MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
赤坂ブリッツ~長瀬実夕編~
パワーオブアートプロジェクトのラストを飾るのは長瀬実夕さん。

暗転が短くすぐに始まって

いきなり「茜」

さすがの歌唱力。

長瀬実夕さんの生歌は今回で2回目

最初にセルシー千里中央にファーストシングルのイベントを見にいった時の印象は

まだまだ病み上がり的に感じるパフォーマンスでした。

彼女は緊張するとマイクを持っている指がパタパタするんですが、《世界のほんの片隅から》のようにZONE時代のハンドマイクでパフォーマンスする時は周りにメンバーがいたからなのかそういうのが出ないんですね。
Key夢から覚めてのプロモーションでテレビに出たいくつかのパフォーマンスでは、指がパタパタしてたのでソロ活動がまだ馴染めてない感じがありました。

しかしそれもNAONのYAONあたりまでくるとなくなり

そして今回のライブ。

ようやく音楽を楽しむレベルまできたんだなあとおもいました。

結局は場馴れなんですよね。

で、私がいるアリーナの位置から

彼女まではかなり距離があって
表情までは分かんなかったんですが

ロックソングなんかの立ち回りもカッコ良かったです。

ダンス出来るのに踊ってほしいーなあとかは思いましたが。

あと衣裳なんですが

アーティストの皆さん足を露出てますね~(笑)

良いことですよね(ナニガエエネン)

ジャケットにホットパンツ

髪の毛もアップして噴水みたいになってましたね(もっと良い例えないか)

それから数曲歌ってからのメンバー紹介でギターが宮永次郎さんと知ったり、

キーボードにOCEAN BORN《おお~凄い》

ギタリストに山原一浩さん《笑顔日和、TRUE BLUEなどの編曲》

豪華やな~。

それはそれで良いのですが

逆にそんなにZONE色出しちゃって大丈夫?みたいな(笑)

その予感は最後の《JUST SAY NO》を出演者全員で歌う時に出てきたMARIAの表情に全部集約されてましたが(滝汗)

「GAME」とかは比較的ノリ易い曲であるはずなのですが

生で聴く機会が少ないので

オーディエンスもサビのキメのフレーズとか合わせてエエもんかどうか分からずバラけるのが勿体無いなーとか。

基本的には人それぞれの楽しみ方で良いと思っていますが

長渕剛さん 《俺らの家まで》 って曲で“機嫌直して”の歌詞の後に聴衆が「ツヨシっ!」って間の手を入れるんですね。

CDにはそんなの入ってないので、ライブで自然発生した楽しみ方な訳です。

そういう曲が結構ありそうなので、ライブをこなすことでアーティストとオーディエンスで共に楽しめるようなものが見つかればいいなあと思います。

あっそうそうMIZUHOさんの《GO》とか(笑)。L・O・V・EラブリーMIZUHOって掛け声ね。

しかもあれはセルフプロデュースで彼女指示でしょう。恐れ入りますよね(笑)。

名前が二文字って入れにくいところがあるからかも。

マイコっ!

トモカっ!

ミユー ね。なんか締まらないですね。なんか“プッス~”みたいな《ダレガプッス~ヤ》

それはさておき

ランタイムのトリを務めるだけあるライブパフォーマンスでした。
スポンサーサイト

別窓 | MARIA ZONEの曲レビュー | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<食事会 | dear re:zone(C) | 東京侵攻>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| dear re:zone(C) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。