MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
『YOU GO!~ We are Maria~』レビュー 8.キラリ夏
キラリ夏

作詞 あゆか 作曲 舞衣子


ZONEや長瀬実夕さんは冬がモチーフの曲があるのにMARIAには一曲も無いのに夏の曲が2曲も入ってるなんて結構不思議な感じがします。未発表にX'MARIAてのがあったな・・。

冬があんまり寒いもんで夏が死ぬほど待ち遠しいという北海道民性なのでしょうか(怒らないで)

私も季節の中では夏が一番好き(要らぬ情報)ですが、アルバムの発売時期にもよるかもしれません。今年のアルバム発表はなさそうですし来年となると春か夏・・でツアーというサイクルになると冬や秋はどこかで作業を詰めないとだめですね。

こういう歌詞を聴くと私みたいな汚れて汚れて汚れまくっている人間はライブにいってはいけないのかなと思ってしまいます。歌詞がピュアすぎて口ずさめない。(笑泣)


やはり実年齢12~18才くらいのヤング(それがダメ)にライブはおまかせしたほうが良いのかと。。

でも曲を聴いてるとベースラインがどうも愛華さんの実年齢を醸す等身大のフレーズではないように聴こえます。

音だけ聴かされると愛華さんの可愛らしい笑顔ではなく、ベース好きのおっさんが笑顔でベースを弾いている姿が浮かんでしまいます。(笑)もっと可愛らしいパターンがあるとおもうのですが。ベース達者過ぎというのはいいことなのですけどね。ベースがキャピキャピしてるよなアレンジとは難しいかもしれません。そういえばMARIAのツアー大阪公演のMCで愛華さんが「オヤジ臭い・・」という内容の話を始め、人数にして5割強(私も含み)その年齢に片足つっこんでるファンのみなさんドン引き。苦笑い。。彼女に悪気などないので切ない感じでしたが。横で舞衣子さんが「コンナトコデナニユウネンコイツ」みたいにあせった表情してたのが面白かった。


MARK KING/SLAP SOLO

見てもどうやっているか解かんない(笑)

愛華さんの声が結構太くてロック向きなのではないかと思うシーンがありました。ポップスの歌い上げる感じの曲には不向きかも知れませんが速いテンポでシャウトするような曲でキーが合えば結構化けるかも

また紹介ですがMARIAの好きです北海道ここの10/16のトークでの発声の雰囲気だけで推測しているのですがいかがでしょう。

「MARIAの野望

凄~い

野望&凄いのところで声がグシャっと歪むとことかは

「おっ!!」

結構男らしい声ですね~。と思わせてくれます。

彼女はかわいい曲よりはカッコイイきょくのが似合うかも。。



スポンサーサイト

別窓 | MARIA ZONEの曲レビュー | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<MIZUHO脱退の真相について考えるPART.1 | dear re:zone(C) | 『YOU GO!~ We are Maria~』レビュー 7.h@ッちゃけ>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| dear re:zone(C) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。