MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
「MARIA」
リードギターのあゆかさんがとても興味深いことをおっしゃっていました。

MARIAの好きです北海道

こちらのサイトの10/16日の放送であゆかさんはMARIAはスリーピースバンドが二つくっついたバンドのようだ。「バンド内対バンとか良いね」と言っているのですが。これはとてもいい発想だと思います。

いままでのアレンジの感じからいくとどうしても一つを二つで割る的な発想のアレンジでしかなかったのですが、これは一つの曲に二つの発想を持ち込むというとても前向きな考えだと思うのです。

スキルのあるなしに関わらずスリーピースで事足りるといえば足りるのがロックサウンドです。


ELP/Tarkus

これはエマーソン、レイク&パーマー(詳しくはWikiで)というプログレッシブバンドですが3人編成です。このイントロは一度は聴いたことがあるという方がいらっしゃるのではないでしょうか。何回聴いても血が滾る感覚に襲われますが。

楽器が少ないというのが必ずしも欠点にはならないですし、反対に多いということが利点になるという事でもないのです。

いかにイメージを具体化するか。大事なのはそこです。


いっこく堂のものまね

腹話術でこんな発想今まで誰もしなかったわけですが
声が遅れるというテクニックもそれを見てからまねるのは器用な人ならできるでしょうが、でもそこには感動などありはしませんよね。
思いつくかどうかが大事なんですよね。
人を感動させるためにはテクニックだけでなく驚きもないとダメです。



MICHAEL ANGELO/SPEED KILLS

あまりに早すぎて笑っちゃいますがテクニック的に凄いところも感動するのですが3:00辺りの指板上をピョンピョン跳ねる様な運指があるのですが、そんなとこのほうが心躍ったりします。


Earth,Wind and Fire/Boogie wonderland

いざ聴いてみるとバンドサウンドに上手に隙間が存在するのがわかると思います。イントロのフレーズの重なり具合は鳥肌もんだと個人的に思うのですが。。。
ロックは基本的にディストーションギター一本でいろんな楽器の要素を兼ねることができるので一人三役こなすようなアレンジも可能です。一人で大忙しになりますが。バンドの構成人数が多くなれば逆に一人一役の感覚が必要になります。各楽器の音域特徴を生かしたフレージングはバンドに厚みとグルーブをもたらします。そうしないとかえって聴きづらいものになります。



MARIAが一目置くバンドサウンド。

この曲はストリングスとか入ってないし、キーボードとかは目立たないようになってますが。ロック調でありながらポップさが際立つミックスになっている点に注目したい。

聴いた感じ明らかにロックではあるのですが、ロックという音楽に嫌悪感や苦手意識がある方でも聴けるような音色になってると思います。

そしてMARIAのメンバーも一目置くベースラインなんですけど。

まあ動く(笑)

ヘルプを頼まれた時にコピーしたのですが、歌メロに対してのハーモニーだったりボトムを支えるフレーズだったりここのバンドではベースが二役三役こなしているような気がしました。実際にギターからの転向でベーシストになったという経緯があるみたいです。ベースといえばBOφWYの松井常松氏(ダウンピッキングのみのベーシスト)だろぐらいに思っていた私は「うわっややこし」と面食らいましたが、そのうちギターよりベースのが目立つんだなというのは私だけでなく世間の評価も然りだったわけですが。


いいアレンジというのはどの楽器もよく聞こえるもので、ベースが動く分ギターに余裕というか間があるのがサウンド面で個性とバランスにつながっています。

コード進行やビートから各パートの奏者が何を感じるか、各セクションを立たせる為に間をとれるかです。

一つのシングルに3曲
RIGHT SIDE, LEFT SIDE, MARIA
コード進行とサイズは共通でアレンジと歌詞とメロディーはRIGHT SIDE,LEFT SIDEが各々作ってくる。

お互いの曲のお披露目が終わった時点でMARIAで一曲。

とか面白そー。

ま、これは置いといてMARIA内での対バンとか良いと思いますので是非プロデューサーやスタッフの皆さんはこのアイデアを膨らませてあげて欲しいですね。。




スポンサーサイト

別窓 | MARIA | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『YOU GO!~ We are Maria~』レビュー 7.h@ッちゃけ | dear re:zone(C) | 長瀬実夕 in セルシー中央>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| dear re:zone(C) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。