MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
初!名古屋上陸
20090722120034
これが名古屋かー(笑)

名古屋めしをいただきましょうか
スポンサーサイト
別窓 | ごあいさつ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
ひつまぶしを食す
高速バスの時間設定をカツカツの強行スケジュールにしてしまったのを悔やまれる・・笑

夕方5時に名古屋入りして

翌日13時に名古屋を出るようにしてしまったので

いろいろ回れずじまいで

とりあえずなんか食わねばと

風来坊の手羽先

エスカ内の備長ひつまぶしをいただく。もっとゆったり時間とればよかった~。

GO☆SSIPさ~ん

お久しぶりです

世界の山ちゃんとあつた蓬莱軒のほがよかったんですね。笑

私はうなぎがそんなに美味しいと思ってないほうだったんですが

「あらっ美味!皮サクサクのフワァッファやん」今までのうなぎは何だったんだ・・・

グルメのGO☆SSIPさんお勧めのあつた蓬莱軒は一押しなんですね

今池で宿泊したんですが

futashizukuさんもお勧めしてくれた味仙が近くにあったのにリサーチ不足でわからなかった~

名古屋って東京に比べたら近いので

ちょくちょくライブとか見に行くようになりそうなのでお勧めのお店から回らせていただきます。(笑:ハードルあげすぎ)いや大丈夫。笑


ファミリーコンプレックス/CRAZY DOLL

名古屋で見かけたガールズロックバンド

このバンドいい~。

男みたいな音出すんですよ~。

ファミリーコンプレックス音源視聴

これはライブを直に見ていただきたいバンド

インディーズってこういうバンドごろごろいるんですね・・・怖いわ~笑


別窓 | ごあいさつ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
名古屋と大阪
20090723012044
ビルヂングて(笑)

名古屋は大阪っぽい町並みのように思えたんですが

マナーは東京よりという素晴らしい県民性。笑

大阪にくらべて交通マナーがよかったように思います。

大阪が酷いだけなのかもしれませんが・・笑

歩行者がいても隙があれば突っ込んでくるのが大阪ですが

交差点とか余裕を持って車とまってますもんね(当たり前ですか・・オオサカハチガウンデスヨ)

ひつまぶしが美味かったので(三千円もしたので当たり前か)

牛丼の吉野家のうな丼550円ってありえるの?と気になって食べに行きました。

あ~これこれ 無いわ~(笑)

こういうのしか食べたことが無いからうなぎを美味しいと思ってなかったんだと思いました。

そしてひとつ気づいたことがあって

うなぎって小さいほうが美味しいんじゃないか?ってことです。

ひつまぶしのうなぎって小さかった。でも美味かった

吉野家のはでかいけどあのウナギ臭い脂の匂いと骨が気になりました。

だから山椒いれて臭みを飛ばしてるんですね。

アジとか鰯とかも小さいほうが骨とか気にならずに食べれますよねー

うなぎも多分そうなんじゃないかなー。


別窓 | ごあいさつ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ZONEがZONEたりえたのは

ZONE/GOOD DAYS

これしかない。

わたしがこの曲が好きとかということではなく(まあ好きだけど)

誤解を恐れずに言えば

ZONEという個性で人に感動を与えることができたのはこの一曲だけです。

「何だとこのヤローほかにもええ曲あるやろー」

との声も聞こえてきそうですが

曲の良し悪しを言っているのではなく

ZONEにしか出来ない事は何かということです。

ところが本人達ととそれをサポートする人は

はっきりとZONEの持つ個性についての理解が無かった。これがセールスを大きく下げた原因です。


最近、SCANDALを取り上げてZONEと比較した記事を書いていますが

この曲を聴いて現在のSCANDALとの共通点をあげてみます。



なぜSCANDALが受け入れられるのか?

