MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
~小説~ 摩天楼はバラ色に 3
TAKE-YOUが現役復帰。

他社の開発者を持ち上げるのもなんだが

EZONの要と言われながらも突如業界を離れ沈黙を保ってきた彼女が今年の4月にカムバック。

インディペンデントでひとり開発を進めているのかと思いきや

インディー魂楽の手練れ空気暗号社のサポートを獲得し

現在までに2度のDIVEイベントを開催し

来る7月27日にも魂楽のメッカである東京の渋谷でDIVEが決定している。

その空気暗号社が自身のブログで7月21日に重大発表をするというのである。

いま私はNANIWAの戦略に没頭しなければならないのではあるが

同業種の動向を観察、分析することは大衆の心理をとらえる上でも重要なことと考える。



重大発表と言って内容の発表時期を後に持ってくる意図とは?

今年を区切りに大御所のザザンが活動休止宣言した。

この場合は発表と同時にその内容を明かしたわけだが。

このようにマイナスイメージの強い休止宣言を引っ張ってしまうと大事になりすぎてしまう。

発言力の強い集団であるがゆえに誰もがその内容に注目してから発表するよりは

発表後人づてに伝わるぐらいが事を荒立てずに済むのである。




では空気暗号社は何を発表するつもりなのか?

フロントマンでイニシアチブをとっている方のブログでは

ベースサーバー担当の方とあたかも確執があるような文章が掲載されている。

本当にそうなのか否かは我々では関知できないため推測の域をでないが

人間とは通常、自分にマイナスとなる行動は取らないものである。

言明をさけたり、それについては何も公開しない場合

デメリットではなく何らかのメリットが隠されているケースが多い。

TAKE-YOUがEZONから脱退したときも内容は即日公開であったし

再活動から一転再び休止宣言の時もそう。

即時公開のところにはマイナスの情報(活動休止報告)が含まれていたけれど

その公開内容で濁した部分にはメリットがあったはず(再々活動)

とするならば。

確執っぽい言動が作為的に見えるだけで実は偶然が重なり

後付けで「ドッキリ的」なエンターテイメントに変更した可能性が高いのではないだろうか。

書いている本人も途中から気づいたのだと思われますが。

それに気づいてからの文章にはプレイガールが軟弱な男どもをさも気があるように誘惑する導線が見受けられる。

ほかにも理由になりそうなものはある。

メジャーとインディーの注目度の差。

その発言によってどれほどの効果があるのかということ。



であるからして、TAKE-YOUのサポートを経て脚光を浴びつつある空気暗号社が発表したいことがマイナスでは何らメリットが無い。

ではその内容とはいったい何だ?

マイナスならメンバー内確執により活動休止的なものかもしれないが。

それは安直すぎるので論外。

一番メリットがあるのは新レーベル立ち上げ。

これではなかろうか。

もしくはTAKE-YOUwith空気暗号社の正式活動計画。

レーベル立ち上げならばしがらみもないし、TAKE-YOUの魂楽も同レーベルから発表となればサポートもしやすい。


そして、業界に太いパイプをもつHENDERの真上氏も彼らの後方支援にまわっているという噂も聞くし、そのために積極的に業界関係者とコンタクトをとっていたのかもと推測すると納得もいく。

ハッキリ明言してない部分のほうが実は重要なんてのは世の常か。

以前、TAKE-YOUが「ハニー」と発言した事に憶測が飛び交ったが

ハニーの正体はEZONの元メンバーWIZUNOじゃないか?

これはTAKE-YOUの口からつい出てしまった的なものだが

偶然にも公開されていた情報が推測し導かれる答えに真実みを与えてしまい。

TAKE-YOU本人は正体について即時明言を避けるが質問のあしらい方に余裕があったため「WIZUNO」ではないなと私は思った。

しかし、あの時点ではひっくり返す根拠がなかったのも事実で

つぶさに調査をしていくとその根拠なるものを発見し私の推論は確信に変わった。

しかし、いろんな状況が重なるとフェイクがあたかもリアルになってしまうところは情報社会の恐ろしさか。

前出の理論からいくと、聞かれて困ることは言うわけがない。



何も問題はないのではと思われます。
スポンサーサイト

別窓 | 摩天楼はバラ色に 小説 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<~小説~ 摩天楼はバラ色に 4 | dear re:zone(C) | ~小説~ 摩天楼はバラ色に 2>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| dear re:zone(C) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。