MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
外から来たらみんな悪者
私の故郷は沖縄というのは「黒い彗星」でお話しました。

今日、テレビで沖縄と戦争についてやっているのを見てると

私の母親が

「外から来たらみんな悪者や」

と言いました。


普段は南国生まれにありがちな天然ボケ丸出し人間の一言がとても深いものだと感じました。

それは侵略に対する嫌悪感ではなく

人間というのはどこへいっても

そういう些細なことで争う生き物だという

達観した物言いに聞こえました。


沖縄はもともと日本の領土ではなく琉球王国であり(wiki見てね)

昔は本州に渡る際はパスポートが必要だったと母親がいってました。


元々沖縄で生まれて

沖縄で育った人間なわけですから

日本のやってきたこと

アメリカのやってることを

沖縄本土の視点で語ることが出来るわけで


自分はその母親の息子でありながら

あんまりそういうことは聞いた事がなくて

琉球舞踊ばっかりやってる人のイメージ(笑:テレビのちゅらさんのイメージ)

泡盛と音楽と踊り。笑

テレビのちゅらさんの家庭像は誇張ではなく普通だそうです。笑(個人差はあるでしょうけど)


それでまあ私の浅い知識で



アメリカ人は嫌いなのか?

と質問してみました。

「自分がされたわけでもないのに恨みなんかない」と言ってました。


母親のおばあちゃんとかは戦争を体験してるはずですが

それを自分の娘には言わなかったんでしょうか。

身内がひどい仕打ちを受けたわけでもないのに

とりあえず「許さん」みたいな人が沖縄本土には多いと思うのですが。



個人対個人の恨みを

まったく関係の無い世代の

子々孫々に受け継がせようと教育を施すひともいるなか

それは正論かとは思いましたが意外でした。

天然だからか悟りの境地なのかはわかりませんが。笑


でも沖縄に暮らす人間の多くの感情はそうではないようです。

それは戦争体験したか否か

その肉親か否か

今現在米軍基地周辺に暮らしているか否か

さまざな要因で度合いもまた変わってくると思いますが。


単純に分けて話すと

沖縄からすれば

アメリカも日本も外側の人間であり

線を踏み越えて違う人種が入ってくれば

そこに生じる感情の摩擦は人間の生理的な反応であり

無くなることはないのだろうと思います。




去年死んだ私のおばあちゃんは

そんなに出来た人間ではなくて。笑


ガラの悪~い地域で育って

貧しくて

生きるだけで精一杯という時代の人だったので

倫理観の欠如がある人で(ええとこもありまっせ)

ただその点では先進諸国でありながら

苦しい生活環境がそのあたりの倫理観に災いした

人だったと思います。(ええとこもあるけど)

私の母親いわく蔑視がひどかったらしい。笑

完全に下の人間に見られてたといってました。(オイオイ)

今でこそ

沖縄アクターズスクールだ

沖縄料理だ

ちゅらさんだとか県民への理解度があるようにみえるけど

当時自分が来たときは酷かったといってました。

本州からすれば沖縄人は「よそ者」なんです。


「外から来たらみんな悪者」なんです。とくに理由やきっかけなんか無くても。



本州の人間が持っている

特定地域に住む人やアジア系の人たちと同じく沖縄人も差別の対象だったといいます。



「外から来たらみんな悪者」



沖縄から本州に渡った人間だから感じたことなのだろうな~と

思ってしまいました。


しかし、人間てのは

人種は同じでもその感情を持ったりするんですよ。

組織、チーム、会社

グループに外から入ってきたら意識の違いは反発の材料になります。

ダラダラやってる部署に気合満々の人間が入ってきたら煙たいだろうし。


まあこれについては答えは出ないでしょうね~。



先祖の恨みとかなんとかってむなし~し。


「外から来たらみんな悪者」

意図せずしてそうなってしまうのが人間なんでしょうかね~。





スポンサーサイト

別窓 | ごあいさつ | トラックバック:0 | top↑
この記事のトラックバック
top↑
| dear re:zone(C) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。