MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
連鎖解析3
ちょいとサボりすぎ(笑)

さてZONEのセールスの低下の歯止めがなぜ利かなかったのか?

その原因について考えていきます。

なにやら当サイトからfutashizukuさんのところへ訪問されている方が多いようで

プレッシャーを与えてしまっているようですが(笑)

それも私がさぼり気味なのが原因なのでしょうね。

がんばります

ZONEの緩やかなセールス低下は踊りながら弾くという

個性を捨てバンド路線にしたことが原因と考えます。

この書き方は乱暴なのですが

本格的バンド路線でいくのであれば

あのアレンジではダメということです。

私自身が本格的バンド路線を望んでいないという意味ではありません。

当時の彼女たちが使える時間から状況から考えても

本格的な音の追求をするには不十分だったと考えます。

ではなぜバンド路線に変更したのか?

それはシクベの大ヒットに他なりません。

この大ヒットが彼女たちの進むべき道を少しずれさせた。



最近、私の友人(ZONEの話題とかをしない)が

たまたま店内に流れていたシクベを聞いて

「懐かしいなーこの曲ぅ」と、言い出したのです。

その友人はシングルを買うことは滅多になくいわゆるアルバム買い派の人間で

この曲だけは、キッズウォーで流れてたの聞いて買ったというではないですか(笑)

ただ、それ以後ZONEに興味が湧いたいうわけではなく

それきりだったようですが

そこでというか

それまでも思っていたことなんですが

シクベとはそういう曲だったんではないかなーと。。

確かにシクベは売れました。

ですが

THIS IS ZONE

がシクベかというと私はそうではないと思っているのです。

それはシクベ以後のシングルセールスの数字私の見解と照らし合わせて

解析していきたいと思います。



つづく
スポンサーサイト

別窓 | ごあいさつ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<連鎖解析4 | dear re:zone(C) | 大阪でスイーツ>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| dear re:zone(C) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。