MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
赤坂ブリッツ~3≠ZONE編~
元ZONE3人が集結

外向けにはこれが目玉なんですが

私はコロッと忘れてて

何の曲をやるだろう?の類いも考えになくて(笑)

長瀬実夕さんの出番が終わって
じゃあ3人が出て来て

というのがまるでなかったので
長瀬実夕さんの最後の曲が終わって舞台が暗転

その次の瞬間には

いきなり《笑顔日和》のイントロ

あっなんか聴いたことある(笑)

おおっ笑顔日和ぃ!

何かわからんまま

マサイ族ヨロシクとばかりに曲終わりまで垂直ジャンプの連続(笑)

帰ってきてから2~3日は足が筋肉痛でした!(笑)

私はどっちかというと

ZONE時代の曲はやらなくていいと思っている側の人間です・・・が

なんか燃えてしまった(笑)

アリーナのオーディエンスのテンションが、その日、最高潮でついのせられたのかもしれませんが。

それだけでなく

良く出来た曲であり

良く出来たアレンジなんですね。
シンプルで乗りやすい

それでいて

ZONE最後のシングルであり

その日ラストの曲という稀少性
ファンが作り上げる形なき存在《ZONE》の神秘性があそこまで爆発させたのかもしれません。
それ故に気の毒な気もしましたが(笑)

あのMARIAの苦い表情は忘れられないですね。

笑顔日和終了時

長瀬実夕さんのコールで舞台へ出てきたMARIAがオーディエンスの心の真ん中に現役の自分達でなく過去のZONEがいることを遠回しに言われたようなものでそれはキツいでしょうね。

で、そこで思ったのが

私がいつも思ってた彼女達は「悔しい」っていう気持ちを持ってるのか?てことで。

彼女達の日記にはそういう記述はあるのですが

その歩みの遅さゆえに疑ってしまっていたのかもしれません。
そういう意味で舞衣子さん以外のメンバーがあの表情だったのは安心しました。やっぱり悔しいですよね。

北風と太陽じゃないですが

だれがコートを脱がせるのか?
だれがオーディエンスの理性のネジを外さすのか?

それがロックの対バンの醍醐味だと思っています。

この悔しさは越えなきゃならない壁なので

ガチで頑張ってほしいです。

個人的にMIZUHO祭の《証》よりノレたのは(?д?)何故だろーとあとで考えましたが

私の場合は多分サウンドも込みなので思い出だけではそうはならなかったはずです。

それで舞台上の3人が話す笑顔日和の裏話にもあまり感傷的にもならなかったんです。

全員が業界に帰ってきたということの方が勝ってたので。悲しい思い出も笑い話のレベルでした。

そして最後は出演者全員でテーマソング「JUST SAY NO」の大合唱。

多分あゆかさん主導なんでしょう。テーマありきで曲を仕上げるなんて売れっ子の作曲家みたい。

しかもシンプルでサビは誰もが歌えるようにキャッチーにするなんて中々腕をあげてきてます。

サビだけ耳に残ってます(笑)

とまあ赤坂ブリッツのレポート終了です。

後書きでもないですが

業界の傾向と現在の状況

そんな話をまじえながら

次の記事を書いてみたいと思います。
スポンサーサイト

別窓 | ZONE | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<MARIAのリーダーはSACCHINさんですよ~計画 | dear re:zone(C) | 食事会>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| dear re:zone(C) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。