MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ライブ見たよー
ライブレポートお楽しみ

今から帰ります

スゴい人に会いました。

まだ内緒だよ

お返事かけてない皆さま

もう少しお待ちください。
スポンサーサイト

別窓 | ごあいさつ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<TAKAYO with 横浜あにまるず | dear re:zone(C) | ごめんね>>
この記事のコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-05-14 Wed 04:52 | | #[ 内容変更]
お久し振りです、オーナーさん。
毎日、一度は拝見しております。
二度ほど長文(駄文!?苦笑)をお寄せ差し上げたものです。
憶えていらっしゃるでしょうか。

色々と忙しくて手が塞がった状態でしてご無沙汰しておりました。
しかし、ここをメインとしてzoneの面々の状況を慮っております。
これからも興味深く拝見していきます。
どうぞお見知り置を。

さてさて、実は私も5/13のライブへ出陣致しました。
オーナーさんも来られていたようで。

後ほどレポートを掲載なされるとのことですが、
いかがでした、正直なところ。

私はと申しますと、
オーナーさんが事前に危惧なされていたことが適中してしまったような印象を抱いております。

つまり、見切り発車・フライングならないといいがと。
そう思えることが多々ありました。
また改めて具体的に申し上げます。
今は、ただ、ただ驚き、困惑し、

そして、何よりも色々なものに、(このイベントを企画した)色々な人に、
更には、今度ばかりはTakayoにすら「ガッカリした」と言わざるを得ません。

ファンだからこそ、敢て断腸の思いで諌言しないわけにはいかない。
私はあなた、Takayoのファンであってカルト信者ではなく、
全肯定などできるはずもありません。
それはファンのあるべき姿ではないですから。
「ならぬものはならぬ」、この精神を貫き、
良いものは良いと、おかしいものにはおかしいと。

苦言を呈さないといけないライブ(とも呼びたくない、口にしたくない)でした。
少なくとも、私にはそうとしか感じられなかった。

世の中を、ファンをナメないでもらいたい。

本当に「ガッカリさせられた」という思いが去来していて…、
今回のライブイベントにも、あなた(Takayo)にも…。

むろん、だからといって、あなた(Takayo)に背を向けて
「もう、いいよ」と口にすることはないのだけれども。
いえ、むしろ、だからこそ、魅了されたファンとしてファンを辞めることなんてできない、
それ故にジレンマに陥っているんであって…。

今回のあらゆるものに対して悩ましい、ガッカリしたライブにも、
ガッカリしたTakayoにすらも、
そういう印象しか抱けない自分自身にすらも実に悩ましくて仕方ありません。
2008-05-15 Thu 11:26 | URL | 職人魂 #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| dear re:zone(C) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。