MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
R.O.D

R.O.D 1
futasizukuさんと紙はいいですね。っていう話になったので。

なんの話をしたら紙はいいですねっていうことになるのかは今から書きますが。(笑)

近年何でもかんでもデジタル化で

書籍っていうのもいつかは無くなるのかな~という話で。。たぶんそんな感じ

そうなると「本」て何?

みたいな時代がくるかも知れないわけですよね。

それどうだろー

想像つかないですけど。

本は確かにかさばりますが

デジタルで保存するより長期にわたって情報の保存が可能です。(状態によりけりですが)

そういうことも考えさせられるアニメを紹介。

紙というアイテムをアニメにしたのがR.O.D(READ OR DIE)


R.O.D 2

ここ十年感銘を受ける映画がまったくないので

どうしたもんかとおもっていたら

実はアニメの方が傑作がものすごい数存在していますね。

発想とその世界観。

その舞台で繰り広げられる哲学や理論にものすごく共感できる。

日本のアニメが宮崎駿さんとぐらいにしか思ってなかった私には

カルチャーショック。

こりゃおもろいわ。

蟲師とかもそうですけど。

GYAOっていう無料視聴できるサイトでいろいろみたのが始まりですが

そこでお金を払って視聴できるアニメーションもあります。

それらで見ることの出来るアニメがまた秀逸で

世間で言われるキャラクターのかわいらしさとかいうのは

表面的な取っ付きの部分で

その登場人物が繰り広げる生き死にや善悪、夢や愛や葛藤など

奥深い。

もちろん2時間というくくりがないから

いろんな表現が出来るのかもしれませんが。


R.O.D 3

スポンサーサイト

別窓 | ZONE MARIAに聞かせたい 音楽よもやま話 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<<誕生日おめでとうございます | dear re:zone(C) | アルシオーネ>>
この記事のコメント
面白かったです。
お久しぶりです。

このアニメ、全く知りませんでしたが、たしかに面白かったです。
ちょっと前までは僕もカナリ「本の虫」だったので、主人公の感覚リアルに感じたり(笑)。

バック音楽はなぜか昔のスパイ・・・少し懐かしくも感じました。
2009-05-24 Sun 11:02 | URL | 雲 #eELN9CHk[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| dear re:zone(C) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。