予想ですがSCANDALの首脳陣が

ZONEをトレースしていることは想像に容易いですが

それはきっちりと分析できているからこそ

今現在MARIAよりも受け入れられているといわざるを得ません。


そのひとつの理由として曲のアレンジがバンド然としたサウンドであること。

ZONEの中でこの曲だけはギターリフが主体でシンセ控えめなんですね。

それでいてダンスの振りもあって

これらを同時にやるというのが人々の感動につながっていたのに

この曲以後はダンスだけ、演奏だけのどちらかになってしまいます。

思い返せば私がGOOD DAYS以後ZONEを追わなかったのはそれもあってかと思います


彼女達が演奏するということが前提ではなく

トラックに合わせてパフォーマンスをするということが主」だったので

基本8ビートのこの曲もよく聴けばギターのバッキングが16で入っていたりして

音だけは男っぽいロックバンドのテイストがあって

それも感動足りえる質の高さにつながっていたと思います。


ですがこの曲以後は彼女達が弾けそうなぐらいまでアレンジの難易度落とす必要があった。

futashizukuさんもおっしゃっていましたが

「バンドル」から「バンド」へのシフトチェンジが曖昧だったことが歯車の狂いに繋がった


本格的なバンド路線に変更するにしても技術を習得する時間が足りなさ過ぎた

しかし、シクベよりドラマチックでいい作品が毎度できないにしても

シクベの成功はバンド路線が良かったのだと本人達は思っているわけですから

路線はバンドスタイルに移行せざるをえない

しかし、テレビに出て聞かせるほど弾ける腕前はないので

当然アレンジはシンプルになります。

シンプルなアレンジが冴える楽曲とそうでない曲がありますが

町田さんのように小室系打ち込みサウンドに憧れて作った曲調は

ガレージバンドのようなシンプルなギターサウンドにアレンジしにくい


ここで歯車のかみ合わなさがたくさん出てきます。


彼女達が北のSPEEDといわれなかった楽器パフォーマンス

それを封印。

楽曲に見合ったアレンジができず

彼女達のスキルにあわせたこと

シクベ以後バンド路線にシフトしつつも

キーボードがいないのにイントロにピアノとかストリングスとか入ってるのもマイナスなんですね。





シンプルにした分ポップスとしての軽快な感じもでない

かといってシンセがイントロで使われているようなアレンジでは

バンドとしての骨太感も薄れます。

でも曲は良いと感じます。キャッチーですから

ZONEが好きな人なら

そうでない人でもそうは思うでしょうけど

しかし、興味の無い人が感動足りえるものではなかった

可もなく不可もなく2回食べたいと思わない飲食店みたいなかんじでしょうか。(ヒドイカナ・・

)なにがいけなかったかなんてのはその時には分からないぐらいの

食い違いかもしれませんが

セールスには確実に現れていました。

町田さんが

ZONEイコール町田ではないとおっしゃっていた理由のひとつにアレンジの変更もはいっているかもなんて思ったりします。




別窓 | ZONE | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
プロデューサーのすべきこと

二宮和也

人の才能を見抜いて

その人の先に人生を作る選択ができるかどうか。

それがプロデューサーの仕事のひとつ。

ジャニーさん天才・・というか天然?!





ミュージシャンもスーパーマンじゃないので

ノッてる時と

才能が開花してない時とあるはずで

自分自身でその道を切り開くことができる力があるなら

その選択を本人たちに任せるのは当然なのですが


右も左も分からない時期に

業界でそれを強いるのはいかがなものかと。

親が自分の人生は自分で決めろというのとはわけがちがうので

プロデューサーというのは責任の発生する仕事です

それを本人たちの意見を摩擦無く通すだけの仕事なら

道端のおっさんでもいいわけです。

それができなかったから・・・

いまもできてないと思いますが

しかし、ここ最近ちょっと変わった気がします。

それは最近のイベントの傾向と

ニューシングルのアレンジにでていると思います。


別窓 | ごあいさつ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ONE PIECE
ONE PIECE って 面白いがな・・

今頃・・ってかんじかもしれませんが

私って結構リアリストっぽく思われがちですが

自分ではドリーマーだと思ってるんです。。

自分の大切な夢を足蹴にされないためにもそういう考えは大事だと思っているだけで

基本、理想は高く夢見がちです。

志の高い人は好きですし

それを応援したくなるという性分であります


なので熱いアニメに超感動して泣いてしまいます。笑(エエオッサンガ)

最近のアニメの主題歌は歌手が主題歌を歌うようになっていますね。

一昔まえの主人公の名前とかが入ったテーマソング的なものではなくて

アーティストの宣伝に使われているような気がします。

なかにはテーマにそって無理から作ったような歌詞もあったり

MARIAがアニメの主題歌を担当したからいっているのではないのですけど。

わたしは「カナシミレンサ」はアレンジはMARIAの作品中、最高の出来栄えと思っているのですが・・

この辺りの評価はまた後ほど。


Share the World./東方神起

曲は別に良いとおもうんですが

私は一昔前の世代の人間なので

アニメの主題歌ってここまでポップスでないとダメですか?!

