MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
取扱説明書6
「本当に言いたいことは文末に」

9月に復活を果たしたTOMOKAさんがSONYのサイトの日記の中で



2005.04.02[03:47]
本当に皆サンぁりがとぉござぃましたm(__)m...☆彡またぃっか皆サンに会ぇます様に…

☆T★O☆M★O☆K★A☆ョリ心を込めてファンの皆サンへ(∧_∧)人(∧_∧)


と書き残しています。

詳細はSONY MUSIC ONLINE JAPAN

私がまだTOMOKAさんが解散以来沈黙をつづけ

復活するとは夢にも思ってないときに

彼女の心に復活する気力があるか否かの判断の材料となったのが

この一文です。

ただ、その時は単なる私の希望でしかなかったのですが

TOMOKAさんが復活を果たしたことにより

統計的な考え方として用いてもいいのではというふうになってきています。



2007-12-24 13:30:31


ホントに今まで、ありがとうございました。

また、会える日まで…、
バイバイ(^o^)/~~


詳細は「はるはるです」SIMLIVE

2007 12/23 クリスタルライブ終了後のハルハルの日記を参照していただきますが

ライブ終了直後の日記というシチュエーションまで同じであることから

「文末本音論」(勝手に命名)は本音を隠しがちの相手の気持ちを察する場合

さらに有効であるように思います。


さて本題へ

早いもので今年もあと2週間となりましたネ。

なんだかんだで、どどどっと日々が過ぎて
今年もあっという間でした。

このブログを始めて、みんなのリアルな声を聞けたり
いろんな事を感じられた。

だけど、あたしの想いが伝わっていなかったり
すれ違ってく想いに悲しく思うこともあったり。

改めて言葉の難しさを感じたりもした。

もっとみんなとの距離感を大切にしたい。
ここに書く事よりも
他にやらなくちゃいけない事があるのでは?と、思い・・・


突然ですが、今年いっぱいでこのブログ
おしまいにしようかと考えています。


本気で今のあたしを応援してくれている方
LIVEに足を運んでくれた方
ブログを覗きにきてくれている方

みんな、いつもありがとう。


感謝、感謝!!



p.s
ハニーへのB'dayコメントありがとう!
本人もきっと見てるかと思います。

あたしもハニーもそれぞれ今、前向いて歩いてます。

彼女とはこの先もずっとマブダチです。




私の提唱するわずか2例の「本音文末論」(笑)

本音は文末にの考え方でいくと

TAKAYOさんの本音は文末に書かれていることになります。

p.sは追伸ですのでこの場合は除きます。


本気で今のあたしを応援してくれている方
LIVEに足を運んでくれた方
ブログを覗きにきてくれている方

みんな、いつもありがとう。


感謝、感謝!!


これです。

拍子抜けですか?

「本音文末論」を用いますと

巷で言われるようなファンに釘をさすようなマイナス思考の文ではないと考えます。

しかしながら

マイナス思考の文ではないか?ということを肯定する材料が一つWEB上に見られます。

松村豪さんの空気暗号堂

松村さんは12月30日の日記で12月16日のTAKAYOさんの日記について

こう書かれています。

昨日の渋谷のライヴのリハーサル後に彼女と会ったんだ。久しぶりにね。。

真っ昼間からスキャンダラスだったけど、人目憚らず、109の前に座って近況を話したよ。


TAKAYOさんのブログ炎上か?と思われた一触即発の状態が続いた12月末

事態の収拾のため書かれた思われるこの日記に

出てくる「彼女」とはTAKAYOさんのことだと思って間違いないでしょう。

空気暗号堂 豪語辞典。というのは

とりわけTAKAYOさんファンが必ず見るというサイトではないので

発見率は少ないです。

即時、表に出て行くフォローではないかもしれません。

しかも、これの取りようによってはフォローにはならないことも考えられます。


そんな裏サイト的な空気暗号堂 豪語辞典。に、そうだと名言せずに臭わせる書き方をする

松村さんの大人的配慮。

出来るです。


しかし、松村さんはTAKAYOさんの12月16日の日記の核心に触れて会話したのではないという風に

わたしは考えます。


つづく

工工エエエェェ(゚∀゚; 三 ;゚∀゚; 三 ;゚∀゚)ェェエエエ工工





スポンサーサイト

別窓 | TAKAYO | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
<<Σ(´∀`;)BOOWY=ZONE | dear re:zone(C) | 取扱説明書5>>
この記事のコメント
いつも興味深く読ませていただいております。

本日付のair codeブログでTakayo、MIZUHOがガールズバンドを組んだことをにおわせる文章があったのですが、どのように解釈されますか??

