MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
cuts like a knife

Bryan Adams / Cuts Like a Knife

これ空耳アワーとか出てたかな?

分かり易すぎるので出てるはずだけど、サビのところが

「かつらがない!」って聴こえます。

あった!Bryan Adams / Cuts Like a Knife


騙されないように

傷つかないように

誰とも接触しなくなるとそれはそれで味気ない人生です。

なので自己防衛する必要がある。

わたしが女性の中で「すげ~な」と尊敬する人がいまして

酒癖悪いし

酔ってその子の前で寝ようものなら

額に関西3文字のマークを油性で書かれたり。笑

人間の理性的でない部分をたくさん持っている方で。(アンマリ褒めているようには見えないですが)

どこでも入っていくし

誰とでも接触する

でも彼女いわく人間が一番怖いらしい。(そんな風には見えんけど)

だから人より武勇伝が多い。(漫画みたいな話)

うらやましい。

私より若いのに人生の楽しみ方が全然違うんですね。

「高校の頃が楽しかった」とか言ってしまうんじゃなくて

学生を卒業して働いてからも同じように楽しめてる。

その中で嫌なことがあったというのを武勇伝として聞かせてもらうわけだけど

それを聴いてると自分は漢のくせに何やってきたんだと思い知らされる。

いろんなところに飛び込んで何とかなるやろ~って考えと

日頃、何もしないで何か起きるやろ~っていうのとまったく違うんだと。

私は彼女を自分の人生のモデルにしてるとこがありますね。

案がまとまったらあとはやってから考える。

try&error



インディーズて例外なくあの考え方なんですね。

自分の友人達を見てるようで。

まずいのはまずいと思うんですけど。。。

姫、おやすみなさい~。笑
スポンサーサイト

別窓 | ZONE MARIAに聞かせたい 音楽よもやま話 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<タイトルなし | dear re:zone(C) | walking on the sun>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| dear re:zone(C) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。