MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
人生最悪の事態だと思った日
12月13日

去年TAKAYOさんが休止活動宣言した日

9月10月にはブログはストップ状態で出場するはずのコンテストも辞退し

体調不良説などが飛び交う中

突然の休止宣言

ジョンレノンが目の前で撃たれた歴史的事実に遭遇したかのような衝撃が私を襲いました。

それはタレントを守るべきシステムが全く作動しておらず

逃げ場のない場所まで追い込まれたすえの沈黙だと思ったからです。

しかし、TAKAYOさんの沈黙とはBBSが荒れたからではなく

荒れる前からの事が原因でありあの一件はプラスαであるということです。

現在の活動の状況はさほど以前と変わりはないように思いますが

ただTAKAYOさん自身が「こういう音楽がしたい」という具体的な方向性を掴んだとするなら

それがあの時にはなかった現在の心の支えになっているのではないでしょうか。

去年はMIZUHOさんの誕生日のお祝いの記事を書かずじまいでしたが(笑)

12月13日

MIZUHOさんの誕生日の翌日

TAKAYOさんに何かしらの決意をさせたのではと思ったりなんかします。

そこからTAKAYOさんはMIZUHO祭とTOMOKAさんの復活劇までの一本の道が見えたのかも知れません。

ただ

そんな事とはつゆ知らず

私を始めファンは愕然としてしまう訳ですが。(笑)バカバカバカTAKAYOさんのバカ(笑)

TAKAYOさんのおっさんコロガシの武勇伝はこの時から既に始まっているようです

それにしても5ヶ月という長いドッキリでした。(笑)

しかし

やはりタレントを守るシステムは依然として脆弱なもので

ランタイム系のスタッフの特徴でしょうか(苦笑)

先手先手で物事を考えて

タレントのステータス

ひいてはファンの利益を守るような予防線をBBSなどの交流の場で目を光らせておくことが大事だと思います。

最近ではMARIAのBBSは

スタッフがしっかりと書き込みに対して毅然とした態度で望むべきだと思います。

故意か否かのグレーゾーンの書き込みは全て書き込み者に説明の上カットするぐらいでないと下品な書き込みは減らないと思います。

そういう意味でうちのブログの下ネタとかレビューを真似ての行動とか言われると当方も考えなおし

ここで年末に向けて通常記事を吟味しパスワード記事へ移行して

注意書も新たに添えなければならないと感じました。

例えアーティストのため であっても

結果傷しかつけてなかったら悲しいですよね

とまあ

12月13日が出発宣言の日で良かったです。

武道館までの道のりは・・かなり遠っ!(笑)

でも行くって言い出したら聞かない人達なのでついていきまっす(笑)
スポンサーサイト

別窓 | TAKAYO | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<<涅槃で待ってる | dear re:zone(C) | MIZUHO祭り>>
この記事のコメント
仕方ないことなのでしょうか
このブログでも何度か話題に出ていますが
TAKAYOさんのブログへのコメント。
「ZONE復活」

見てて苛立ちを覚えます!!!!
でも気持ちも少しわかります。・・・・

TAKAYOさんのファンなのかZONEのファンなのかでこの意見はきれいに分かれます・・かね?
僕はアーティストとアーティストのつくる音楽を愛するならば、やはりそのアーティストがどのような活動を展開したいのか、どのようなことを理想に描いているのか
空気を読むべきだと思うなぁ・・・
ヒトリゴトでした。おやすみなさい笑
2008-12-14 Sun 00:52 | URL | しゅう #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| dear re:zone(C) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。