みたいにおもってしまうんですけど(笑)


機動戦士ZガンダムOP2

このぐらいで収めてほしいな~とおもってしまう私は古いのでしょうか。

あそこまでいくと相乗効果になってないような・・・。

そういう意味ではMARIAの新曲なかなか良いと思います。

(何をえらそうに)

その辺りも・・





別窓 | MARIA ZONEの曲レビュー | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ONE PIECE 2
芸術における武器。

という発言が正しいのかは分かりませんが

パーソナリティーの確立

これはだれしもが思うところだと思います。

PerfumeはBEE-HIVEという芸能事務所アミューズ所属の女性新人タレント育成プロジェクト

の中では一番遅咲きで

その原因として売りが無かったというが最大の理由だと思いますが

結果、先にブレイクしていったグループが解散していく中

唯一現役を続行中であります。

たしかに他のグループはルックスの点で売り出しやすかったというのがひとつ

Perfumeは確かにハッとするほどルックスのよいグループではありません(良い意味で・・)

そういう意味ではZONEと同じなのだと思います。

ルックス目当てで売れたのではないということでね。(勿論ルックスも良いんですよ:ドナイヤネン)


BEE-HIVE

この影像をみれば当時のPerfumeの知名度が一目瞭然だと思います。

歌のパート割とか立ち位置とか

メインじゃないですよね。

MIZUHOさんが好きな一列目センターではありませんよね。(笑)

ではなぜ落ちこぼれ的なPerfumeが

先にメジャーデビューしたグループよりも

ブレイクしたのか。

その辺りをZONEのセールスの話と交えて記事にしていきましょう。






別窓 | MARIA ZONEの曲レビュー | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ビールのシェア
先日、初上陸を果たした名古屋の飲食店のビールはサッポロが多いような気がしたのですが

気のせいでしょうか

関西はアサヒビール

キリン

焼き鳥屋はサントリーのモルツの順番でしょうか

中でもサッポロの重厚な味わいのビールはアルコールを飲んでる感があります

で・・・

手羽先の話しになるのですが(笑)

名古屋初上陸以来から手羽先を食べ歩く感じになっているのですが

大阪と名古屋はレシピが違うようです。

名古屋は焼いている

大阪は揚げている

手羽先は名古屋が本場だ

ということは重々承知しておりますが

愛知県民の皆様

大阪上陸の際は

一度、大阪手羽先もご賞味下さい

まいうーです(笑)

別窓 | ごあいさつ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
人のふり見て我がふり直せ
名古屋上陸の際に思ったことは
大阪て他県に比べてマナー悪いなーてことですね(笑)

いやぁ酷い

お恥ずかしい

一番びっくりしたのが名古屋の車のマナーの良いこと(笑)

交差点で歩行者がいたら

絶対につっこまない(アタリマエカ)

大阪は歩行者の合間を見つけて突っ込んできます(笑)


電車のドアの前に立ってるのも
大阪ぐらいじゃないですか

なんせ乗客が降りる前に乗ろうとする(笑)

勿論全員ではないのですが率が高い。

我先にという人間の卑しいところが県民性としてまかり通っているというお粗末な話・・・(笑)



末端の人間に企業体質の改善を声を荒げて説いたってしゃぁないがな(笑)でもこれが大阪(ドコニデモオルカ)

別窓 | ごあいさつ | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
簡単にはいかない・・


これはアニメだけに限ったことではありませんが

製造業とかも同じです

余計な手間増やされて

単価も落とされて

当然収入は激減

ならば給料を上げてあげれば・・

とは簡単にはいかないわけで


アニメという商品の売り上げは上がっているわけですから

上は儲かっているのではないでしょうか

ただそれを

下に回すために

人件費をわざわざ増やすことをしなくてはならない

これが企業としてスッと通るかというと・・そうはいかないでしょうね。

ギリギリまで手をつけない

それが普通

技術職って以外にこんな劣悪な環境だったりするんですよね。
別窓 | MARIA ZONEの曲レビュー | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
大阪~名古屋~東京となぜ言うのか?
>futashizukuさん

名古屋・・というか愛知(笑)県ですね

あれで交通マナーが悪いのなら

大阪は非常に住みにくいことこの上ないと思われます(笑)



