MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
逆説的メッセージ

ポニーテールは振り向かない

これはなかなかヘビーなドラマですな~ワラ

大映ならではの超暗い生い立ちの主人公が挫折を経験しながら更生していくストーリー。

伊藤かずえさんのポジションをMIZUHOさんで

現代によみがえらせればいいわけですよね。ンナアオナ

漫画とかでよくありがちな

曲を聴いて観客が足を止めて

次第に会場がヒートアップみたいなパターン。アラヘンアラヘン(笑)

手拍子揃い過ぎ。

今こんなあからさまな演出したら視聴率2%ですよ。


真夜中を駆け抜ける

ロックバンドでなんでこんな暗い歌なの?ワラ
やっぱこれ。

こういうドラマは臭いぐらいがちょうどいいんでしょうか。。ワラ

やっぱりドラムの奥菜恵さんがいいでしょ。

女の子がドラム?っていうのが

やっぱり人の驚くポイントだったんですね。

この役をMIZUHOさんで・・・(まだいうか)

出演しているタレントサン達もそうそうたる顔ぶれで

こういうすべり系音楽ドラマ・・ダレガスベリ系ヤ 

には多くの有名タレントを輩出するみたいなジンクスが出来てしまいそう。


えてして

こういう過激かつ大げさな脚色のバイオレンスタッチのドラマは

不良を助長することになるなんていわれがちですが

世の中に影響を与えないものなんてないんですから

物事の分別をもって行動するのは当然として

影響のあるものを削除したらなんでも済むなんてものじゃないと思います。

そんなつまらない世界で暮らしたくありません。

過激な表現が満載であっても

逆説的なメッセージとして自分に取り込むぐらいの

器量は欲しいですが。。





スポンサーサイト

別窓 | ZONE MARIAに聞かせたい 音楽よもやま話 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<独特の感性 ~ボーカル編~ | dear re:zone(C) | 長瀬実夕さんの記事>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| dear re:zone(C) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。