここに登場する人名や団体名は設定上の仮名です。

ならびに内容はすべて空想ですので

興奮なさらないようにお願いいたします。

別窓 | SF小説 re:zone~missing melodyを探して~ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
札幌に住むのはむずかしいゾーン


朝から雪降ってました。

関西はそんなことメッタにないので寒かった~。

季節の中で一番好きなのが「夏」な私。

特別に嫌いな季節があるわけではないですが、寒いと動きたくなくなりますので、あったかいにこしたことはない。

暑くても死なんけど、寒いと死ぬ恐れアリでしょ(笑)


最近、小説を書き始めまして

なんやいうてもガンダム世代なんで

ロボットとか出てくる感じの予定もあったんですけど、なくなりましたね。(笑)

書き始めて気づいたんですけど

適当に書いても意外につじつまが合うような気がしてまして(こりゃこりゃ)


IFTOとかは科学的な根拠はまったくないのであしからず

メモ書きっぽく記事に残しながら(あんまり詳しく書くと訂正がやっかいとか・・)

最後にまとめて書き直す感じにしようとか(夏休みの宿題のように)

後から調べていくと「なるほど~」とかいうようなことを発見できたり

「超弦理論」なんかはそうですけど。

音楽とSFという感じにはしたかったので

これを見たときに音楽と関係があるのかな?と思ったら。ぜんぜん関係なかったり。

響きがいいのでそれについて調べつつ、こじつける感じにすると意外にストーリーになってたりですね。

ほぼというか

全部行き当たりばったりばったりです


個人の性格とか本当にはわかりませんけど

主観で彼女たちから受けた感じが良い感じで個性的な能力に置き換えれたりというのは

偶然の産物にせよなかなか気に入ってたりします。


それからですね

やっぱりマクロスね。

音楽で戦争を止める。かっこいい。この辺りのコンセプトはやっぱり影響されてます。

せっかくZONEが主人公ですからね。


マクロス/愛・覚えていますか?







別窓 | ZONE | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
がんばれ舞衣子てん
舞衣子さんが日記を毎日続けてらっしゃいます。

長瀬実夕さんの影響とかシングルのこととかもあるでしょう。

シングルの滑り出しこそズルズルしたもんでしたが

献身的なサポーターの後押しもあってか

有線リクエスト7位まで浮上です。

有線のリクエストは有線加入者だけなんですよね。

予算なしでも出来ることはあるじゃないですか。

このご時世に有線とは盲点でした。

ラジオのリクエストも効果はあるけど

ランキング7位っていうのは目に見えるバリューですよ。

こういうのは周囲にアピールできますから

1位までいけますよ。

そう考えるとスタッフの頑張りかと思ったり。(ありがとうスタッフさん&ファンのみなさま)

この前トンカツ屋で食事してたら「ゆらり桜空」のMIDI音源が流れてました。

聞き流すところでしたけど

「なんか聴いたことあるな~」とおもったらMARIAだよ。(笑)

なんでMIDIなんかはわかりませんが。

わざわざMIDIに変換するということは需要があるんでしょう。








本当に心配でしたよ。

順位を気にするなって言う方がおかしいわけで。

気にしますよね。会心のシングルですから。

ゆえにその結果が自分のせいじゃないだろうかと舞衣子さんがひとり考え込みやしないだろうかと思ってました。

有線にランクインしたのは彼女の心の負担を少し取り去ってくれたと思います。

日記も毎日書きますって宣言されてます。

良い感じでメンバーにもやる気が伝わっていってるようで何よりです。


ウイングマン/異次元ストーリー

このAメロの歌詞覚えてるわ~

メロと歌詞がバシって来てるんですね。

今の若い人はデスノートなんでしょうけど

私の若い頃はドリームノートですよ。

なんか怖い世の中やわ。

桂正和さんはむかしこの手のヒーローもんばっかりやったのに。

まぁでも本物よりもいやらしいおしりを描くのはこの人ぐらいですよ(笑)


聖闘士星矢

MARIAのつぼみってこのイメージなのはわたしだけかな?




別窓 | MARIA | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
対消滅と位相反転

ふしぎの海のナディア

元々は宮崎駿監督がNHKに持ち込んだ原案だったようですが、不採用となったので監督は「天空の城ラピュタ」を制作。

その後監督の作品が認知されはじめたのでNHKはこのアイデアでアニメを制作

それが「ふしぎの海のナディア」だそうです。

ストーリーの本筋とかはほとんど同じなんですけど

ふしぎの海のナディアは新世紀エヴァンゲリオンの庵野監督が制作されているのでまた違った味わいで面白いです。

ていうてますけど去年初めて見ました。(笑)

庵野監督も宮崎さんのラピュタと同じ原作なんでやりにくかったとこぼしていたそうです。

監督は謙遜されてますがそんなプレッシャーがあっても凄い作品になってます。

ナディアの劇中に出てくる宇宙船ノーチラス号のエンジンが「対消滅エンジン」というもので

物質と反物質が衝突すると対消滅を起こし、純粋なエネルギーが放出されて、それらの質量に相当するエネルギーがそこに残るというもの。そこにはエネルギー損失は一切なく、放射能や汚染物質は一切無縁という優れもの。

「エネルギー効率100%」

ところが自然界に反物質というものは人工的に作り出す以外にはほとんど存在しないようで。。

ちなみに光子は質量や電荷が0で光子の反物質は光子であるとされている。


音楽にも似たようなものがあり

たとえばZONEのCDシングルを買ってきて

唄入りとカラオケを用意する。

同時に再生するときに片方の位相を反転させれば互いに打ち消しあって無音となり

ボーカルトラックだけ抜き出せるという。

やったことないので実際にそんなにウマいこといくのか試してみようと思いますが。

ボーカルだけ抜き出せれば自分なりのアレンジでミュージシャンが歌うなんていうことも出来ちゃいます。

こりゃ楽しそう。




別窓 | ZONE MARIAに聞かせたい 音楽よもやま話 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
なんとしたこっちゃ
コメントの禁止ワードにはてなマークを入れてました。

その間何をどうやってもコメントできなかった方申し訳ございませんでした。

?????て入れてくる業者のカキコ対策に禁止ワードにいれてみたら

こちらのブログによくお越しいただくアッちょんさんもはてなマークを使ってたらしく(笑)

カキコできませんといわれまして、あわてて外しました。

カキコ出来なかった方スイマセンでした。


別窓 | ごあいさつ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| dear re:zone(C) | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。