MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ZONE/MARIAに聞かせたい 音楽よもやま話

ルパン三世

「やっぱりこの曲はずせないってやつを送ります。ルパン三世」(何のセリフのパロディかわかるかな?)

一体どんな曲を聴いたらこんなアレンジが出来るのか。

まぁジャズなんでしょうけど、具体的にミュージシャン名とかアルバムとか教えてほしいなぁ。クインシー・ジョーンズとかかな。

ジャズはあんまりというか一枚も持ってないですね。ファンクはあるんですけど。

基本的にロックなので、でもこういう感じであればジャズも好きなんで聞いてみたいな~と思うのですけど。

私のライブラリーにあるとしてもウエザー・リポートぐらいで、あれはフュージョンになるのかな

この時代のアニメソングは「いい曲だ!!ちょっと毛色が似てるな!」と思ったらやっぱり同じ人が作曲してたりするんですね。才能のある人はひっぱりだこなんでしょう。


スペースコブラ

Aメロは四つ打ちのウォーキングでどっしり支えながら、サビ前ぐらいから跳ね出してサビの「コ~ブラ~」で「んーぺっ んぺんぺんぺ」みたいに跳ねるベースが気持ちいいですよ。

ルパン三世とスペースコブラ

両方とも作曲が大野雄二さん

いいアニメにはいい主題歌。これ鉄則ですね。

コブラは寺沢武一氏の最高傑作ともいえるスケールの大きいアニメで、

左腕にサイコガンていう設定。

かっこよすぎ。(笑)

もしも、科学技術の発達でこの先の未来、サイコガンが開発されたその暁には

私の左腕をサイコガンにしてもらおうと思っています。(オイオイ)

漫画は一冊も持ってないんですが、唯一コブラだけあの綺麗なハードカバーのやつを全巻持ってたりする(笑)



それから時代と共に歌詞の字幕にも変化が見られます。

昔の漫画の主題歌は全部ひらがなだったのがコブラの時代までくると、英単語が入ってたりします。

アニメのストーリーも子供だけが見るものでなく、シリアスなものが多くなったというのが大きな原因でしょうか。



ちなみに「ラ・セーヌの星」は全部ひらがなでしたね。

ZONE=solo.TOMOKA/ROCKING

ラ・セーヌの星みたいな格好じゃないですか?ていうかラ・セーヌの星にしか見えない(まだ食い下がる)

あとは赤のお面を着けたら最高!(それが変態ぽい)

1:02辺りのベースラインを聞けばha-jさんの編曲だ!ってわかりますね。(H・A・N・A・B・Iにも出てくるフレーズ)

0:59のところのTOMOKAさんのアップからの一気にカメラを引くショットとか、こういうみせ方カッコイイですね。


MIYUのただいまハマリ中WMPで聴視可能

スポンサーサイト

別窓 | ZONE MARIAに聞かせたい 音楽よもやま話 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ZONE/MARIAに聞かせたい 音楽よもやま話 | dear re:zone(C) | ZONE/MARIAに聞かせたい 音楽よもやま話>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| dear re:zone(C) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。