MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
『YOU GO!~ We are Maria~』レビュー 6.つぼみ
『YOU GO!~ We are Maria~』レビュー 6.つぼみ

これはまた凄い歌詞です。昭和枯れすすきです。
個人の心境であったりモラルであったり関心であったり。
ミュージシャンとは心の中で肯定してること、いわばうそは書けないというのが私個人としての見解です。

Takayoの記事

彼女はインタビューで「私、ずっと「友達」と呼べる人がいなくて...、」と語っています。結構衝撃的なことを言ってると思うのですが(笑)普段は気丈な彼女ですらインタビューや歌詞には自分の心情を吐露する場面がよくあります。この新・僕はマグマの彼女のパートでは「本当の友達いない」と歌っています。

新・僕はマグマ

このFENDER'sの記事を読むまではこの歌詞に実は意味があるなんて思ってもみませんでした。実際には私も親友と呼べる人の数は一人か二人ですしそれよりも少なかったのかな?このことをふまえるとインタビュー時の彼女達のポジティブな発言そのままに心もポジティブとは限らないということになります。

彼女達は当然プロ意識をもっていますから建て前上ネガティブなコメントよりは前向きな発言をするでしょう。がこういった見落としがちな小さな心のサインを見逃して活動を続けさせると長期休養が必要なほど心が疲弊しきってしまいます。

期限を切らずに活動するインディーズでの長いキャリアは、メジャーでの1年に経験や責任の点で遠く及ばず、そのプレッシャーは彼女達にとって計り知れないものであるに違いありません。(これが最後のチャンスだという気持ちがあると思います。TOMOKAが現在、沈黙しているのもそんな心境であったからかもしれません。)ですので、MARIAのメンバーが精神的に安定を保ち、音楽活動をするためにも何らかの手ごたえは必要です。

もちろんこの曲の歌詞全部が彼女達の状況をとらえているということではないですが、この内一部は深層心理をとらえていると思います。以上のことを踏まえますとこのような内容を書いている時点で、彼女達は相当な不安をすでに抱えているということになります。彼女達がBLOGや雑誌のインタビューでポジティブな一面を見せるその反対に、不安や葛藤があり、そのネガティブな気持ちを吐き出さないとプレッシャーに潰されてしまう、しかし誰にも「そんなことは打ち明けられない」という反動が意識か無意識か歌詞となって吐き出されているのではと考えます。

MARIA/つぼみPV&トーク

表層面だけを見て順調と思っているとこの曲のサビの最後の1行のような事態になってしまうとも考えられます。
スポンサーサイト

別窓 | MARIA ZONEの曲レビュー | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<長瀬実夕 Part5 | dear re:zone(C) | 長瀬実夕 Part3>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| dear re:zone(C) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。