MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
20080727 渋谷FAB MIZUHO&TAKAYO再領域化確認完了報告書
渋谷FABへは、6時半に到着。ヤヴァイおくれた~。

急いで中に入るとひとりめの演奏がちょうど始まるところだった。

オーディエンスの入りが「3・・百人?」

ざっと見て300人おるかも。やば~キャパ200の箱ですよ~(笑)

一人目と2人目は打ち込みと生演奏の融合スタイル。

3人目は生バンド。

4人目は言わずと知れたTAKAYO with air code featuring MIZUHO

オケと生演奏のスタイルがいけないわけではないが

一人目からだんだんと舞台映えしていったように思う。

airあややでも感動できるのでオケのせいではないのでは。


エアあやや

ステージが始まる前のセッティングの時にステージ上にミュージシャンらしからぬ

屈強そうな漢が。。。場所間違えて入ってきたのか。と思いきや。真家さん(笑)

デッか~(笑)総合格闘技の選手か!

ヒョードルみたいなんやもん。

しかし、このあと目の前で繰り広げられる夢舞台はさながら戦場。いろいろな想いが交差する。

前者二人は客の大入りにとまどって緊張してるのを感じました。前の三組がBB弾ならTAKAYO with air code featuring MIZUHOは

実弾 反則です。

「何!このかっこよさ」

「かっこえー」

「たのしー」

口に出したか心で思っていたか忘れたがライブ中ずっとグルグル回ってた言葉。

ステージは「over drive」で始まる

2回見て分かったこと。air code凄いわと。上手いだけの奏者はいっぱいいてるが

キテル演奏ができるのはそうはいない。このドラムのバスドラ最高。

喉ぼとけと心臓の間をずんずん突いてくる重低音。

歌詞が聴き取りづらいのはこの超爆音ドラムのせいだが(笑)歌詞の意味なんかどうでも良い。

感じろ感じろそれ感じるべきだろ。by永井佑一郎

永井佑一郎

音程もビートも歌詞も一体化した弾丸が飛んでくる。

頭で考えてる暇などない。パンパンスパパン

この表現が大げさかどうかは参戦した人に聴いてみればいい。


数えるぐらいしかライブしたことのない人間のパフォーマンスじゃない。

そら14~5才で30才に見えるわ(笑)

「生まれつきカッコイイ」

そんな人間。

それもこれもair codeの演奏あって倍加されてるということは言うまでもない。

(アーティストとして扱う為あえて、さん付けしないで書いてみる)

TAKAYOの絞り出す歌詞とメロディを具体化するアレンジ

MARIAやZONEのようにスキルによる制約を受けないため高次元の作品となっており

今ここに来てZONE越えをしてしまった印象さえある。

9/17に全国発売されるair codeのアルバムにコーラスで参加した曲を演奏をツインボーカルで披露する。

洒落てる。ストレートなロックだけでなくお洒落センスまで見せつけられる。

曲紹介の時に

「9月17日にあの~CDが・・出ます・・・air codeの」

というと前列のファンが

「え~!!」

どんだけひどいことゆうねん(笑)

松村豪「おいおい今日ぐらい味方でいろよ」とファンにつっこみ、笑に変える。

TAKAYOとair codeコラボソング「カフェテリア」

これ聴きたさに買ってもバチは当たらんでしょう。

やっぱり「blue bird」かっこえ~

青いライティングも手伝ってさらに高まる高揚感。

どこをとってもTAKAYOの声。聴けばそれと分かる彼女の声。これが聴きたかった。

年甲斐もなくガンガンにノせられて体が痛い。(笑)

第一幕も終わり

ちょっと声がかれてる。わ~い!

そこまでやるタイプの人間ではなかったはずなのだがやってしまいました。

「たっかっよたっかっよ」「みっずっほみっずっほ」

アンコールでやっちまいました。

集団心理ってこわいわ~。

暗転したステージでドラムセットに着くのは

「お~御大(MIZUHO)」


あ~このイントロは

「証」

よくがんばった~

あの超爆音ドラムの後で叩かされる身にもなれよ的ではあるが

MIZUHOらしいドラム。

「3年のブランクはきついわ」とは本人の談。

演奏がどうとかよりステージの上で笑ってる二人を見たことの充足感

その場全員が満ち足りてた思う。

会場全体「えらい笑とるでおい!」みたいな状況がラストまで続く。

いろんなことがはじけて消えた。まっさらな空間。すがすがしかった。

ステージ上の笑顔はそんな気持ちにさせてくれた。

MCではZONE解散後、MIZUHOからTAKAYOへぐいぐい連絡を取ってたらしい。

だがTAKAYOはずっと拒否ってたみたいで。(笑)

TAKAYOにすれば迎えにいくから待っとけということだったのだろうが

MIZUHOは10年隠れるつもりだったが実はすぐにでも帰りたくTAKAYOに猛アタック(笑)

