MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
長瀬実夕 Part3
新曲、拝聴いたしました。

良い意味で予想を反した作品となっていました。というのももうちょっとR&Bよりのロックかな?と思っていたので。まずリズムが全然、跳ねていないのはびっくり。。。
旧シングル「Just 4 your luv」 の感じに近く、ザックリとギターリフが入るロックものがくるのではと思っていたのですが。何やらバンドを意識したかのようなスタンダードなミディアムロック。逆にリズムが王道過ぎるのでは?と心配なほどで。まあ予想は大きく外れましたが一つ言える事はかなり手探り状態であること。

私の予想では確信犯的に事務所が水面下での働きかけによる(MARIAの不振、MIYUの方向性)今日の膠着状態であるのではと思っていたのですがどうやら杞憂だったようです。

新曲の出来についてはいまだサビの部分を視聴しただけなのでなんともいえませんが、バンドで出来る音というのが軸のようなアレンジでした。(そんなに難しくない)

ゆえにアルバム発表後のライブツアーはシーケンスのダンスナンバーとランタイムお抱えの時期メジャー候補生バンドのサポート演奏のスタイルかな?と思った次第です。

スタジオミュージシャンを使うのは財政的に苦しいのかも知れませんが。

見栄えからしてもここはスタジオミュージシャンでカッチリしたサウンドでされたほうがいいと思います。


とはいうものの楽曲が弱いような気がします。


前回のシングルでの反省点が反映されているような気もします。

やっぱりといっては失礼かもしれませんが、ただのR&B路線とかダンスミュージックというだけでは他のミュージシャンと差別化できないというのは反論されたファンのみならず、私も感じました。

AmazonのCDレビューには、前回のシングルjust 4 your loveについてZONEファンの方の酷評もありましたから、製作サイドもそれを踏まえてバランスをとっているのだと思います。

そして批評とは冷静に自分を分析し自己の能力向上に反映させるためにも必要なものだと思います。

短所と長所。マッチとミスマッチ。どれを使っても感動に結びついているかが問題であってR&Bやダンスミュージックが駄目なのではありません。

大事なのはバランスです。

長瀬実夕という存在を介して感動を得られるのであれば何でもOK!だと思います。

ようするに私達は音楽ではなく感動を買っているのです。

前回のシングルの方が個人的には良かっただけに(賛否両論ですが)。。有名プロデューサーにお金を使いすぎじゃないですか?と思ったりなんかして。

他力本願というかお金を出して買う側の人たちは誰がプロデューサーが誰かなんて関係ないですしね。ようはグッとくるか?否か?です。


ただ自分の持ち味として楽器をカッコよく扱えるということは心の隅にでもあったのは良かったです。

このシングルならイニシャルで2000枚ぐらいが妥当な線かと。

昔の彼女はあまり声にメラメラ感情が乗るようなトーンではなくてポーカーフェイス的なトーンというか含みをもった声だったと認識しておりましたが今回の新作では迫力が増してました。

時間は長いのか短いのか人それぞれですが

そうそうこんな情報を入手いたしました。
某有名グループの十年前のPVにバックダンサーとしてZONEの選抜メンバーが映っていました。

おしゃべり好きのあの人です。


ZONE/ BELIEVE IN LOVE


WHO IS IT?(画像)

それが収められているDVDを買いに大阪中を夜8時から閉店時間の9時まで走り回ったのですがどこにも置いてなく、がっかり。。Amazonで買うしかないのかとおもいきや、そういえばCDとDVDの4枚組みボックスだったことを思い出す。翌日、地元のCD屋のCDの棚へいってみると「あるやんか~」DVDの棚ばかり見てました。シクシク。。

グループのダンスメンバーが直々に審査するPVのバックダンサーの合格率はかなり厳しいことで知られているようです。

98年9月23日発売のシングルのPVですから人数は何名体制か分かりかねますがZONEは結成されていたと思います。
スポンサーサイト
別窓 | 長瀬実夕 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『YOU GO!~ We are Maria~』レビュー 6.つぼみ | dear re:zone(C) | TOMOKA ~The dream is reality of non-arrival~>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| dear re:zone(C) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。