MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
『YOU GO!~ We are Maria~』レビュー 3.小さな詩
『YOU GO!~ We are Maria~』

3.小さな詩 作詞 舞衣子 作曲 TATTSU

TATTSUさんが作曲なんですね。彼女はX-JAPANの「DAHLIA」という曲を演奏しているYOSHIKI氏を見てドラムを始めた動機を持つというのですが。

そんな彼女が作る曲は意外にポップス調の曲が多いというよりはロックな曲がないのは残念です。プレイ面ではタムの回し方とか良く似ているのでドラマーとして本当にYOSHIKI氏を尊敬しているのだなと少しうれしくなりました。


個人的にはコッチが好きですが
X-JAPAN/SILENT JEALOUSY

やりようによってはコッチのアレンジで小さな詩もありえたわけですが(ないとおもいますけど)
要するに作ってきた曲に対してまったく触らないのがRUNTIMEの方向性なのかなと思ったのですが。

アレンジについてはこんな事例もありまして。



宇多田ヒカル/DISTANCE

まだこの時期は宇多田ヒカルさん自身が、編曲に携わってなかったらしいのですが。

彼女のアレンジの付け方は、コード進行とメロディーと歌詞を聴いてアレンジャーがアレンジをつけるといった感じだったそうですが。

宇多田さん自身は、後に発売される「FINAL DISTANCE」のアレンジのつもりで曲を作っていたとインタビューで語っているのですが、DISTANCEの少なめの楽器音と軽快なテンポアレンジのほうがメロディーの切ない感じが活きてるように感じました。

逆にFINAL DISTANCEのドラマチックなバラードにアレンジされたほうはバラードのはずなのにメロディーと歌詞が前に出てこずに野暮ったい印象を私は受けました。


宇多田ヒカル/FINAL DISTANCE

どちらが曲の持ち味をとらえているのかぁ~と思ったりするのですが。こればっかりは好みの問題なのですが。あえて個人的な見解を述べさせていただくと作った本人の言うことが必ず正しいとばかりは言えないのではないのかなと。。ですから「小林武志」氏のようなプロデューサーが存在するのだろうと思います。

小さな詩に話を戻しますがこの曲もテンポの設定が難しいですね。印象に残りにくいとでもいいましょうか。

もっとキャッチーでロック的なノリを出すならばテンポを上げるとか。。

いやしかし、この曲のメロディーと歌詞で歌うことが彼女達の意向であるならばテンポをただ上げてしまうという行為は音符が詰まって早送り丸出しみたいになってしまいます。

なので、もしもテンポを上げてアレンジということになると歌詞とメロディーを若干ですが、再構築する必要が出てきます。

しかしながら彼女達も舞衣子さん以外は初メジャーでZONEのプレッシャーも受けているはずですので、歌詞がどうだの曲がどうだのとスタッフが入れ込みすぎて口をはさむと良品を作るためとはいえ彼女達のモチベーションが下がるということも危惧されて最小限のアドバイスに抑えたのかもしれません。

たしかに、頭ごなしに否定されれば彼女達だって聞けることも聞けなくなるかもしれませんが、いろんな道筋を模索するということを彼女達に理解していただき、その一つとして「この曲のテンポを上げるとメロディーと歌詞はどんな風にかわるのか?」と話を持ちかけるのも良いかもしれません。

それは今後の彼女たちの引き出しにもなるでしょうし、良い曲が生まれるかも知れない。

まぁ本人達は初めは「え~」と言うでしょうけど。

いろんな楽曲レビューを拝見させていただきましたが皆さん諸手をあげて「MARIAバンザイ」というものではなく、何か一過言あるけれどよくがんばったというようなものが多かったわけですが。

ソングライティングに関してはファンが持つ過去の残光が、MARIAに初めからハイレベルなものを望んでいるというのが、私を含めた全員の心理にあるので、RUNTIME,SONY,MARIAで構成される「製作チームMARIA」のみなさんが楽曲に対してもう少し議論がなされてもいいように思います。


スポンサーサイト

別窓 | MARIA ZONEの曲レビュー | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『YOU GO!~ We are Maria~』レビュー 3.小さな詩 | dear re:zone(C) | 『YOU GO!~ We are Maria~』レビュー 2.MABUDACHI>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| dear re:zone(C) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。