MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
独特の感性 ~ボーカル編~

地獄先生ぬ~べ~/バリバリ最強NO.1

FEEL SO BAD/バリバリ最強NO.1

FSBってビーイングだったんですね。意外・・川島さんが元々ビーイングだったからですけど

音的には硬質かつコアなメタルなので聞く人を選びそうですが

今のマキシマムザホルモンにつながるようなキャッチーさを兼ね備えています。

川島だりあさんって人の声質やメロ線

果ては独特のボーカルトラックメイキング。

A・B・サビにかかわらず

どこでもハモリます。ワラ

普通サビっていう発想が駄目なのかもしれませんが

Aメロからハモリますから

サビユニゾンみたいなのとか。

独特の感性ですね。


宇多田ヒカルさんもそういうボーカルトラックを作りますよね。

彼女の声質に似たボーカルやスタイルの人ってその後たくさん出てきましたが

ボーカルというものに音楽性を感じるのは宇多田ヒカルさんぐらいですね。

他の人がメロディーを歌うことだけに終始するのに対し

レコーディングパフォーマンスのシンセ的に使うッキングボーカルとかハーモニーのつけ方とかに独特のものを感じます。


宇多田ヒカル/ This Is Love
勿論、作詞作曲というところも彼女の持ち味のひとつですが

単なるポップスで終わらない懐の深い作品に感じるのは

こういった隠し味が利いているからだと思います。


そういう意味で、惜しむらくは長瀬実夕さんにそういう面を追及してもらい

ただ上手いとかでなくボーカリストとしての

主体性みたいなものが感じられればよりいいのですが

20090321001300


という辛口なコメントを交えながら

最近の主食である

エースバットをいただきます。

私が小学校の校長なら学校給食を

エースバットにしたいと思います。

スポンサーサイト

別窓 | ZONE MARIAに聞かせたい 音楽よもやま話 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<栄枯盛衰 | dear re:zone(C) | 逆説的メッセージ>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| dear re:zone(C) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。