MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
リサイクルショップ
フェンダーの名機「THE TWIN」をスタジオでもハケーンして

喜んでいたら

なんと、家の近所のリサイクルショップにも
5961164011.jpg
\49800なり~

安いな~

真空管とか状態によるけど

あの音が問題なく出るのなら欲しいところ。。赤ノブがいいんやけどな~

24kgほどあるという超重たいアンプ。

家に置くところも鳴らすこともなかなかできませんが。笑

だれもこのアンプの良さを知らないはずなのでほっといても売れへんかな~ととりあえず様子を見ることに。

ロゴがフェンダーでなくSUNNなのね。OEMだったと思うけどその辺はわからない~。




くちこみ1000人

1週間でどれだけ口コミできるか?

これをみればわかりますが

口コミをさせるための大事なことが抜けてます。

その情報を外に流すために体験を情報提供者に与えていないし

1週間の猶予期間も営業するならまだしも

結局1日と同じであること。

この情報と同じ情報や噂の類を他の場所(異なるメディア)から入手できないこと。

「人間は異なる場所で3回でくわすと興味が湧く」

その他あげれば口コミできないことは容易に想像できる。


そして、ランタイム系アーティストの今後の展開。

ミュージシャンがコツコツとやらなければならない部分とビジネス的な部分とを上手く混ぜ合わせなければヒットは簡単には生まれない。

その辺りの考えがランタイムやソニー、ひいては真家さん率いるair code、TAKAYOさん達にあるのか?ということ。

私の見解では”なさそう”です。

ビジネスと音楽を同時に処理できていないのはブログなどの物言いで容易に想像できます。

「売れ線」とか「商業ロック」とか

こういう言葉があまりすきではありません。



結果「売れた音楽」であって「売れる音楽」なんてあったら売る側の人間は仕事しなくて良いわけです。

商業ロックとかは当初意味合いが違ったらしいですけど

今現在は語感に皮肉が含まれて使用されていると思います。

ピュアな生産者であればあるほど売る時に

買い手に何か求める傾向にある。

それは何か?

「この商品の良さは絶対にわかるはず」といった

商品の能力を過信した売り手発想。私達、素人にわかるのは大味の部分だけですよ。

たとえばシングルの購入者を例にあげると

購入者のほとんどが音楽のなんたるかやミュージシャンの活動の内容に興味あって買うのではなく

シングルが自分に対して何をしてくれるかが明確であることが購入のポイントである。

私達一般の音楽を生業にしない人間は

お金を出す時点でどれだけ実入りがあるかどうかが大事。

ファンとしては考えさせられるお話ですけど。。

どんな作品を出しても長い活動の中の一つのこととして全作品を買い続ける

ということは稀だと思います。

私の今のランタイム系アーティストへの関わり方としてはミュージシャンの活動内容に興味があるのであってそのシングルや作品が自分に与えるコストパフォーマンス云々で購入してはいません。

ですが

一般論としてそんなことがありえるかというと。。ないと思いますし、する必要もない。

音楽をやってる人はそこを求めてしまうのでしょうけど

ビジネス的見地からすると購買層になにかしてもらおうという時点で仕事が出来てないと思います。

頭を使っていない。

「言わんでもわかるやろ」は通用しない。

お客様は常に完全受身である。

ランタイム系はその辺りの徹底さに欠けるように思えます。

とりあえず就職しましたみたいな仕事っぷりや思慮浅く甘い考えの方が多いように思います。(このぐらいは言わせていただきましょう)仕事が出来るか否かは結果が全てなので。

現在の状況はファンである私の満足できるような状況ではありませんが

ファンとして最大できることをやっていきたいと思います。
スポンサーサイト

別窓 | ZONE | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
<<アコースティック or ロック? | dear re:zone(C) | MARIA ニューシングル>>
この記事のコメント
僕の場合「活動内容への興味」は半分か半分以下で、やはり「音楽」などを目的をしています。(全くないとはいえませんが)
ギターを始めてからはinstrumentalやDVDで演奏しているのをみたりするのが大好きになりました。

結論は「彼ら(彼女ら)の”音楽”が自分に与えてくれるもの」を求めているのかなと思いました。
僕は管理人さんの意見に同意することが多々あるのですが、そのへん、やはりZONE。。etcに対して考える内容が似ているのかなと思いました。(僕はぜんぜん浅い考えですが。笑)

もう眠いのでここらでよしておきます。
あ、あと、また自分で書いたのに良くわからない内容になってしまいました。反対意見は書いたつもりはないのでなにか気に障るところがあっても気にしないでください。

