MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ゼット エー キュー Zから永久
ZAQ1ZAQ1
(2005/11/23)
ZAQ

商品詳細を見る


ZAQの1買いました。

ZONE解散後ランタイムアーティストの作品が色々リリースされましたが

出来はピカいちと違うかな~

良くできたアルバムです。

ユニット系のアーティストを普段あまり聞くことはないのですが

作詞作曲はもちろんのことですが

編曲とかアルバムを通してこういうユニット系ミュージシャンに音楽性を感じたのは初めてな気がします。

それぐらいよく出来ています。

これは勿体ないです。

3人それぞれの存在に必要性を感じますし

またそれらが上手く調和しています。


半澤悠さんの声をしっかり聞くのは初めてだったのですが

TOMOKAさんとMIYUさんの雰囲気を持った声で

超高音まで出ればSPEEDのHIROさん的に聞こえなくもない。

パワーボイスと呼ばれるのもなるほどと納得の歌唱力です。

「Krokos~糸~」の南ちゃんのソングライティングセンスは

ランタイムに町田さんがいなくても十分なのではと感じさせるほどです。

陶山美紗子さんの声はMIZUHOさんと舞衣子さんを足したみたいで。

雪ん子みたい(笑)かぁいらっしーええ声です。

掛け合いの時のスパイス的な役割にも良いですし

メインにしても良い感じの声質です。

淋雨

恋うた

krokos~糸~



3連発はアルバムの中での最強コンボぐらいに思います、いやー聴かせますね。

3人の個性というか存在が必要であると感じさせる内容になっています。

なんやいうてもわたしは最後の曲の「O:ZAQ」とか好きですけどね

焼きたてジャパンとかアニソンならこれのが良かったと思いますけど。(良い意味で)

音は三人で演奏するいうこと前提の最小編成でのアレンジなのですが

そこにZAQならではの音楽性が垣間見えます。

これは結構大事なことですし

今現在活躍するユニット系アーティストでもそうは出来てないと思います。

アレンジはZAQと知野芳彦さん

知野さんはZONE時代のSae Zuriのアレンジをされた方です。

このアルバムを聴くとZONEに依存してたのはファンか?

事務所か?

というぐらいに感じてしまいます。

もっと売ってあげれたと思いますけどね~。









スポンサーサイト

別窓 | ZAQ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<Janetな夜の意味は・・ | dear re:zone(C) | 世間は広いのか狭いのか>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| dear re:zone(C) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。