MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
セカンドシングルの傾向


空耳アワー



長瀬実夕さんのニューシングル「ROSE」ってどんな感じなのでしょう。

CDジャケットの印象からうける音のイメージはマイナー調、で音階に特徴がありそうな感じです。

ポケットビスケッツの「RED ANGEL」とかglobe「JOY TO THE LOVE」


POCKET BISCUITS/Red Angel


globe/JOY TO THE LOVE

特にJOY TO THE LOVEは結構好きな曲の一つです。

初めのAメロはマイナー調の進行であるにもかかわらず

2回目からメジャーのコード進行に変わってるんです。

面白いでしょう。同じようなメロディーラインを作りながら明るくなっているでしょう。

わかりますかね。

小室さんのように大衆にわかりやすい曲を提供するヒットメーカーは、実はこういう冒険的なこともできる人なんだと思いました。


TRFは一ヶ月おき3枚連続リリースの2枚目となりますが。

2枚目には少し毛色の違うシングルをもってくることがセオリーっぽいのでしょうか。

avexには多いかもしれませんね。。

3枚目のシングルはメジャー調の曲ということもあるかもしれませんね。

「ROSE」(ローズ)といえばアクセル・ローズかランディー・ローズ(後者はつづりが違いますが)

ですのでアクセル・ローズのように隣人にオーディオの音がうるさいと注意されて、カッときてグーとかのイメージがあります。(注意されたことに腹を立ててホントに殴ったらしい:ロックやな~)

どんな曲なんでしょう。前から思ってるのですが北海道しか流さないのは意味がある行為なのでしょうか。東京、大阪、地方のイベントに行くならFMに出て流してもらえば良いのに、とか。





スポンサーサイト

別窓 | 長瀬実夕 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<re:zoneについて | dear re:zone(C) | MARIA ニューシングル.PART.2>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| dear re:zone(C) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。