MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
KISS THE FUTURE
>なおじろけんさん

おひさしぶりです。


C-C-B再結成秘話

梅田のアムホールですね。

定員370のところに500も入れた。笑

やっぱり定員以上入るんですね。てことは渋谷FABもBIGCATもリキッドルームもそこそこ入ってるてことになるわけで。よかったよかった。



リップサービス(不仲説)なんかも自分から言えちゃうぐらい心は繋がっている


3:20辺りで関口さんの心境が聞けます。

こういう残された映像と自分自身の体験、音楽関係に身を置く知人など

色々なことを総合して推論しています。

本人の口から出てきても、こういう映像の実の部分はどこまでで虚の部分はどこか?

それも考えます。

それは自分に置き換えたり身近な人の体験に当てはめると

ほぼ例外なく皆同じ心境になると思ってます。

逆説で言うと

彼らの状況が私や私の知人が過去体験した環境に酷似していると

彼等は私の視点を見ることが出来ると言えます。

とするならば

過去の自分の視点が彼等の見てるものと同じではないか?ということを推論の一材料として組み込んでいます。

>この時期の朝香さんの復帰に・・・・

えらい飛びましたね。笑

その辺り、私の見解を述べさせていただきましょう。

>みずほさんが朝香さんの復帰をお膳立てすべく尽力していたと思っていたのですが・・・・

とありましたが。

多分そうだと思いますよ。

勿論それを朝香さんが公に言うことはないでしょう。ファンの方々がにわかに殺気立つでしょうから。

一番身近な存在として彼女のお母さんの尽力が大きいと思います。


20080513渋谷FABで復活したTAKAYOさんが

その後MIZUHO祭り詳細をMIZUHOさんに打ち明けたとしましょう。

やっぱりそこでMIZUHOさんが気になるのは朝香さんの存在だと思います。

C-C-Bの関口さんやあみんのはこさん

脱退を申し出た人間の心情として自分から何かしようという

発言権は持っていないわけです。

その心の内を同じとするTAKAYOさんとMIZUHOさんだから

ランタイムの門を叩くことはありえないのではと考えます。

自分で自分を許せないでいるMIZUHOさんを

一回の土下座で済むもんでなく「長い活動を通してみんなに許してもらったら」と

背中で語れる人なのではと思います。

MIZUHO祭りが例えちょい役だとしても、表舞台なわけですから

その前にやらなければならないことが

MIZUHOさんから朝香さんへ連絡だと思います。当時、脱退を自ら申し出たMIZUHOさんが

それなしで朝香さんを差し置いてステージに上がるような人じゃないです。(お調子ものですけど)

そこでTAKAYOさんにも言ってないかも知れない、あの時の心境を朝香さんには

話したかもしれません。電話でなく直接であればなおさら響いたと思います。

「3年ぶり・・わぉガリガリやな」

当時MIZUHOさんが背負ってたリーダーとしての責任の重さとか

その後の彼女の胸の内などもろもろ

ひと目会えば十分でしょう。

自分はランタイムへは帰れないけど。。。もう一回やろうよ。という話だったのかな~と。。。(真家さんみたいな書き方やけど:笑)

MIZUHOさんと朝香さんの復帰はやっぱりほぼ同時なんですね。

彼女達がソロ活動を再開するきっかけというのは

事務所や部外者うんぬんがどれだけ推し進めようとも

彼女達の心の部分が解決しなければ動けないのではと思います。

本当のとこはもちろん解かりませんけど

私はファンとしてそういう風だったら素敵とか思っちゃいますけど。(推論は無料です。)


解散してしまったバンドが気持ちの部分で離れていないのなら、そしてメンバーが全員生きているならば、復活の可能性は0(ゼロ)ではないですよね?そんな奇跡を信じれる近頃です。むしろそんな奇跡を見てみたい今日この頃です。

Z○N○があの四人を望むのであるならば、BPGだってあの四人だろ。


これはair codeの豪さんの20080720の日記の一文ですが。

彼はあんまりZONEについては詳しくはないと自分でおっしゃっていらしたので

どこまでメンバー構成とその歴史を知っているかは解かりませんが

これは公に出てる情報とは別に彼だけが知りえる情報で書いた一文かもしれないということで取り上げました。

普通に考えて脱退組のTさん&Mさんが主導権をもつことはないでしょうから

この場合、考え方としては脱退したのは事実上TAKAYOさんだけで

厳密にはMIZUHOさんは脱退ではないですから

TAKAYOさん抜きで の4人という考え方なのでは?と推測します。

でもこの時点で公に朝香さんの詳細は不明。

ですが事の成り行きを真家さん他スタッフやMIZUHOさんと談話が進む中

その可能性を知りえた人物がair codeの豪さんであるのでは?とか。。

そして、私が渋谷FABで感じたのは音がもうZONEを追い越して

TAKAYOさんの心の中には自分がZONEにとってMIZUHO祭りのMIZUHOさんのような立ち位置だと感じているのではと思いました。

その辺りの心境を談話の席で述べてたかも知れませんのでTAKAYOさんを除いて朝香さん復帰の件もクリアしていたのでつい書いてしまった。。。。。とか(これだけ見てもどうかは解かりませんけど。)

そういった話題もミーティングと称した呑み会で・・こら

いやれっきとしたミーティングで出たのであるなら

20080901の助走は始まっていたかもしれませんね。

本来ならコレをリアルタイムに処理できればよかったんですが(無理やわ)

とかいう感じなら前向きでいいんとちゃうかな~と思いますがいかがですか。
スポンサーサイト

別窓 | TOMOKA~超えるべき山が高いほどあなたは天に近くなる | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<<EVERYONE'S A STAR | dear re:zone(C) | >>
この記事のコメント
No title
いつもいつも、頭が下がります。
なるほどと、目からうろこ・・・。

あつかましいですが、小生のブログにリンクを貼らせてください。

よろしくお願いいたします。
2008-09-02 Tue 23:13 | URL | なおじろけん #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| dear re:zone(C) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。