MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
takayo~沈黙~
TAKAYOさんのblogが少しやばいことになってます。

TAKAYOがBlogの更新を怠っていることが引き金になってファンがブチ切れのカキコをし始めています。(怖っ)

あまりにもTAKAYOサンのことが好き過ぎて逆にウラミ節をカキコしているかたもいらっしゃったのですが。
可愛さ余って憎さ百倍てやつですか。。

メジャーとインディーズの違いがそこにでているのかもしれません。

メジャーはビジネスとしての基盤がしっかりしていてお客様第一的なことがきっちり出来ています。

現在であれば長瀬実夕さんの活動をみれば分かりやすいとおもいますがビジネスというものに乗っかることなく広まる音楽などないというのが世の中の真理です。きっちりお金をもうけるんだという意図があって私達のところまで音楽が情報が届くようになっているわけです。

TAKAYOさんのようにお金はいらないけど音楽をやりたいというスタンスで、しかもインディーズとなると当たり前のごとく身動きが取れなくなります。
そんなピュアな心をお持ちの彼女からすればblogの更新も定期的なライブもCDの販売もお金お金に思えるかも知れません。

しかし、世の中で自分のやりたい仕事に就ける人はどれほどいてるのでしょう。

やりたい仕事ではないけれど「やりがいを見つけて」働いている人がほとんどだと思います。

世の中の人は必ずナニカを売ってお金を得ます。

よく販売と生産とは別というようなことを聞きますが。
生産は綺麗けど販売は汚いというのはどういうことでしょう?
販売してくれる人がいるからこそ生産できるのであって、生産に従事する方はそれを販売の方に言ってはいけないのではと思います。

逆に販売が汚いというのであればそれを人にやらせて自分達は綺麗な生産をという考えの人のほうが汚いと思います。

生産に従事する方も実はその労働力を会社に売ってお金を得ているのだということも自覚したほうがいいでしょう。

生産=売るという行為だともいえるからです。

ですから音楽を売り物にしたからといって汚いなんて事はないと思います。むしろ自信を持って売れるものを作ったと思えればたくさん売ることに抵抗などは無いはずです。音楽には値段なんてつけれないですが、感動には値段がつけれます。感動とは買う側に発生する満足度ですから、自分の聞いてもらいたい音楽で起こす感動を売っているのだと分かれば問題なしです。

まあしかし、当人のホムペに目に痛いカキコをするなんて、そんなデリカシーのない人間!なんていうのは簡単ですがこの方達はいったいどのような方たちなのでしょう?

自分の憧れのミュージシャンが何か落ち込んでいるのではと心配する気持ちが攻撃的な形になってしまうケースもあるでしょう。しかも、自分がある時、彼女の音楽を聴いたことによって気持ちが救われたなんてエピソードでもあれば「こんなとこでくすぶってる人じゃない」と苛立ちが募ってきたのかもしれません。攻撃的なカキコを見ることによって姉御肌の彼女が奮起してくれるのではというささやかな思いがあったかも知れません。

ただ、文章というのは文面の印象がすべてなのでそこまでの思惑がもしあったとしても伝わる可能性はすくないでしょう。

いろんな方が訪問されるホムペなので、出来れば正攻法のカキコみをしてあげてくださいと一ファンの私からのお願いです。


ミュージシャンというのは働くということから逃れるためのものではないということです。

自分の名前できっちり責任を取れるということはとても大変ですが、その分やりがいもあります。

彼女がファンをないがしろにするような人じゃないのはみんなわかっているはずです。

ラジオでも聴いて気持ちを落ち着けて待ちましょう。


「takayoは蝦夷っこだい!radio!!」WMPで聴視可能。






スポンサーサイト

別窓 | ZONE | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<takayo脱退の真相 ~第二の仮説~ ~その1~ | dear re:zone(C) | 客観性 ~RUNTIME~>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| dear re:zone(C) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。