MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
Can I Play With Madness

TAKAYOさんのかいらしいこと

もっと恥ずかしがってください。はっイカンイカン


Iron Maiden - Can I Play With Madness

ZONEのオールナイトニッポンのジングルがアイアン・メイデンの曲とはいかがなものか(笑)

他にモトリーのワイルド・サイドも流れています。


Led-Zeppelin/ Communication Breakdown

MIZUHOさんとMAIKOさんの中学卒業のお祝い。

なんだよこのラジオ最後、泣かすぜ~。アップありがとうございます。


B'z - Pleasure 95'

この曲の歌詞が響いた時期がありましたね。~

Pleasure'91歌詞

金髪のベーシストはMARIAのプロデューサーの明石さん

話は変わりまして。

音大生の友人がいるのですが(最近しりあった)

音大とかに通ってる人と

自己流で音楽をやってきたにんげんとは

視点が違うんだな~と思いました。


話の内容は楽譜があったら弾けるとか

楽譜のように弾けるとか

そういうことです。

テクニックはぴか一なんですけど

アドリブで弾いてとかになると

手をとめるぐらいに何を弾いていいかワカラン。といいます。

「ほ~そんなもんかな~」と内心思いながら。。

私の場合、難易度の高い弾きたいフレーズが弾けないジレンマはありますが

弾けないから自分なりにどう弾こうという逃げ道が存在します(笑)

雰囲気と顔で弾く!笑

音楽を学問として専攻してきた方はミスとかずれてるとかがすごく気になるみたいです。

あからさまなものでなく

ちょっとしたものからという意味で

同じミュージシャンなのにモダンミュージックとは一線をかす考え方です。

わたしの音楽の考え方になかった価値観というか

クラシックは楽曲ありきでダレガ演奏するとかは関係ないからなのかな~とか。。

でも作曲者の意図を詠んで奏者が演奏するとかはあるみたいなんですけど


どちらが音楽のええ聴き方とかはいえないですよね~。

旧air codeブログ

旧ブログのほうでは業界暗部と立ち向かっておられます。

最近はエエ人ばっかりでなく

ハナクソみたいな(コラコラ:笑)

そういう人と会おうと思ってないのに会います。

寄ってくるんですね~

金のにおいを嗅ぎ付けて

多分、豪さんとかTAKAYOさんの気苦労は私の比じゃないと思います。

露骨にそういう話をするデリカシーのない人や

自分を金としか見てない人との会話は

心削られますからね~

早いことビジネスに強い方を見つけてほしいですね。
スポンサーサイト

別窓 | TAKAYOさんに聴かせたい曲 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<<TAKOYOじゃねぇよ | dear re:zone(C) | あった!>>
この記事のコメント
こんばんは
成功した人のエピソードとして「ビジネスパートナーとの出会い」みたいな話をよく聞きます。そういうことも、重要なのでしょうね。

ZONEのオールナイトニッポン、面白かったです。
ありがとうございま~す。
2008-11-03 Mon 19:56 | URL | 雲 #eELN9CHk[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| dear re:zone(C) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。