MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
長瀬実夕 Part6
長時間考えるわりには文がまとまらないTAKAYOさんネタ長文に疲れてきたので、すこし脱線です。

長瀬実夕オフィシャル携帯サイトからショートPVが期間限定で視聴できます。それからAmazonにてCDの予約完了です。中古で買っても印税やその他でアーティストに貢献したことにはならないですし、オリコンに自分の買った1枚が集計に加算されていると思うとまるで選挙のようです。(選挙よりも実入りがありますね:笑)

PVの感想。。

マイク真木氏が出演しています。



どうやらストーリー仕立てPVの様です。

存在感ありすぎの俳優さんを使うのはいかがなものか(笑)
そればかりが気になってしまいます。無名の方を使ったほうがストーリーに集中できると思うのですが。そして長瀬実夕さんもなにやら演技に挑戦している模様で、ZONE時代はポーカーフェイス的な彼女が感情をあらわに歌い上げるシーンもあり「あらっ表現力がアップしている。」と感慨にひたっていました。

大阪アメ村の服屋の店員さんのようにグイグイ来る(大阪ミナミの店員は積極的にしゃべりかけて売りにくる)タイプではない彼女が心に触れてくるような歌い方をするとは。。。うれしい収穫です。

この方はグイグイ来る感じです。

自分を魅せるということに余念がない。


WINGER/MADALAINE

MARIAや実夕さんにはライブにおけるアドリブのパフォーマンスとダンスの融合を期待しているのですが。郷ひろみ氏のように「回っちゃった」というぐらいに感極まって体が無意識に動いてしまった的なパフォーマンスとメロディーの役割を果たすような曲にあてられたダンスリックの応酬。いいと思のですけどどうでしょうか。。

郷ひろみ/Hallelujah burning love


Manhattan Transfer/Twilight Zone

ゴールドフィンガー'99よりかっこいいと個人的には思っているのですがセールス的には

ゴールドフィンガー'99/46万枚
Hallelujah burning love /8.1枚

若干アクが足りないのかも知れませんね。


スポンサーサイト

別窓 | 長瀬実夕 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<takayo脱退の真相について考える ~その3~ | dear re:zone(C) | TAKAYO脱退の真相について考える ~その2~>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| dear re:zone(C) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。