MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
あった!
20081102005214
ありましたー

TNTのアルバム

来日記念盤はピクチャー仕様

ボーナストラックに

エレクトリック・ダンサーが入ってます。

昨日久々にハロウィンを引っ張り出してきたついでに見つけました。

片一方は中身が無い(笑)

だから買ったんかなー

よくは覚えておりませんが

しかも、コレが1989年の作品(笑)

長瀬実夕さん1歳ですよ(泣)最近、好きなパターン。

犯罪です、ナンノコトヤ


洋楽って基本的に新品で購入が当たり前で

欲しいアーティストの中古なんてなかったですから

当時は輸入盤が安いみたいなかんじで何枚かは買ったんですが

私はライナーノーツを読むのが好きで

でも結局は国内盤を買うようになるのですが

そこにはハードロックDJの重鎮「伊藤政則」氏 などかレビューを書いてると良いバンドみたいな(笑)ものさしになるようなものもあったり。

この名盤のライナーノーツに興味深い記事を見つけました。

このTNTの「INTUITION」は名盤と言われるアルバムですが

売れたのは母国のノルウェーと日本だけだったようで

ライナーノーツを要約するとレコード会社の十分なサポートが得られなかったためと書いてありました。

アルバムリリース後のツアーもままならなかったようでメンバーは解散を考えるほど落ち込んだ。とありました。

確かにそういえば

契約の内容として

レコード会社は著作権を管理することとその作品を広めるための最善の努力を怠らないとあるので

どうやら矛先を間違えていたようですね。スイマセン

たしかにマネジメント事務所がそんな経費のこと考えたら

なんぼお金あっても足りませんよね。

そして、そこにはこうも書かれていました。

「そんな彼等に続けていくモチベーションを与えたのは来日公演のファンの熱狂的な反応だった」と 。

今まで見えてこなかった部分を浮かび上がらせることができました。

誰がどこで絞ってるかが明らかになればランタイムもとばっちり受けずに済むという(ごめんなさい)。

ソニーかぁ。

まぁソニーにも言い分はあるからな~。
スポンサーサイト

別窓 | ごあいさつ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<Can I Play With Madness | dear re:zone(C) | ハロウィン>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| dear re:zone(C) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。