MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
SF小説 re:zone~missing melodyを探して~ イグニッションノート
イグニッションノート


音声とは、声帯の振動によって生成された音波が声道で共鳴することで形成される。

この声帯音源が、咽頭喉頭および唇・舌・歯・顎・頬で構成される口腔、さらに鼻腔、副鼻腔で共鳴することにより特定帯域ごとに倍音が増幅される。

この増幅された成分の塊もしくはピークをフォルマントと呼ぶ。

この音は、さらに口から外部への放射、伝搬を経て、我々が普段耳にしている音声へと変わる。

人が言葉を発するということは、音響音声学的には、音声におけるそれぞれの音韻に必要な共鳴や生成方法を制御することで、これを調音または構音という。

親子や兄弟で声が似ているのは、骨格などの形態が近いことも理由の一と言われるが、骨格と大きく相関するフォルマントの高低は音声の個性にはあまり影響しない。

音色に影響するのはむしろ声帯の微妙な鳴らし方の違い(声種)で、これは習慣的なものである。

聴きなれた家族の声を無意識に再現しようとするため似た声になるようである。

TAKAYO達の声にイグニッションノートが含まれるのは特殊な周波数を可聴もしくは信号を受信することが出来るためであると考えられる。

その原因の一つとして月から発せられる何らかの信号を彼女たちが受けとっているのではと考えられている。


これはサイエンス・フィクションです。

ここに登場する人名や団体名は設定上の仮名です。

ならびに内容はすべて空想ですので

興奮なさらないようにお願いいたします。

スポンサーサイト

別窓 | SF小説 re:zone~missing melodyを探して~ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<似合ってる? | dear re:zone(C) | SF小説 re:zone~missing melodyを探して~  半澤悠 voice of misfortune>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| dear re:zone(C) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。