MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
TOMOKA~超えるべき山が高いほどあなたは天に近くなる~
私の推論でもTOMOKAさんの現状はかなり逼迫したものと考えておりました。

それはTOMOKAさんの朗読された「夢」についての詩がマイナスのイメージだと、私が思ったこと。

もう一つは2005年の最終ツアーの時にTOMOKAさんがZONEのメンバーから選考漏れしたあとの5人から4人体制になったインディーズ時代の苦労話をTOMOKAさん以外の3人で盛り上がるといったレポを拝見したことも一つの要因であります。

それは最終ツアーの全公演で設けられてたMCの内容みたいでした。

ステージの上で3対1で話題に入れず、ポツンと取り残されたTOMOKAさんの姿が文字を通して私の目の前に浮かび、その時のTOMOKAさんの気持ちを思うと切なくて「これは例えre:zoneの話が持ち上がっても彼女はダメもしれない」とそう思いました。(勿論、他の3名に悪気などないですがその辺りの若さゆえの気の回しが足りないところをスタッフが指示しなければならないのではと思います。)


そのライブレポを書かれた方もTOMOKAさんがステージ上で孤立した雰囲気があったと描写してらっしゃいましたので、たぶん最終ツアーに参加されたかた全員が「その話題はかわいそう」と思ったはずです。

その辺、たしかに下積み時代を振り返って話に花が咲くのもいいかもしれませんが、もしもその類の話をするならばTOMOKAさん加入後の話とかという配慮があってもいいと思います。

TOMOKAさんもライブは楽しかったと思います。

でもそのMCの時間が来ると憂鬱な気分になったんじゃないかな~と凄く切ない気持ちになります。


自分はバンドの一員だと思ってきたのに、そのMCの瞬間、メンバーになりきれてない自分がいる。

その時だけはメジャーデビューしたZONEと彼女が参加するまでに出来た、埋めようのない時間の大きさを凄く感じたと思います。

それが武道館の最終公演までつづいた。

これは正直きついと思います。

RUNTIMEやSONYも確かに彼女達の為に頑張ってくれてたとは思います。

しかし、そういう精神面の配慮でずさんなところが見受けられます。

オーディエンスが見てそういう風にとられるわけですから

初日が終わった時点でMIZUHOさんなりを呼んで「TOMOKAが入れる話題にしなさい」

と注意すべきだったと思います。

[Z] [O] [N] [E]

ZONE CLIPS3の笑顔日和のメイキングで各メンバーにZONEのアルファベット1文字づつを渡し、「このアルファベットが4つ集まってZONEだからね」と解散を発表したメンバーにスタッフからペンダントをプレゼントされているシーンがありますが。

たとえそういう集結するような時がきたとして「TOMOKAがいないとZONEじゃない」と他3名が言ったところで、最終公演でそんなことがあって、はたして彼女の心は開かれるでしょうか。


ZONE解散後とくに自分が拒絶されたという感覚を受けたわけでもない長瀬実夕さんですら
放心状態が長くつづいたわけですから、TOMOKAさんの気持ちを考えれば、それはもう再起不能なのではと思ってしまいました。

RUNTIMEがビジネス的な面でのんびりしてるのはまあしょうがないかなとも思えますが、こういう精神面の配慮は本当に気をつけてほしいです

TOMOKAさんの最後の日記

しかしながら、彼女の4月2日の最後の日記に書かれた1行にわたしは希望を見出しました。


またぃっか皆サンに会ぇます様に…


彼女はZONE一のヌケキャラということをわすれていました(嘘嘘)

彼女はそれを悪意にとるような人間ではなく海のように広い心をもっていたということをこの一言は語っています。 (夢の詩のこともあったし深読みしすぎでした、他3名がわざとじゃないにせよ寂しい気持ちになったとは思いますが。)

そんなことより彼女は来るべき時にもう一度唄う気持ちがあるということがこれでわかりました。

もしも、武道館が自分のキャリアの最後であると彼女が思ったならこの言葉はないと思います。

ただやはりそうは言っても解散後は長瀬実夕さんと同じ状態にあったと考えられます。

TOMOKA 1月6日の日記

彼女がZONEに入れたことの喜びとメンバーやスタッフへの感謝の気持ちをつづっております。

彼女もまた再びZから山の頂まで登る気持ちを持ち続けていると私は考えます。


スポンサーサイト

別窓 | TOMOKA~超えるべき山が高いほどあなたは天に近くなる | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ZONE/MARIAに聞かせたい 音楽よもやま話 | dear re:zone(C) | TOMOKA~超えるべき山が高いほどあなたは天に近くなる~>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| dear re:zone(C) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。