あっそれから

名古屋って何県?て

多分昔はとっさには出なかったと思います(失礼:笑)


逆に名古屋県でも問題無いのでは・・・・(コラコラ)








愛知にお住まいの方以外

私を含めて愛知県の面積は名古屋が8割を占めている

と思っているのではないでしょうか(ウソウソ)
別窓 | ごあいさつ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
SUMMER WARS

SUMMER WARS

EVAと並んで今年お勧めの映画。

結構よかった~

その昔、宮崎アニメが全盛だったころの勢いがありますね。


風の谷のナウシカ

ナウシカほど壮大なファンタジーでは無いんですが

細田監督が得意とする「時をかける少女」的な郷愁感を誘う作品となっております。

あえて主役クラスに声優を使わないことが

現代っぽさに繋がっているのかな~

とにかくお勧めです。

別窓 | ZONE | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
そんなこともあるのですね


こういうのも出会いですよね
別窓 | ごあいさつ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
大阪で呑む
20090809173247
東洋美人純米吟醸

大阪で見つけたお気にの居酒屋
素材の良さもうかがえるし

技術もあるようで

なんでも美味い

ただ値段はチョイ高め
別窓 | ごあいさつ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
足上がるな~

田原俊彦

確かにもう若くはない

ゆえに日々積み重ねることが大事というのが身にしみているのでしょう

こんなに綺麗に足上がらんなー
別窓 | ごあいさつ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
JAST SAY NO

アニメ三銃士 OP - 夢冒険

酒井法子さんが歌っています

「心に冒険を~」が

「心2冒険を~」にきこえませんか?

まあ意味は通りませんが。

聞こえたから何やネンといえばそうですが



翻案にルパン3世のモンキーパンチ。

へーそうなんですね。

翻案ていうのは解釈があいまいなような気がします。

ジャングル大帝とディズニーのライオンキングみたいなのでも

ライオンキングはオリジナルだとディズニー側が主張すればオリジナルですし

天空の城ラピュタの翻案が不思議の海のナディアなのに対して

ディズニーのアトランティスとナディアがクリソツでも

ディズニーがオリジナルだといえばそうなりますからねー。


別窓 | ごあいさつ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
けいおん

SCANDALが制服をコスプレという位置づけで活用できているところが冴えているところで

それが一般大衆へのキャッチの部分であって

そこから自分たちの音楽をほりさげていけるかっていうところが難しいと思います。

そしてこれは「けいおん」というアニメのEDで

SCANDAL風にアレンジしたことが少なからず賛否両論となっておりますが

いかがでしょうか?


元の楽曲を知る人ほどシビアな意見が多いですし

当然だと思います。

しかし、ZONEの場合どうでしょう。

だれが彼女たちの楽曲のアレンジに一言物申すでしょうか?