2008-09-23 Tue 23:21 | URL | しゅう #-[ 内容変更]
こんばんは、久々のディア・リゾンさん節ですね。
私はおっしゃるところの意味を良く理解できます。
もうずっと、ずっと前から書き続けていらっしゃいますからね。
自分もブログをやり初めて良く分るのですが、こういう記事ってすごく時間がかかるし、
読み手のことも考慮して言葉を選んで書かれていると思うと、本当に頭が下がる思いです。
結構パワーがいるんですよね。

私は正直この手の記事を書くのもしんどくなり、書いても記事としてアップできないので、
もう書くこと自体に躊躇を感じてしまっています。
それでも今日、MARIAの新曲の発売実数を知ることになり、
発売前から予想はできていたものの、何ともやりきれない気持ちでいっぱいになりました。
やっぱり言い続けないといけないのかな、大切なアーティストだから、
ずっと彼女達が大切にしている音楽を続けさせてあげたいから、
時には悪役でもかまわない、近くに耳の痛いことを言う人がいないのなら、
遠く離れた場所からでも言わなければいけないのかなと、あらためてそう思う次第です。

ライブ活動もほとんどない今、自分が応援する彼女達の動向は、
彼女達のブログぐらいからしか知りようがないのが現状です。
それゆえ元気そうにしているのなら、食べ物ネタでも、
出かけ先の話題でも何でも構わないんです。
しかしながらその言葉のはしはしに、ちょっと言葉を選んだらと思わずヒヤッとする瞬間があります。
別に事務所に検閲的なことを求めるのではありませんが、
自分達の現状を差し置いて、あまりにも能天気的な記事が続くと
コメ欄に一言がつんと言ってやろうかと思うときもありますが、
コメ欄が荒れるのは本意でないので、控えております。

彼女達をはじめ、ランタイムやSONYに欠けるもの、
それは伝えることの重要さであることは、ディア・リゾンさんも記事にも何度も示されたことでしたね。
それを今も書き続けなければならないことを思うと、私もすごく憂鬱な気分になります。
そろそろプロであることを、職業で音楽をやっていることを自覚してもらわないと、
ますますシングル発売の間隔は開くばかりでしょう。
作った作品に魂を込めた、それだけでやることはやったと思ったら大間違いであることを、
なんで誰も言わないんでししょうかね。
いい作品は自然と伝わるなんて、妄想であることを気づくべきなのに。
もし仮に、どうして売れないんだろうと思い悩むことがあるのなら、
近くにいる人が言うべきなんですよね。
作品に魂を込めるのと同じぐらいに伝える事にも魂をこめろと。
目の前に優れた作品があっても気づかないのが世の常であることを自覚すべきであります。
いいものであっても世間に気づかれずに時が過ぎていくことは通常で、
作り手の気持ちも関係なしに、何事もないかのように世の中は動いていくもんです。
原因を探るのなら、まず自分達にあることから出発すべきだと思います。
ずっと音楽を続けて欲しいから、心からそう願う次第であります。
2008-09-24 Wed 00:23 | URL | 大阪の前ちゃん #-[ 内容変更]
ディアリゾンさんの見解、また、大阪の前ちゃんさんの書いたコメを読ませていただきました。

僕は今日初めてMARIAのNewシングルを聞きました。
異国にいると、CDの現物は入手不可なので、音源を自宅から送ってもらっています。

と、実際にCDを手に取れない僕も、毎度CDが出るたびに家族に頼んで買ってもらっています。
それが、自分なりの応援の仕方なのだと信じて…。
ライブとかは見に行きたいけど、都合上見に行けないことがほとんどだし。。。


ビジネス面で頑張るためには、"MARIAにあって、他のアーティストにはないモノ"が必要だと思います。
今のMARIAは未だに舞衣子の影響力だけで頑張っているところが大きいと思います。
今年のYAONも然り…。
これからのMARIAには、そーいうところでの成長を望んでいきたいです。

みんなに、もっとMARIAの音楽を知ってもらう。

そういう面では10月に学際で出演するのはいいことだと思います。
ただ、今年1年を通して見てみると…
やはり、ライブが少なすぎる。
何か事情があったのかもしれませんが、やっぱ少なすぎ。
夏ツアーなし、クリスタルもないとの噂も。
春ツアーつったって、公演回数は指で数えられるくらいだったっけな…??

ホント、今年ももぅ終わりなので、来年はもっとみんなにガンバってもらいたいもんですね。
実夕、朝香、MARIA、TAKA姉…。
2008-09-24 Wed 01:09 | URL | ちぇッこり #cYq3zJsc[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| dear re:zone(C) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。