MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
みせたれ~
TAKAYOさんの対バンの傾向や活動などちょっと調べてみました。

女性ボーカルでバンド形式でセミプロ的なバンドが稀少なため

女性アイドル、ユニットの方と対バンという形が多いですね。

ライブハウスの選定もプロかセミプロユースの箱が多い。

ライブハウス側もブッキングアーティストの色の合わせ方とか大事だと思っているでしょうし。

毛色の違うノばかりで対バンすると自分のごひいきのアーティストが終わると

お客さん帰っちゃうので

その辺も大変っちゃあ大変ですよね。

かといって現在の対バンのコーディネイトが妥当かといえばそうではないように思いますが。

air codeのサポートが当分得られるのであれば漢バンドに混ざって対バンとかのほうが

得るものは大きいと思います。

白い目(白目でなくて)で見られるぐらいのが彼女の反骨精神に火がつくような気がします。

今の感じだと暖かいオーディエンスの支えを感じすぎのようにも思います。

せっかくライブハウス巡業なんでアウェイ感たっぷりで揉まれたほうがいいと思います(やらしい意味でなくて)

そういう意味ではNAONのYAONがMARIAに与えた影響は大きかったと思います。

自分達の立ち位置をしっかり把握した思います。

講師からのレッスンやCDを聞くだけでは得られないものがたくさんあったと思います。

勝負事では無いとはいうものの

カッコイイとおもうパフォーマンスを見せられて

コンチクショーて思わないわけは無いので。

そういう悔しさは自分の中のコンプレックスを浮かび上がらせ

長所を飛躍的にのばすきっかけになるはずです。

良いパフォーマンスをするライバルは自分の鏡です。

TAKAYOさんにも同じくそういうことがいえると思います。

音楽的質からいうとメジャーとインディーズに大差はないと思います。

でも購買層はメジャーとインディーズを違うメガネで見ています。

セールスの違いはただそれだけです。その差を埋めるのはビジネスだけということに気づけるかどうかはおいといて。

今はビジネス云々よりがむしゃらに数をこなす時期ですね。




下積み時代

出るべき場所に出て

あとは絶好のタイミングに武器を持って立てるかどうか。

のびのびのびのび
のびのびのびのび byじゃりン子チエのマサル


映画版のじゃりン子チエは吉本興業の大御所漫才師の方々が声優をしています。

はなくそ君てアリなんですか。(笑)


スポンサーサイト

別窓 | TAKAYOさんに聴かせたい曲 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ゼロってなあんやろ | dear re:zone(C) | NOT THE WORLD>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| dear re:zone(C) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。