MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
年末に聞きなおしてしまう曲

長瀬実夕/Snowy Love

季節がら冬っぽい曲をやっぱり聞いてしまいますね。

曲調として暗い曲が好きってのもあるのですが

この曲はダンスの振り付けが結構好きでよく見るのですが。

マルチアングルで見れるようにしてくれたらな~とか思うんですが

バックダンサーはRED'Zでみんなわっか若い。笑



1:12からの

降ーり続くこの白い雪のように

から

やさしさだけが

までのサビのとこの振り付けがかっこよくて

覚えたいのですが

カットわりが早くてようわからんのが残念。

音的にも1:38のスチャダラパーの今夜はブギーバックみたいなフンガーフンガーフンガーフンガーっていうディスコっぽいフレーズとかツボ。

こういうPVやライブ映像をよく見てわかったのが

カメラの性能より

撮る人のセンスが重要ということですね。

PVは編集で決まるでしょうけど

ライブとかはカメラマンのセンスが最重要。

ファインダーの中に人間を入れるだけがカメラマンの仕事ではないんですよね。

あの会社はもう使わないで。

デジカメ一眼レフを買った友人の写真とか見せてもらったんですけど

友人には悪いですがしょぼいですよね。(笑)

やっぱりプロが撮ったようにはならないし(友人のセンスがお粗末なだけ:辛口)

だからと言ってプロが良いということではなく

プロといってもピンきりで

今年買った某ライブDVDで度肝抜かれましたね。(素人仕事)

業務用のカメラでオートズームとオートフォーカスって何やんねんて感じでした。

シングルのおまけDVDで、改善されてたのがまた逆に腹立って

この時期、感じたのが買った側が「なんだこれ」てかんじたのを

売った側も感じながら売ったんだろうなというのが見えたことですね。


あんな仕事にお金なんか払わなくていいのにとか思いましたけど。笑(イヤマジデ)



改善版も出来はよくなっているのですが大味なかんじでスタッフのパッションは感じませんでした。

お金で機材は買えるけれどもセンスは買えないということですね。

不景気で音楽業界はそれを見誤ってるとこがあるんですけどね。




今年は長瀬実夕さんも模索の一年っぽかったですね。

ファンが求めるロック路線でないとだめなんでしょうか?



何をやってもそこそこ似合うというのがある種決めかねることにつながっているように思いますが。

長瀬さんが好きな音楽とは何か?

ってとこが肝心なんですけど。

KREVAさんのライブも参戦したなんてことも言ってたようですし

安室奈美恵さんの影響でHIPHOPが好きなのかも。。
スポンサーサイト

別窓 | 長瀬実夕 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<blue bird~短編小説~その参~ | dear re:zone(C) | 年末 ええことないわ~>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| dear re:zone(C) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。