MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ライブDVDの作り方
MARIAの2007年夏ツアーのDVDのレビューをやりましょう。

あえて2008年の春ツアー後にレビューという風に期間を置いたのは

今年のライブを見ることで彼女たちの言い訳の部分

「今年のMARIAはこんなもんじゃない」というのが聞きたかったというのがひとつ


まあただこんなもんじゃないというのは

プロである以上、作品として製品化する以上

ない

もしくは極力少なくなければなりません。

作品を作るにあたってMARIAが一から十まで指示するわけではないのですが

それでも出された作品に満足度が少なければ

それは彼女たちの責任になってしまいます。

この作品をザッと見た印象から、照明、編集、撮影など

勿論彼女たちのパフォーマンスも含め

詰めの甘さを感じます。

浜崎あゆみさん

とくにファンという訳ではありませんが

電気店とかで流れている彼女のライブDVDとかを見ると作品としての完成度が違います。

「かけた額が違うじゃん」

まあそうですが

ですが浜崎あゆみさんのライブDVDを見て不満となるところはファンでない私でも見つけるのは難しいです。

作品とは本来そうあるべきでしょうが。

この違いは大きくないですか。

たとえばそれが制作費によるものだったとしても

それをカバーする想像力が人間にはあるじゃないですか

彼女たちのパフォーマンスについても同様に言えることがあります。


今春のツアーではSACCHINさんのライブパフォーマンスが開花するきっかけとして

本作品があるからだと思います。

ランタイムのスタジオで鏡の前で練習するのとビデオに撮ってパフォーマンスをチェックするのとは

全く異なります。

鏡で見る行為は主観であり

ビデオに撮影してからチェックする行為が客観なのです。

それにいち早く反省と対処を行動に表したのが今春のツアーのSACCHINさんということになります。

簡単にわかる動きとしてひとつ例をあげると

頭の動きは前に倒すよりも後ろにそらす方がダイナミックに見える。


ヘドバンていう動きですね。

頭を上下に激しく振る行為ですが

素人の方や

ここではMARIAのメンバーもそのことをハッキリ認識している方がそんなにいないようです。

ただ頭を振るだけの行為でもそれが分かっているか否かで求むべき結果に差があります。

楽器を持った人間の腰からうえの上体の動きは本人が思っているほど大きくはありません。

格闘技でもボディーは逃げないといわれるほどですし。

手が使えれば別ですが


SHOW-YA /限界LOVERS 2006

寺田さんのパフォーマンス

頭を小刻みに振るところは本人が思っているほどそんなに激しくはないというのが感覚的わかってらっしゃるのか

長い髪を前に垂らして一気に振り上げる。かっこいいでしょう。

髪が短い場合でも

首を前にかがめる行為は体が小さく見える

首をのけぞらす行為は体を大きく見せる。

首の可動範囲は前にも後ろにも同じくらいしか動かないですが

結局どう見えるのかというのが客観であるのなら

ただ頭を振るにしても

アクセントは首を前に倒すときではなく

首を後ろにのけぞらす時に置くべきです。




パフォーマンスで実は上体の動きよりも

足の動きの方が大事であるというのも上の動画を見ればおわかりいただけると思います。

ZONEがスゴいと思ったのは「GOOD DAYS」に見られるそういうステップなどの足技ですね。

ジャズターンとか。


ZONE / GOOD DAYS (WonderZONE)

どれだけ動かしたではなくどれだけ動いたように見えるか

照明、編集、撮影、彼女たちのパフォーマンス

時間と予算がありませんでしたは

わたしたちファンには通用するかもしれませんが。。


他の人はどう思うでしょう。
スポンサーサイト

別窓 | MARIA | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ライブDVDの作り方 その2 | dear re:zone(C) | 茜にまつわるエトセトラ>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| dear re:zone(C) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。