MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
私は現実の世界に生きたい
おはよーございます。

dear re:zone(C)です。

わたしがTAKAYOさんに甘い!

みなさんそう思われているわけですね。

たしかにそうでしょう。笑

なんせファンですから当たり前です。

ですがTAKAYOさんの昨日の日記を見て落胆しました。

そして、その日記を見て何も感じずに持ち上げるだけのファンの多いことに。

町田さんのブログのコメントにまともなコメントが一つもない理由がわかりました。

真剣な活動には真剣に答えたい。

言葉の表面的な美しさに惑わされず物事の芯をついてほしい。


作られた矛盾だらけのこの世界で
自らワゴンを降りたあたしに
どんな未来が待っているのかなんてわからない。

でも「汚い大人にはならない!」と誓ったあの日から

何か変わった気がしてる。



わたしはこんなこと微塵も共感しません。

矛盾がこの世界(感情を持って生きる)にバランスを生んでいると思っていますから。

そして、あなたが昔受けたであろう汚い行為を未だ許せない

許す術を得ない人が歌う愛とか平和とかエコとか

薄っぺらいものでしかありません。

あなたがその大人の立場になれば多分同じ様なことを人にします。

金策、しがらみ、立場

いろんなシチュエーションが絡めば

人間として当然やってはいけないと思われるようなことでも

負う責任が大きければ大きいほど犯す瞬間は誰にでもきてしまう。

自分はそんな仕事に就かないと

ただ逃げれば解決するものではありません。

あなたが言う「汚い大人」を生まないためにどんな組織をあなたは構築することができますか。

それを構築する過程を知り、それを作ることができれば

あなたは(その人の内心を知り)その大人を許すことが出来ると思います。

そして、いまインディーズのTAKAYOさんはそれを構築できる環境にある。

ですが目標達成にあたって

あなたが汚いと思っていることをやらずして何かをなしえることの難しさを痛感するでしょう。

今現在何をすべきかも思いつかないあなたに

その行為の代替案は浮かばないと思います。



あなたは今もって現実から目をそむける。

戦争、死、苦しみも人間が嫌がることがいっぱいあるのがこの世界です。

そして、それは絶対になくならない。なくなってはいけない。

それが現実です。

ことあるごとに夢の世界に逃避して明るい未来なんてくるわけないでしょう。

「先の予定はわからない。
 行き先は僕らが決めるんじゃないんだ。
 僕らはただワゴンに乗るだけさ。」


Beatlesだった頃のJohnがこう言った。


「ん~わかる、わかる!」と、勝手に自分と重ねてみたりしてた。



あなたの人生をどう設計するかの選択をどうするも自由です。

ビートルズと現状底辺のTAKAYOさんがどうやったら同じになるのか。

ビートルズとしてヒットし

分刻みのスケジュールのジョンと

自ら動かなければ何も起こらないアマチュアと同じわけがありません。

TAKAYOさん、あなたは今メジャーの人間ではないんですよ。

今あなたのワゴンには車輪すらついてない。

その時から負け癖がついたようですね。

私がこのブログで記事にしたあなたの芯の強さへの見解は今も変わりません。

誰かの為にがんばれる。そこに間違いはありません。そう思っています。

しかし、自分の決め事を自分の為にがんばって

自分のせいにするのを避けている。

食品の偽装問題や政治など

説明責任を果たさない、あなたの言う「汚い大人」にならないとそう思っているのなら

あなたは立派に「汚い大人」になりました。

ソロ活動開始する理由も理由なら休止の内容再々活動

あなた社会人としてすべき責任を全て果たしていません。

わたしはそういった人たちがなぜ言えないか?その理由を察し

どうすれば自らの口で反省謝罪の言葉聞けるか

そこが重要と考えるので「説明しろ!」と叫ぶだけの人とは違います。

点でなく線で考えるからです。

そんなあなたが他人のことをタナに上げ「汚い大人にならない」ようなことを発言してる場合ではないはずです。


それから物事を順序だてて結果まで持っていく考えがないのが日記からよみとれます。

作業の間に自分の倫理に反するところが出てくると逃げる。

そういうことの繰り返しをワゴンから降りた時からやってるわけですね。

予想と違う結果が出てきてそれをフォローする考えが無い。10手20手先までも読む必要があるのにもかかわらず。

MARIAの時だけ辛口に言っていたのではないのですよ。(舞衣子さんゴメンナサイネ)

それはFENDER組みも同じです。

ミュージシャンの考えるビジネスは私からすれば素人発想です。

一発必中の案しかもたないなんて「大人なめてるだろ」と言わせていただきます。

エコ企画も来年の構想も単なる希望でしかなく

絶対に実現させるための道筋はなく

それは漠然としているように伺えます。

永遠を考えると不安になるけど
でも今、本当にこう思う。
いつもどんな時も「Heart of gold」なんだって。

そして
もっともっと遠くの未来を目指して行こうよ!」って言いたい。

微力だけど信じるのさ。
たった一人しかいない自分と向き合って

もっと強く前に進もうじゃない。



今現在、考えが無いのに未来に勝手にいくはずがありません。

ですがジョンのことばを勘違いしている今

ワゴンにゆられて先に進んでいるおつもりかもしれませんが。



そして「ZONEのTAKAYOか!売り出そう」という目論みで近寄ってくる音楽業界の関係者を

全部シャットアウトして

自ら上まで駆け上がろうとしてるわけですよね。

いつかワゴンが運んでくれますか。

そのワゴンを押すスタッフは今やあなたのみ。

風水とか星座とかそんなものはあなたになんにもしてくれません。

あなたが動くことで周りに動きを与える。

来年まで寝る以外に

現在何をするかの道筋すら浮かばないのに未来なんてありえません。

今年やれることは本当にないんですか。

会社なら必ず考えさせられます。

来年まで給料なしってわけにはいきませんから。

遠くを見る前に足元よく見てください

現実逃避で見る夢と

目標達成の為の夢とごっちゃにする負け犬ミュージシャンで思考を止めないようにしてください。

いろんな不条理が存在してもわたしは喜びを喜びと感じる世界に生きたい。

現実世界に理想を構築する方法を考える。

目標を達成できれば色んな人を許せる。

誰も言わないんで

親代わりに叱らせていただきました。

私の夢をひとつ教えましょうか。


武道館必達!です。



スポンサーサイト

別窓 | TAKAYO | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<TAKAYOさんが薦めるグルメ | dear re:zone(C) | 衝撃>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| dear re:zone(C) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。