2009-02-20 Fri 13:55 | URL | harry #-[ 内容変更]
こんにちは~
> > いつも興味深く読ませていただいております。
> >
> > 本日付のair codeブログでTakayo、MIZUHOがガールズバンドを組んだことをにおわせる文章があったのですが、どのように解釈されますか??

harryさんコンニチハ:・(*>▽<*)ゞ・:

わたしもair codeのその記事、拝見しました。

とある超有名なバンドのドラマ-と新たな女性ボーカルのバンドを始めた先輩が音源を送って頂いた。。
超カッコいい。。。
ぶっ飛んでて、それぞれが無茶苦茶なのに、どこかで共通点がある。良い音の基本は思い遣りある音と再確認したな。。


これですよね。

私も初見ではそうなのかな?と思いましたが

この文章、臭わせる部分はありますが

文章の書き方に問題があると思われる箇所が数個あります。

私もチャチャっと書いて後から手直しするタイプなのでよくありますが

とある超有名なバンドのドラマ-と新たな女性ボーカルのバンドを始めた先輩が音源を送って頂いた。。

本当に松村さんが書きたかった文は

とある超有名なバンドのドラマーと女性ボーカルのバンドを新たに始めた先輩から音源を送って頂いた。

ではないでしょうか?

というわけで登場人物は3人ですね。

この場合、新たなバンドを始めた(解釈版)という先輩のポジションはコンポーザーという立場ではなく

バンドメンバーの一人であるような気がします。

なので二十代のうら若き乙女とオッサン(ダレガオッサンヤ)

松村さんが先輩と慕うわけですから松村さんより上の年齢とするなら

なんとなくアンバランスな気がします。

組むなら2人だけだろうし

もしT&Mと先輩であるなら

読者とあまり関係性のない先輩が前ではなく

僕の先輩ととある超有名なバンドのドラマ-とバンドを始めた彼女から音源が届いた。。

という風に文章の主役が交代するように思います。


TAKAYOさん、MIZUHOさんと先輩という意味でharryさんが言われているのであれば、その可能性もありますね。

松村さんが言いたいのは

超有名ドラマーとつながりのある先輩と自分との関係性で

松村さん自身はドラムさん、ボーカルさんとの面識はないように思います。

なので

その点がはっきりしないのでT&Mだと私は明言できません。。。

推論をずっとやってきて思ったことがあって

におわせ方は直球である場合がほとんどである。

超有名なバンドのドラマ-と新たな女性ボーカルのバンド

ですからもし彼女達2人を指すのであれば

この文章には

TAKAYOさんとMIZUHOさんであると通なら分かる情報が

なにかしら入っているはずです。

ただ私の推論はMIZUHOさんが絡むとあまり当たらない。笑

MIZUHOさんは直球しか投げないのに

チェンジアップと思ってしまうんです。


なのでわたしは二人のことを指す内容ではないのではと考えます。
2009-02-20 Fri 19:39 | URL | ディア・リゾン #-[ 内容変更]
ご丁寧な回答ありがとうございます☆

私も見た瞬間、ちょっと興奮してしまったところがありまして、あとあとよく考えてみるとdear re;zoneさんのおっしゃる通りだと思います。


「ぶっ飛んでて、それぞれが無茶苦茶なのに、どこかで共通点がある」ってあたりが彼女たち二人になんかぴったりだと思ったので誤解してしまったようです・・・

いずれにしても再活動するときは彼女自身の口から聞きたいと思っていたので、その点では良かったです!!

引き続きブログ楽しみにしております。
2009-02-20 Fri 22:14 | URL | harry #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| dear re:zone(C) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。