MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
音楽は会話

ZONE/卒業

この8ビートにやられたかったな~。

舞衣子さんはここへMARIAで行くわけですね。

1stアルバムを聴く限りでは難しいとは思っていたのですが(辛口のつもりはないのです)

芸術というものは聴く側見る側に知識や教養のいるものもあります。

高い次元での理論や技術は素人には退屈なもでしかないものもあります。

わからない=質がないということでは決してないということです。

中でも第三者の位置づけが明確な音楽は対人間との「会話」であると考えます。

独り言ではだめなんです。



ミュージシャンのこだわりを優先させるという、正論はわかります。

受けねらいとか音的にすり寄れということではないんです。

自分たちらしくということにどこまで客観的な視点を組み込めるかも大きな課題になってくると思います。



しかし、会話であるならばそれを言ってるうちは小さい芸術でしかないと思います。

天才と呼ばれる方々はそのあたりが自然にこなせる人なんだと思います。

楽しい会話とはどんなものでしょう?

相手の話は全部シャットアウトして自分の話ばかりをする人との会話って楽しくありませんよね。

人に話を聞いてもらいたい場合はまず人の話を聞く耳をもつことが大事だと思います。



1stアルバムで自分たちの好きなようにやったことの結果をみて、反省とした部分が今回のこの行為であるならば、わたしはRUNTIMEを誤解していたのかもしれません。

彼女たちならばこういった反省に目が向くと見越した上での放任主義であったなら、焦らずゆっくりのサポート体制が敷かれているのだ思いました。(すいませんでした)

会話のおもしろい人はもてます。


ということは、今後音楽的会話が面白くなるMARIAは人気が出るということになるのではないでしょうか。

ことしは期待できそうです

MAIKOの素WMPで聴視可能





スポンサーサイト

別窓 | MARIA | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<長瀬実夕陣営のスタッフさんへ | dear re:zone(C) | ノンタイアップがタイアップな時代>>
この記事のコメント
miyuがそろそろHey Hey Heyにでそうじゃないですか??
2008-01-22 Tue 22:27 | URL | 14代目 #-[ 内容変更]
まじっすか
Hey Hey Heyの影響力も大きいですからね~

トークとかも試されますよね。

T.M.Revolutionさんなんかはトークで火がついた感じでしたね。

ということは、やっぱり鉄板のネタをね

仕込んでいかないとだめです。

まっちゃん「自分、休みの日とか何してんの?」

実夕「わたしですか! わ・た・・しは~裸で、そば打ちですかね~」

とかはどうですか。(そればっかりやな)
2008-01-22 Tue 23:36 | URL | dear+re:zone #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| dear re:zone(C) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。