MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ZONE再結成
ZONE再結成については

ただいまFENDER 真家さんのコメント待ちであります。

aircodeの松村さんは

ご自身のブログで

ZONE再結成について

コメントを書いておられます

ttp://ameblo.jp/aircode/entry-10899812930.html

ZONE 全メンバーと交流があり

他人の視点でものを考えられる位置の人の意見は重要なのではないでしょうか。

ZONE再結成の発表から数日が立ち

冷静な判断ができてくる時期です


ここで一つ疑問を投げかけてみます


3人ではやっていけないと解散したバンド(この4にんでなければそのバンド名を名乗ることを許さない)が

再結成する必要不可欠な条件とはなんでしょう?



もうひとつ


再結成に必要な条件である人物の代わりを復興支援という名目で

補完することは可能でしょうか?


ここで可能であるという答えを導けるのは

2005年に解散をしなくても済んだ理由と同等であるとお考えください。







スポンサーサイト
別窓 | ZONE | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
ZONE再結成 卵が先か鶏が先か


ZONE再結成が先か震災復興支援が先か・・・

この手の企画モノはだいたい1年前から企画がスタートするのが相場なんですが

ZONEのトリビュートCDも発売されるんですよね。

そんな大層な企画が2~3ヶ月と作れるものなんでしょうか?


「3人でZONEを再結成します」

「トリビュートCDの宣伝もします」

なんて発表しちゃうと

真っ先にわたしが大声でわめきちら・・www

私でなくても

まともな神経なZONEファンなら

「僕らはいいですよあなた方がしたいというなら止はしませんが

その場合あなた方が解散の時に流した涙や守り続けるべき仲間との絆や信念を自分で踏んづけてもシクべの歌詞通りに

復活したいんです。というならすればいいんじゃないですか」

となりますよね

多分、反論のほうが多いと思います。


くしくも町田さんが復興の支援だけを目的とした

純粋なアーティスト活動を偽善扱いして批判されてましたが

あれは町田さんに非があると思います。

しかしこの再結成の最もらしい理由付けに

震災復興をくっつけて再結成の批判を相殺しようなんて

醜い行為です。

企画の進行が1年前から始まっていたとするなら

震災は関係ない。

そういやMARIAの解散の時も同じような手口を使いましたね

ZONEの再結成のきっかけを震災復興とくっつけて

ごまかすなんて。

再結成を正当化したいなら正々堂々論破してなんぼでしょ。


別窓 | ごあいさつ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
ZONE再結成 彼女たちの葛藤
当の本人たちはいったいこのZONE再結成をどう思っているのでしょうか。

私の個人的な意見を申しますと

シクベの歌詞にある10年後の8月を意識して

再結成する必要性を感じません。

当ブログで再三記事にしてきましたが


真の再結成とは彼女たちの心が集結するの意味で

懐かしさににとらわれる事のない

精神的な帰結である。


長瀬実夕さんのソロ作

gateway to tommorrow

良質のロックポップスでありましたが

彼女のサイトで取り扱われる音楽の話題のほとんどが

R&B HIPHOPなのです


彼女が好きでやりたい音楽も多分その系統なんだろうと思います

ところが彼女はファンが自分に抱くイメージをマーケティングして

レコード会社や事務所に音楽性を変えられている


それを知ってかしらずか

ファンは

MIYUはやっぱロックだ

安室の真似すんなだの

勝手なことをいうわけです


安室さんだって小室系ミュージックから抜けて

本格派のHIPHOP R&Bに転向し軌道に乗るまで時間がかかりました

当初ファンが望む形を取らないことでセールス的には振るわなかったとしても

根っこのしっかりした音楽は徐々に浸透していきました


安易に消費される流行歌とは違う

長い目でみた活動で地道にやってきた結果

現在の安室さんのステータスがあるのだと思います


ファーストフードみたいに

自分たちの好みに合わせて出される音楽でなく

アーティストがそんな風に信念をもった音楽活動して

またそれを応援したいと想いませんか。




3人でもZONEというならば5人でもMARIAと言えるのに

復興支援という名目でZONE再結成を最悪許容したとしても

復興支援は長くしてもらえればそれに越したことはない

期間限定?の意味って何ですか。


不可解なこといっぱい抱えて

「ZONE再結成嬉しいです」

と言えちゃう人は

彼女たちが持つ葛藤とか心の問題とかどうでもいいですか。

本人たちが笑顔で再結成を報告してるからなんにも問題ないとか思うんでしょうか。





年齢的にシーケンスに頼るステージなんかできませんし

かといって生演奏でやった時

素人に毛が生えた程度の音を鳴らせば

すぐに分かってしまうわけです。

十年たった今

その空白を埋めるべく成熟した音楽性でなければ

ただの同窓会となってしまいます。

再結成

もちろん見たいです

ですが十年経ったからとかでなく

彼女たちが別々の道を生き

いろいろなものを見て感じ

経験を積み

心がそちらへ自然と向かうものでなければ意味が無いと思うのです。

再結成をメロディーの起伏の一部と考えた場合

大事なのはその曲全体のクオリティーではないでしょうか

曲とは彼女たちの人生であり

その内容が充実していることが重要であり


サビだけの流行歌みたいな人生を

彼女たちに送って欲しいですか。




別窓 | ZONE | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
ZONE再結成  その夢はゴミか幻か


BUMP OF CHICKEN(バンプオブチキン) 分別奮闘記

その夢がただ単にファンの希望ではなく

彼女たちの確固たる意志であってほしい


別窓 | ZONE | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
AKBで学ぶ経済

AKB48のエビカツ買いました(笑)

私の超清き一票は誰に投票されるのか(笑)

AKBの鉄の掟について


AKBで学ぶ経済…の続きを読む
別窓 | ごあいさつ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| dear re:zone(C) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。