今回、SCANDALがカバーした楽曲のアレンジは

彼女たちのスキルに合わせて色々簡略化されており

いわゆるロックの爽快感みたいなものが削られているのは否めません。

8ビートで刻むところと4ビートでいくところの

メリハリの意味があまり重要視されていないように思います。

ですがドラムの方は16は得意みたいで曲間で披露されていますが

そこはいいとして。

ドラムの基本はやはり8ビート。

8ビートでグイグイ前に押す感じのパートを4にするともったりしますね。

そこへゴーストノートなどがあって曲にハネたりする部分がでて

曲に躍動感が生まれるのですが

スキルが足りていないと

どうしても簡略化せざるをえない。

今回彼女たちは元からの楽曲の本来の姿を知る人たちから

楽曲の魅力が損なわれたという

批評がありましたが

これは比較すべき対象があることで

はっきり認識できたことですが

ZONEがセールスを落としていった原因にも同じことがいえると思います。


しかし、あの時それらは問題として上がらなかった。

彼女たちを支持する周りとファンはその至らない部分を見過ごしてしまった。

ドラム暦半年の男性



川口千里

若干12歳の女性ドラマー。わ~(笑)えらいかいらしいけど。。

このブログで取り上げてるとキケンナカンジガ・・

彼女はすでにWIKIにもその名が紹介されるほどで

スキルのほうは音符を追うのではなく感性を表現できるレベルにまで達成していると評価されているようです。

彼女の師に当たるのが手数王「菅沼孝三」

比較すればスキルの違いは一目瞭然ですが


去年はTAKAYOさんやMIZUHOさんも一応表舞台に姿をみせてくれはしましたが

現在の長瀬実夕さんも含めて

果たして上の彼女のように本当に楽器にのめり込んでいるような部分は見えたのかなと思ってしまいました。


舞衣子さんを除いて

スキル的にも精神的にも突き詰めていこうという姿勢が見えなかったというのも確かな話です。

「音楽が好き」

ミュージシャンはみんな同じこと思っていると思います。

あ・・・きょうはちょっと辛口に書いてしまったかな・・・

でも久しぶりにもう少し突っ込んで辛口の記事連発すると思いますがお手柔らかに。。

別窓 | MARIA ZONEの曲レビュー | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ピンパン
PANDA for all,all for PANDAPANDA for all,all for PANDA
(2006/03/29)
不明

商品詳細を見る
01. INTRODUCE
02. OPENING~DREAM HUNTER
03. ワクワク7
04. Let's Go OH-YAH-JI 
05. モノポライザー
06. PANDA
07. ひとつになろう
08. FLY UP!
09. Be smile
ENDING
PANDA(PV)

MARIA LIVE TOUR WE ARE MARIA 2007~YOU GO!!~ [DVD]MARIA LIVE TOUR WE ARE MARIA 2007~YOU GO!!~ [DVD]
(2008/03/26)
MARIA

商品詳細を見る


ワクワク7YOUTUBE視聴

予算は少なくても納得いくものはできる。



別窓 | ごあいさつ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
CD文化からコンサート文化へ Jポップは「聴く」よりも「観る」時代

インドアの音楽から体感するライブハウスへ一般人の興味が移行するのではと

昔ブログに書いたのですが

本当にそのような動きになりつつあるようです。

ネットで合法、非合法にかかわらず

音楽が聞けるわけですが

さすがに5.1chサラウンドシステムを使っても

本物の臨場感には勝てないですし

何より希少性がない。

メディアを購入すれば

誰しもが同じ程度のものを得られるわけですが

それではやっぱり物足りないというのが人間の心理というものかも。

それでもやっぱりこれは「波」であり

このブームが長く続くわけでなく

どこかでまたメディアに取って代わられるわけですから

ライブが売りのミュージシャンにしてみれば今が乗り時ってわけです。
別窓 | ごあいさつ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
グーパー


やっぱりネコかわいいな~(笑)

ランタイム系アーティストは犬派みたいですが

私はネコ派です~やっぱネコ~


けいおん!K-ON!ふわふわ時間


けいおん!K-ON!ふわふわ時間

2:21からのスティック回しにご注目ください

いってみればZONEのメンバーってこのぐらい演奏できるんじゃないか?

という幻想がオーディエンスにはあったわけですが

それをこう引っ張るでもなく

セカンドシングルでネタバラシしてしまうあたりがMIZUHOさんマジック(笑)

上手いかどうかっていうのも憧れる動機になるんですけど

やっぱりカッコいいていうのが一番かと・・

テレビでBACK TO THE FUTUREのマーティーを見てギター始めた人もいると思います。(私だけか・・)

ドラムでいうとこういうスティック回しなんかは一番のアピールポイントです。

これをカメラ目線でニコッと微笑みながら決められたら

「MIZUHO命」的な方は続出したはずです。そうでなくても人気はありましたが。


けいおん!K-ON!ふわふわ時間

凄い!

とだけ書いたらどのことを指して凄いといっているのか色々と解釈が交錯しますが(笑)





別窓 | ごあいさつ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
Don't Stop Believing

Don't Stop Believing

スティーブペリーを聞いてるのと変わらない声質。

高音までそっくりてのはなかなかいないんですけどね。

ただ上手いってだけじゃjournyの曲は生きないんですよね。

20年以上も前の曲が

2008年にここまで完璧に再現されるなんて


別窓 | ZONE MARIAに聞かせたい 音楽よもやま話 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
大阪でスイーツ
20090827164028
最近はスイーツ好いています。

ヴィタメールという阪神百貨店の地下1階にあるお店。

私的にオススメなのは

「ルイ」というチーズケーキ

甘味、酸味、香りのバランスが良くナイスなお味

コストパフォーマンスで更に上を行くのが157円のエクレア。

コンビニのエクレアも150位なのでお値段据え置きはコンビニ丸儲けなのか・

ところで写メですが

食べてから気付いたので・
別窓 | ごあいさつ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
連鎖解析3
ちょいとサボりすぎ(笑)

さてZONEのセールスの低下の歯止めがなぜ利かなかったのか?

