MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ZONE「Z」のつづき
なんだか話が長くなりそうです。笑


私はバンドル肯定派です。

バンドルというか

踊りながら楽器を弾くということです。

ZONEがまずインディーズでリリースしたBELIEVE IN LOVE

ここでまず方向修正がひとつあったと思います。

SPEEDと同じダンスユニットスタイルでいけば

まず鳴かず飛ばずであった可能性は大でしょう。(実際ZONEは売れたので少し辛口に書きます)

驚きが無い。

人を感動させる絶対的なものが無かった。

並みの歌唱力とルックスとダンス。(チョトイイスギカナ・・)

それは彼女たち以外の首脳陣全員が感じていたところだと思います。

私はランタイムの何が好きかって

Z(底辺)から頂点を目指してほしいという意味を込めて

事務所所属のタレントにZをつけているところです。

オーディションで選ばれた精鋭で結成されたユニットであるにも関わらず

そういう謙虚なところと

一般人に訴えかける

下克上みたいな

そういう心意気が好きなんです。


話は戻りますが

インディーズシングルのPV「僕はマグマ」で楽器をもってパフォーマンスをさせたことで

誰かが閃いたわけですね。笑

「これはいけるんじゃないか」


ZONE/僕はマグマ

UHBの特番で

この年齢で歌も歌えて踊りも出来てさらに楽器が弾けるなんて他にいないんじゃないかなと。

川上シゲさんがおっしゃってました。

ZONEはここでPerfumeがテクノを手に入れ

モーニング娘。がコミカルで前向きな楽曲を手に入れたように

ダンス&バンドパフォーマンスを手に入れ

後にGOOD DAYSにつながるわけです。


ではPerfumeとモーニング娘。と

ZONEはなにが違うのか?

ZONEはGOOD DAYSに自分たちのアイデンティティーを確立していたのに対し

Perfumeとモーニング娘。は活動の中で自分たちのアイデンティティーを確立していったところです。

さらに後の2グループはそのアイデンティティーの重要性を認識していましたが

ZONEはそうではなかった。ということです。

つづく・・長いわ~
スポンサーサイト

別窓 | MARIA ZONEの曲レビュー | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<これ知ってたら・・ | dear re:zone(C) | ZONE「Z」>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| dear re:zone(C) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。