MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
一男とって?また一(男)?


ジョンテさんゴイスー(笑)

ビヨンセの振り付け師なんですね。

たしかにこんな感じのダンス踊ってたな~

私たちが知らないだけで

ある種、ビヨンセの個性ともとれるぐらいの振り付けを他の方が行っていたわけですよね。

しかし極端にまばたき少ない方

ある種人間離れして・・・(笑)



この広島のパフォーマンスは圧巻ですね

キレが違うのは見ればわかると思いますが

バックのダンサーさんも一人だけ舞台で踊っている分には

多分むちゃくちゃ上手なんだと思います。


私たちは音楽を聴いて感動するとき

このように細かいところまで聴いて評価し感動したりするのでしょうか?

やはりそこには

素人であるが故の

芸術を理解する際の優先順位なるものが

あるのではないでしょうか

メロディーと歌詞そしてアレンジそして一番最後にテクニックみたいな感じですか。。

ライブ冒頭の振り付けも首が入ってるのはジョンテさんだけで

バックダンサーの方も音楽で言うメロディーとか歌詞の部分は真似れているのですが

演奏におけるダイナミクスまでは短期間ではなかなか難しいと思います。

マイケルのスリラーのバックダンサーも世界屈指のダンサーのはずなのに

マイケルよりダサいんですよね。(笑)

それぐらいフレーズをものにしてるともいえるんですが。

ダンスに特に興味がない方でも

上の動画のように

比較できたから

その違いに気づいたとして

それをまったくしない環境は

はたしてプロとして恵まれた環境でしょうか?

その比較を取っ払うことはオリジナリティーを高めることにつながるのでしょうか?

そして今現在そういうぬるま湯の環境で結果、繋がったのか?

ですが

単にやさしさだけで

そんなことをやってきたのではないだろうということも推測できます。

そこにはやっぱり心の闇が存在すると思います。




スポンサーサイト

別窓 | ごあいさつ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<進化論 | dear re:zone(C) | 一男さってまた一(難)?>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| dear re:zone(C) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。