MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ZONE/MARIAに聞かせたい 音楽よもやま話

巨乳まんだら王国/割礼カレー

これが売れない音楽業界てのやっぱりどうなのかな~と。

業界は横の繋がりとかを無視するわけにもいかないし、世間から倫理だどうだのといわれればやっぱり腰が引けてしまうものなのでしょうけど。

とはいうもののTVに出れる時代になったというのはある意味開けてきたなぁというのも感じています。一昔前ではちょっと無理でしょうねぇ。


たしかに歌詞自体は下ネタが入っているのですが、ただのシモネタではないセンスあるシモネタ

そこらへんのセンスに気づいていただきたい。

ギターリフ、バッキング、ボーカルの声質、歌詞とバックコーラスのセンス、キャッチーなメロディー、すべてがメジャー級、メジャーレーベルのどこを探してもなかなかいないんじゃないかな~。

サビのところのギターのバッキング&歌詞もよく聴けばサビの手前に二枚目な部分もあったりしてカッコイイ(笑)




イコマ教祖のフェイバリットアーティストにはこちらで紹介した、大野雄二さん 山本正之さん、などの作曲家さんやメタリカなどのロックバンドの名前などが挙がっています。

ボーカルの声質的にはメタリカのジェイムス・へットフィールドによく似ている。
METALLICA/ENTER SANDMAN

じつはこの「割礼カレー」のベースはマキシマム・ザ・ホルモンの上ちゃんが弾いているのだそうです。

マキシマム・ザ・ホルモン/恋のメガラバ


マキシマム・ザ・ホルモン/What's up people

私の中で今一番かっこいい男性顔負けの女性ドラマー、ナヲ姉さん。

パフォーマンスやりながらそこまでやるかぁっていうのは感動の要因になると思うんですが。

どうでしょう。

クリスタルライブでは長瀬実夕さんのサポートギターは宮永治郎さんが弾かれたそうで。

ちなみに宮永治郎さんはZONEがインディーズ時代にリリースしたシングル「BELIEVE IN LOVE」のプロデューサー川上シゲさんに見出されて活発に活動されるようになったそうです。

調べていくとそのあたりはすべて横の繋がりの人脈なのだなぁというのが解かってきました。


スポンサーサイト

別窓 | ZONE MARIAに聞かせたい 音楽よもやま話 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<TAKAYOさんに聴かせたい曲 | dear re:zone(C) | TAKAYO~2nd~Album MyBestFriends~の考察>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| dear re:zone(C) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。