MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
取扱説明書4
「活動休止とはお互いの復活への助走。」


取扱説明書では一部内容を重複させつつ解説していっております。

そのほうが見えてくるかな~と思って。。あははは (≧∀≦*)

みなさんがTAKAYOさんなら仲が良いだけでMIZUHOさんをライブに出演させますか?

最後に表舞台に現れたTOMOKAさんをはじめ

ほかメンバーが再登場の時にファンとの再開に歌うことの喜びを語っているのに対し

MIZUHOさんは「十年は隠れているつもりだった」という発言を残しております。




しかしファンの意識は彼女の心労を察するよりも

ヒステリックが不理解で自らの願望を優先させてしまった。

2008年06月07日(土)
梅雨にも負けず

夏には…面白いことやろーと考えてるのさっ


2008年06月09日(月)
Imitation??

さっき、ビール1ダースも飲んだハニーから電話がきた。

・・・・以下省略


9日の日記のハニーとはMIZUHOさんのことですが

その臭わせる文の書き方はいいのですが

この日の記述で

プライベートな内容をTAKAYOさんは若干口をすべらせてしまっております。壁|д・´) !!


この時点で7/23の渋谷は決定事項。変更は利きません。

2008年08月01日(金)

Live終えて…なんだかポッカリと穴が空いた感じ。
そりゃそうだ、今回の為にずっと走ってきたんだもん。


ソロ活動のスタートが5月13日であると思っている

真家さん、air code

7月23日のMIZUHO祭以後がソロの始まりと考える

TAKAYOさん

一見何の問題もないように見えますが

やはり不具合は起こります。

5月13日がスタートであるならば

MIZUHOさんを登場させることの弊害を計算に入れると

実行は出来ないと思います。

そして彼女をサポートする側にもこの時期色々な動きがありました。

2007年の12月TAKAYOさんの活動休止と同じくair codeも活動休止。

松村さんは日記で解散するつもりでもあったと書かれていました。

そしてこの時両者が抱えていた内情を知りえて裏方で奔走し、サポートしてきたのが

FENDERの真家さんで

この時仕切りなおしの「活動休止」を提言し両者の仲を取り持ったのではと考えます。

TAKAYOさんには強力なサウンドが必要

air codeには世間に認知されるきっかけが必要

この時、TAKAYOさんの復帰の動機につながったのが

air codeのサポートだけではなく

MIZUHOさんの救済であったのを活動休止の時点で知っていたのは

TAKAYOさんだけだった。

そのため、その後不具合が生じたのではと考えます。









つづく[柱]`ロ゚)・;'ウゲェ!!





スポンサーサイト

別窓 | air code | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<マ(。Д゚; 三 ;゚Д゚)ジ!? | dear re:zone(C) | 取扱説明書3>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| dear re:zone(C) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。