MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
みんなでスゴいもん見ましょーよ



TAKAYOさんのライブチケをゲッツしました。

TAKAYOさん復帰に複雑な心境の方もおられるでしょうね。

タレントは一人では大成できないとよくいわれますが

やはりそれを支えるマネージャーの力も重要だと思われます。


ミュージシャンとして魅力ある存在の彼女たちも

人間としては時間にルーズであったり(よく言えばマイペース)自制心に欠けるところや非常に不器用な面を持った人たちなので

それらをカバーするマネージメントが必要であるのではと思います。

長瀬実夕さんが渚のオールスターズに参加したのも

TUBEと一体どんな関係と思ったら

ランタイムの社長さんが昔TUBEのマネージャーをしていた時のつながりですし。

昔の仕事っぷりが評価されているからこそ、ここぞ!って時にはそのコネクションが役に立つ訳です。

わたしは彼女たちが音楽に真剣に取り組むのであれば真剣な評価で返したいと思っています。

多少、私が辛口なのはそういうことです(いやほんまに)


雲のジュウザ

TAKAYOさんに雲のジュウザ的なとこを感じてしまいますが

社会でこんな破天荒なことばかりしてますと干されてしまいますが

そういうスター性の部分を活かすスタッフに巡り会えればいいのですけどねー。



FROM大阪の前ちゃん3>でも東京か札幌に遠征するんですよね。

FROMアッちょんさん>東京か札幌は行かれると信じてますよ~

こわ~(笑)

今年は去年の大阪公演と他公演を比較するためにBIGCAT以外に行こうと思ってたんですよ。ホンマですよー


あの当時ライブに行けなかった私はZONEのライブのレポとかをアップしてくださってる方とかに感謝していまして。

「ライブの臨場感を文字に置き換えるなんて」とおっしゃる方もいるかもしれませんが

それでもその当時いけなかった私たちが少しでも身近に感じることができる材料となるので

のちにファンになるであろう方達のイマジネーションの補助にでもなればと思い私もライブレポを書いていこうと思います。

あと私はライブはアフォになったもん勝ちと思うので

好きなように楽しめば良いと思っています。

昔一度音楽の持つ力を見た瞬間がありまして

曲がかかったと同時にその辺一体大乱舞(笑)

(ブログではどんな方達と詳細には書けませんが)そんな曲知らないであろうご一行サマたちだったので

これか!音楽の力は!と

鳥肌が立ったのを覚えてます。

私たちはなまじ自制が利くゆえ

音楽に乗りきれないことが多いですが

我々のリミッターを解放させるのがステージ上のミュージシャンの仕事だと思っています。

ですから

手拍子とか合唱とかを求めすぎるのはちょっと違うのかなーと辛口なこと言ったりしてしまいます。

お願いすれば誰でもやると思うんです。簡単なことは他に任せれば良いと思います。

そこを音楽とパフォーマンス力でどう誘うか?

それがプロとしてやるべきことのような気がします。

あーそれから

去年MARIAのライブに行ったときに思ったんですが

少年少女のMARIAファンは前の方で見させてあげた方がよいのでは。

背の低い中学生ぐらいの男の子や女の子がいたのですが

前に大人の人が立ってたらやっぱり見えにくいと思います。

「この子達前に行かせてあげてー」とファン同士声をかけるだけでも

コミュニケーションになるように思いますし。

会場に入ればみんな仲間ですよ。

若い方も会場全部の人数集めても20~30人ぐらいじゃないかと思うんです。

そういう憧れのまなざしで見る若いファンこそライブで楽しんでもらった方が

ファン拡大にもいいのではないのかな~と思います。

MARIAのメンバーも前列にそういう若いファンが来てくれていることと

そういう配慮をしてくれた大人ファンの存在を知れば良いファンにささえられてるなーと思ってくれるのではないでしょうか。

チョっと肩車なんかして子供好きなところをMARIAにアピールすれば・・・(発想がやらしいねん)

せっかく同じ会場に来ていても音楽によって人と人が繋がれるようなライブにはなりえてないようです。

そこはMARIAもオーディエンスも一緒に考えていけばスゴいもんが見れる日が来ると思います。

スポンサーサイト

別窓 | ZONE MARIAに聞かせたい 音楽よもやま話 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<舞衣子さんの哲学っぽいおはなし | dear re:zone(C) | MARIAの春ツアーと予期せぬ出来事>>
この記事のコメント
No title
複雑な心境だった一人です(笑)。
まぁ、みんながみんなお帰り待ってたよ信じてたよではなんなんで、
一人くらい厳しいこと言っても良いかな…と思い、
ウチの日記ではわざと冷たい書き方にしてしまいました。

彼女を支える体制がどうなっているのか気がかりです。
いくらフェンダーの真家さんが熱心に応援してくれていても、
あくまで楽器屋さん、一から十まで面倒みてくれるわけではありませんから。

東京拠点なのか札幌拠点なのか分かりませんが、
いずれにしろ、今度こそじっくり腰を落ち着けた活動であって欲しい、と願ってます。
2008-04-25 Fri 20:36 | URL | futashizuku #-[ 内容変更]
いらっしゃいませ~
>futashizukuさん

いらっしゃいませ

>いくらフェンダーの真家さんが熱心に応援してくれていても・・・

いやほんとに

真家さんには足を向けて眠れません。ありがたや~

どこの芸能事務所にも所属していない

いわばアマチュアの状態のTAKAYOさんをものすごくかばってくれていると思います。

元ZONEとはいえFENDERのサイトを使って広告なんていうのは真家さんがいてくださるからこそだと思います。

真家さんもFENDERの上司に「アマ相手に何をやっとるんだ」とかいわれてるかもしれません。

しかし現実問題として真家さんだけではかばいきれませんので

それにはTAKAYOさん自身がデモテープオーディションに合格するなどしてレーベルや音楽事務所に契約、所属し腰をすえて活動することが重要になるのではと思います。

TAKAYOさんの性格上「ランタイム」というのは今現在ありえないとおもうので・・


2008-04-26 Sat 09:24 | URL | dear re:zone #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| dear re:zone(C) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。