その原因について考えていきます。

なにやら当サイトからfutashizukuさんのところへ訪問されている方が多いようで

プレッシャーを与えてしまっているようですが(笑)

それも私がさぼり気味なのが原因なのでしょうね。

がんばります

ZONEの緩やかなセールス低下は踊りながら弾くという

個性を捨てバンド路線にしたことが原因と考えます。

この書き方は乱暴なのですが

本格的バンド路線でいくのであれば

あのアレンジではダメということです。

私自身が本格的バンド路線を望んでいないという意味ではありません。

当時の彼女たちが使える時間から状況から考えても

本格的な音の追求をするには不十分だったと考えます。

ではなぜバンド路線に変更したのか?

それはシクベの大ヒットに他なりません。

この大ヒットが彼女たちの進むべき道を少しずれさせた。



最近、私の友人(ZONEの話題とかをしない)が

たまたま店内に流れていたシクベを聞いて

「懐かしいなーこの曲ぅ」と、言い出したのです。

その友人はシングルを買うことは滅多になくいわゆるアルバム買い派の人間で

この曲だけは、キッズウォーで流れてたの聞いて買ったというではないですか(笑)

ただ、それ以後ZONEに興味が湧いたいうわけではなく

それきりだったようですが

そこでというか

それまでも思っていたことなんですが

シクベとはそういう曲だったんではないかなーと。。

確かにシクベは売れました。

ですが

THIS IS ZONE

がシクベかというと私はそうではないと思っているのです。

それはシクベ以後のシングルセールスの数字私の見解と照らし合わせて

解析していきたいと思います。



つづく
別窓 | ごあいさつ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
連鎖解析4
ZONEはシングルごとにその路線を変えていき


第4弾の「世界のほんの片隅から」以後

自分たちは楽器がないとだめだなーと思いバンド路線に落ち着いたというような

彼女たちの発言がありましたが

このシングルが売れなかった原因を取り違えたことが

セールス低下の大きな原因だと思っています。



ZONE=バンドという図式に理解があってものすごく売れたのではないということです。

じゃあシクベはなぜ売れたんだ?ということですが。

シクベが売れたのは曲に引っ張る力がものすごくあったからで

もちろん楽曲だけでもなく

キッズウォーとの奇跡的なコラボがあってというのも原因だと思います。

その理由にZONEがバンド路線を本格的にスタートさせたにもかかわらず

セールスは伸び悩みます。

普通は大ヒット曲の後は3枚ぐらいは何を出しても売れるような状態があるのに

・・・・つづく


別窓 | ごあいさつ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
雨宮慶太

源平討魔伝

源平討魔伝のキャラデザインを雨宮氏が手がけているとは知りませんでした。

昔のゲームなので今の若い方がこれをプレイして古臭いと

思うかもしれませんが世界観や音楽など

かなり完成度の高いゲームです。


ゼイラム

実写版のゼイラムのそこはかとなくB級の漂う感じ(笑)

演技力といいロケーションといい

つっこみどころ満載ですが

助演男優のお二人のキャラが立っていて

なんか憎めない。

雨宮氏の所属するクラウドという製作会社のロゴデザインを見てください

どこかで見たことないですか?

HEART☆BEATHEART☆BEAT
(2007/02/21)
MARIA

商品詳細を見る


MARIAのロゴ~(笑)ヨウアルコトチャウカ

雨宮慶太ファンなのかもしくはそのロゴを担当された方なのか(笑)

別窓 | MARIA | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ガンヘッド

ガンヘッド

ジャパニーズSFX



こういうSFXは天文学的な予算が要るので

最近ではアニメにお任せ状態のわが日本

これもシナリオは良いんですけど

やはり限られた予算ではハリウッドの質感は越えられないのでしょう。

そういう予算の足りないとことかは置いといて

世界観とか音楽とかを注意していただければ

その惜しさ具合がお分かりいただけると思います。

呪怨とかリングとかリメイクしてますが

これをハリウッドでリメイクしたら行くんちゃうかなーと思ったりなんかしたり。。

トム・クルーズとかブラピとかお金集めれそうなんで是非。

別窓 | ごあいさつ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
Paint A New World
MARIAのニューアルバムのレビューではないですが

フェンダーの真家さんがコメントを添えてます。

フェンダーのブログ(MARIAの記事)

