MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
熱帯低気圧発生 
ファンによる超巨大な熱帯手気圧「re:zone」が発生いたしました。こわ~

MIZUHOさんみたいに芸能界に一番適合性のある人がリタイヤ。

その彼女が復帰を望んでいても不思議ではないですし

辞めたくてやめたのではないということもそういう期待へ繋がります。

私が考えるre:zoneはTAKAYOさんをはじめ

個々の心を再領域化することが一番と考えています。

つまり既に業界に復帰している人達や

今だリタイヤ中の人たちが

各々自分たちの立ち位置を確保出来るようになって欲しいというのがまず前提です。

で、その副産物としてre:zoneがあるのだと思っています。

そしてその可能性を引き上げるための順番と必要条件というのがあるのだと

このブログでは考えてきました。

そういう意味で

TAKAYO→MIZUHO→TOMOKA→MAIKO→MIYU

この順番で心を救っていく必要があります。

なんで衝撃的ではありましたが順番は間違ってないと思います。

ですが順番だけでなく条件も満たしていかないとだめだと思います。

インディーズのミュージシャンが音楽だけで食っていけてるのはほんの一握りです。

てことは何らかの副業はやらざるをえませんが

TAKAYOさんがどこかでバイトするわけにもいかんでしょう。してもいいけど(笑)

普通はしますけど、でもいろいろあるじゃないですか。

てことはインディーズであっても副業なしでやっていけるぐらいの

ビジネスセンスは必須ですし、音楽的にもそれぐらいの成功は必要になると思います。

TAKAYOさんが音楽を楽しめてなおかつ評価もついてきてというのが再領域化達成の条件だとするならば

それがTAKAYOさんに果たせればMIZUHOさんの復帰もありえると思います。

でなければTOMOKAさんの復帰も難しい。

MIZUHOさんはひとりでも出てこれる気性ですけど

TOMOKAさんはどこかでユニットとかソロとかというわけにはいかないじゃないですか。

はじめの文とは矛盾しますがTOMOKAさん復帰には再結成という口実が必要になってくるので

その辺がもうどうにもこうにも悩みます。


そういう順番と条件をクリアせずにMIZUHOさんだけ復帰してしまっても

MIZUHOさんとTAKAYOさんへの風当たりが強くなるのは必至です。

ファンはメンバー全員が好きという人もいればそうでなくご贔屓の人もいるわけですし

込み入った理由の有無に関係なく解散の原因になったであろう二人に

良い印象を持たないひとも出てくると思います。

どうせならメンバー全員に「お帰りなさい」とファンから祝福の言葉をかけてもらって欲しいです。

ですから色んな行動をおこすタイミングはとても重要ですし

MIZUHOさんとTOMOKAさんはほぼ同時期が好ましいですし、その時点でMARIAはある程度の成功を収めている必要があります。


そういうこと全部踏まえた上で少し勇み足だったような気がします。

それはTAKAYOさんの行為というよりも整備されてないスタッフとか自衛手段とか

ファンの自制心についてです。


フィレンツェ大聖堂落書き問題はご存じかと思いますが。

落書きはあの学生さん達だけでなく壁一面に無数に存在します。

世界遺産の壁に「落書きはしないように」と美観を損ねるような

注意書きの看板など貼り付けるまでもなく当たり前のことだと普通はおもいます。

しかし、落書き自体がダメなことは倫理として分かっていても

ある条件下においてはその倫理が無効化されてしまいます。

それが壁に書かれたひとつの落書きから始まり

落書きで埋め尽くされた壁を見て自分も書いてもいいのだと

正当化する理由に繋がるわけです。

これは人間全員がもつ心理なのでこの事件に限らず

どこかで違った形で行われていることでしょう。

それが今回のMIZUHOさん登場に例えるなら

コメントにZONE再結成してください

MIZUHOは最近げんきですか

TOMOKAさんはどうですか


などなど一つのコメントを見て本当なら自制するところ

みんながしてるから自分もいいかとさらにエスカレートするかもしれません。

金銭の受け渡しが発生する関係である以上

そこに倫理でもってスタッフがファンを叱るという行為はできません。

友達同士ならお互いに注意しあえますけど。

繰り返されるリクエストと

何気ないコメントに攻撃性が含まれてきた時に防衛する手段がありません。

これはファンを信用しているのではなく無防備であるだけです。

信用とは自衛出来る人が自分の懐に招き入れる行為で

腹を割って話せる関係を構築するためにも必要です。

犬がしっぽを踏まれたときに飼い主にでも吠えたり噛みついたりする本能的な行為です。



たとえ攻撃されても自衛手段を行使できない

ファンとアーティストという関係である以上

懐に招き入れるならば条件づけをしなければ

大聖堂の落書きやや石油問題、反転途上国の環境問題みたいに

規正しなければ際限なく権利や物質を搾取し続け

アーティストを応援してるつもりがその心をへし折ってたなんてことになりかねません。

そこは気をつけてほしいと思います。

ちゃんと防衛できる手段があれば

だれにも恨みも怒りも持たずに済みますから。



スポンサーサイト

別窓 | ZONE | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<盛り込みすぎ | dear re:zone(C) | a crucial point パスワードはあれです。少々シモネタあり(笑)>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| dear re:zone(C) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。