3年で帰ってきました~。

カッコイイ返り咲き方をしてMIZUHOを迎えにいこうと考えていただろうTAKAYOの気も知らず

実家にまで電話をかけてたという話に笑ってしまう。(彼女らしい)

ここでのMCでわかったことはやはりMIZUHO復帰にはTAKAYOが必要で

それはMIZUHOもTAKAYOも分かっていたようだ。

ZONE CLIPS3 笑顔日和のメイキングでスタッフから贈り物と贈る言葉をもらったときに

MIZUHOは「本当にスイマセン、ありがとうございました」と言って泣いた。

ありがとうございましたの意味は分かる

でも「本当にスイマセン」

やはりここにMIZUHOの本音があったのだ思う。

わたしは3年間心は折れたまんまなんだと思っていた。

だが、なんのことない。すぐに修復しようとしてTAKAYOへラブコールを送っていた(笑)あなたってそういうとこある。(笑)

TAKAYOはTAKAYOでMIZUHOが何か知らんけど追っかけてくるは

世間からいろんなことゆわれるはで

てんてこまい(笑)今となっては笑い話って事で。

すこし順番は前後したが二人の心は救済されたようだ。

そして、その前後したことでのデメリットもあるがメリットも出てきた。

MIZUHOが作詞をしているのである。

「Gossip Girl」

TAKAYOが十年来の腐れ縁と語っていたが相性は抜群である。

夜中に送られてきたMIZUHOの歌詞をみて

なんでこんなに明るい歌詞を書くんやと苦笑いだったようだ。

人間ってかわらんもんだな~みたいなことを言っていた。

またこの曲が結構良い(笑)

出来上がった曲はまさにMIZUHOを体現したような曲で。面白い展開でキャッチーで最後はハチャメチャに盛り上がるキラーチューン。

作曲がTAKAYOでair codeがアレンジ。

この分業性はイケると確信した。これはZONE時代のパズルのはまり具合と酷似している。


それはさておき


一見病的に痩せて見えるぐらいほっそ細いMIZUHOが「夏やせしちゃった」

と言ってたことに宮沢りえを思い出したりもした。

しかし、ステージ上の彼女は周囲を明るくする独特の空気感は未だ健在。

氣志團が好きなだけあって永遠のシックスティーン セロニアス翔ヨロシクとばかりのエンタメ気質には恐れ入る。

曲中ずっと乱舞する二人。「あら楽しい」

そうこうしてると「Gossip Girl」が終わり出演者がはけステージ終了。

もう一回ぐらいアンコール言うてもいけんたんちゃうかと思ったが皆、満足していたので

それはそれで良かった。

物販のところには目の感じがよく似た女性が

だれかの妹さんか?と思ったがそれはええか。

ライブ中のMIZUHOの「買って」の一声でステージ終了後、売れ残りのTシャツは完売(さすが)

air codeのアルバム買って渋谷FABを後にする。

帰り道

「やばいやばい」と

独り言を言いながら帰る自分が一番やばかったのでは

今ふと思った。

帰りの高速バスを待つ間3軒の飲み屋をまわりビールをいただく。

うまい

うますぎる。

バスに乗って消灯してからも中々眠れず。(笑)



高速をひた走る真っ暗の室内から見える景色がゆっくりと流れていった。

MIZUHOとTAKAYOの再領域化確認完了。
スポンサーサイト

別窓 | ZONE | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<渋谷FAB MIZUHO&TAKAYO フェスタ 後夜祭 | dear re:zone(C) | >>
この記事のコメント
はじめまして。 mixiから飛んできました。
2週間前に熱中症にかかり、日曜のFABには参戦できませんでした。
レポ、とってもありがたかったです。 心境までシンクロした感じです。

aircode評価してくれる人、少なくって、さびしかったです。 TAKAYOに完全に合わせたり、自分らしさを保ったまま合わせたり、相当の手垂れですよね。 ボーカルがイケメンだったら、アジカンとか抜いちゃうかも知れん。 彼に悪いか。

reZONEさんと私、感性が似てるようです。 デスクトップにアイコン作っちゃいました。
これからも、ブログ、楽しみにしてますv-221

p.s. mixiの方で、貴殿のお名前間違えちゃいました。 すみません。
2008-07-29 Tue 01:16 | URL | Hiro #SFo5/nok[ 内容変更]
一生後悔
TAKAYOさんの警告通り、一生後悔です。
お疲れ様でした。そして早速のレポありがとうございました。

MIZUHOただでさえ細いのに夏やせって大丈夫か~と思ってしまいました。
酒は控えて、栄養とれよと言ってあげたいです(笑)
2008-07-29 Tue 19:01 | URL | futashizuku #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| dear re:zone(C) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。