そこで真家さんはあろうことか

私は等身大と言う表現があまり好きでないが…、今作はまさに「等身大」と言えるアルバムに仕上がった。

え~(笑)

真家さんてたまに理解不能なコメントをされます。

そこで等身大とはどういう意味なのか調べてみました

等身大「Yahoo!辞書」

1 人の身長と同じ大きさであること。「―の蝋(ろう)人形」

2 誇張も虚飾もない、ありのままの姿。「―の人間ドラマ」「―のヒーロー像」

3 持っている力に見合うこと。「―の国際交流」「―の取り組み」



ZONEにとって等身大という言葉は結構なキーワードなので

いきなり何を言うんだ的なかんじではありますが

私もTAKAYOさんが言うほどに等身大という言葉がカッコいいなどとはおもってはいないのですが

ただそういう言葉を好んで使うフォーク世代の方々が

何を重んじていたかということは察しますし

それが似合うひとがいるのも確かです。

それが初期ZONEの音楽性に直結していたのも紛れもない事実です。


Day by day(初回生産限定盤)(DVD付)Day by day(初回生産限定盤)(DVD付)
(2009/09/30)
MARIA

商品詳細を見る

辛口にいうなら

私はMARIAのセカンドアルバムはやっと他人に薦められるものが出来たと思っています。

その理由が程度云々の話ではなく(ソレモアリマスガ)

真家さんの言う(等身大嫌い説)とかぶると思います。




HELLOWEEN/PAINT A NEW WORLD

MARIAがこんなサウンドになったら私は嬉しいですけど

でもなんか違うでしょ。

セカンドアルバムのアレンジが格段にアップしているのは当然のことなんですが

なぜこの水準でファーストが作成できなかったのか?

ZONEの話と関係性があるのではないでしょうか。と考えています

セカンドの出来はグーですが

これが彼女たちの音楽性を捉えているかというとノーだと思います。

SHOW-YAとのコラボ以後それ系のサウンドを追い求めているように

思いますが

SHOW-YAはSHOW-YA

MARIAはMARIA

それがサウンドに出てくるまであともう少しです。



新世界を描ききれ!



別窓 | ごあいさつ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
なんだこりゃ?


町田さんが変り種のキーボードを購入されたとブログにありましたが

このクロマキーボードもなかなかのもの

めまいするわ~笑

どういう配列なのかイマイチ見当がつかないのですが。

アコーディオンの横にあるようなやつかな。


HELLOWEEN/FUTURE WORLD (LIVE IN UK)

曲のはじめのフレーズは山の魔王の宮殿にてという題名やったんですね

クラシックのワンピースということしか記憶になかった。


別窓 | ごあいさつ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
マネージャーたるもの
大泉洋さんのマネージャー

タレントのマネージャーの主な仕事内容とその重要性。


大泉洋

北海道出身アーティストを紹介するところがありましたが

ZONEはありませんでしたね・・

長瀬実夕さんの名前も・・・

そらそうかという話かもしれませんが







別窓 | ごあいさつ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
マネージャーたるもの2 ~~連鎖5
東ちづるさんのマネージャーのお仕事

(1)スケジュール管理 
(2)問い合わせへの対応 
(3)タレントの売り込み 
(4)現場同行

これがタレントマネージャーの主なお仕事だそうです。




昨年からインディーズシーンの動向にも目を向けながら

いろいろ書いてきましたが

昨年TAKAYOさんと対バンした

「ぐるぐる」

air code

gacharic spin元PINK☆PANDA(チョッパー)

これらのバンドがレコード会社の出し渋りにより音楽活動が妨げられているかということ。

基本的にレコード会社というのは版権ビジネスで

ミュージシャンの活動を制限するようなことはありません。

資金を出資してもらって相手のビジネスに乗っかることは

お互いに50/50の関係であり

売れないから財布の紐が硬くなるのは当然のことだと思います。

ところが上記のインディーズバンドの活動はどうでしょう。

資金などなくてもその活動は実に勢力的であります。

規模の大小などは身の丈にあったものになれど

回数はこなせるはずです。


ところがやらなかった。

今の今まで。

それがここへ来て最近はにわかに活発に活動し始めてきています。

それとカナシミレンサのサウンドプロデュースの出来具合と少し関係性があると考えています。。。







別窓 | ごあいさつ | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
| dear re:zone(C) | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。