MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ZONE「夢ノカケラ・・・」

ZONE/夢ノカケラ・・・

夢ノカケラ・・・夢ノカケラ・・・
(2002/02/14)
ZONE

商品詳細を見る


ZONEのシングルで私の記憶にあまり残っていない作品。笑

当時、熱狂的なファンではなかったのでご容赦願いたいのですが(結局全部買ったので)



futashizukuさんの見解としてZONEのレコード売り上げが減ったのは

TAKAYOさんの脱退が原因ではないのでは

という記事が出ていました。ナルホド

私も確かにそうだと思います。


futashizukuさんのブログのグラフを見れば分かるように

GOOD DAYS~ SECRET BASE 以後

10万枚の辺りをウロウロしながらちょっとづつセールスを下げています。

TAKAYOさんがいてもいなくても

少しづつセールスは下降気味であったわけです

ならばその原因は?

ここはfutashizukuさんと意見がわかれるかもしれませんが

これはわたしの考えをずばり言わせていただくと

ダンスとバンドのパフォーマンスを分けた事。

ダンスはダンス

バンドはバンド

タイアップこそありましたが

新人のZONEが6万枚のスマッシュヒットを出した「GOOD DAYS」の衝撃をよそに

バンド路線に転換したことだと思います。

それは大爆発NO,1のセールスに出ていると思いますが

もうすこし詳しく書きますと

セールスの総数=ファンの数ではない

futashizukuさんのグラフを参考にしますと

2005年の時点でコアなファンと、浮動ファン(自ら情報を収集しイベントに参加、CD購入などの可能性のある数)の数は10万だと思います。

この数を軸にレコード会社はマーケティングしていくのだと思われます。

そう考えるとH.A.N.A.B.I~君がいた夏

で10万の限定シングルを発表したのも変な探りのような気がします。

そしてグラフに出ているように

アルバムは購入してもシングルは買わないなど

音楽の聴き方もさまざまで

一概にシングルの売り上げ減少=ファン離れではないと考えます。

その中でシクベと大爆発NO.1を注目してみましょう。

つづく・・・















スポンサーサイト

別窓 | MARIA ZONEの曲レビュー | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ZONE「Z」 | dear re:zone(C) | カナシミレンサ>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| dear re:zone(C) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。