MARIA,TAKAYO,長瀬実夕,西村朝香,ZONE.RUNTIMEサポートブログ THE NEXT IS A WAY TO THE BUDOKAN 其次是到日本武道館的道路
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
人生サバイバル

吉川晃司 無人島生活 裏秘話



魚が見えてるのに獲れない

なんだか音楽にも通じてるきがしませんか

町に行けば人はいっぱいいてるのに

誰も興味を示さない

あれやこれやいろんな促販を考えても

的を得てなければ結果には繋がらない

こういう状況がインディーズにもあると思うんです。



昨年コメントいただきました

futashizukuさん

あけましておめでとうございます

お返事遅れてすいません


ランタイムアーティストは・・・

とくにTOMOKAさんはかなりやばいんじゃないかと思っています。

BON'Z やTAKAYOさんのことも踏まえれば

このままフェードアウトの危険性は高いです。


GO☆SSIPさん

あけましておめでとうございます

GO☆SSIPさんのTAKAYOさんへの並々ならぬ思いは分かります

年明けにそういう記事を書かれていたみたいで

これは意図せずしてこちらの記事が苦言を呈するような形となってしまいましたが

それよりわたしはその前の記事には

一言、忠告差し上げたいと思っていました。

それはair codeワンマンに行く行かないの記事です。


そしてわたしが新年一発目に書いた記事

それは苦言を呈するというよりも

上の動画のように

いくつかの選択肢が浮かんだとしても

実行できないものは

無いのと同じであるということです。

魚をとるための手段がなければ

見えてはいても食べることは出来ない

そしていずれは餓死してしまう


ランタイムアーティストのみならず

TAKAYOさんの活動もおなじく

バンドメンバーがいない

曲が作れない

スケジュールを管理する人がいない


そしてたまにサプライズ的に

松村さんがアップしてくれる「あの二人も面白いこと考えてるよ」的な

T&Mコンビの情報


しかしその企画の実現にあたって

だれがその労力を買って出るのでしょうか?


青春フォーエバーの時

私たちはTAJAYOさん以外にair codeにもそのスポットがあたって

活動が円滑になれば・・・

いやもっと汚い言葉で言うと

サポートの代償として名を売ることが出来ると思ったはずです。

ところがそうではなかった。


自社製品でないインディーズレコードの

青春フォーエバーだって売れたってair codeにはなんの利益もないし

そして彼らだって長い下積み対バンライブ生活の中

TAKAYOサンのオーディエンスに

アピールしてもレスポンスの無い客層だと言うことぐらいはわかっていたでしょう。


もしかしたら真家さんにはその気があったかも知れませんが

松村さんがMIZUHO祭りのあとがきに

売名行為とかそんなんじゃなく

この話を受けてよかったと書いてありましたが

ステージの上にあの二人を立たせて

TAKAYOさんにもオーディエンスにも

ロックの楽しさが伝わって良かったと

そうおもってくれたんだと思います。


そしてこの先充電?沈黙期間が長くなることも承知でしたでしょう

青春フォーエバーにTAKAYOさんをゲストボーカルに迎えます。

私のかんぐりでは

TAKAYOさんがゲストで入れば

セールスは確かに上がると思いました。

ところがいろいろなことを考えれば

それが松村さんたちにはなんのメリットも無いことは

1年を過ぎてようやく理解できました。


売れる事はair codeをサポートしてくれたインディーレーベルには恩返しできます

自分たちのファンとの摩擦を最小限に抑えつつも

TAKAYOさんの声の入ったアルバムを全国でリリースできるようにし

復活を望むファンのはやる気持ちを落ち着かせるようにプレゼントしてくれました。


活動における決定権を持っているとはいえ

軟派なことをしては彼らのファンもいい気はしないと思います。



そんな風に自分の身を削って見返りを気にしない人

奇特な方です。。。

ありがたい。。。


そしてそんな奇特な人は世の中にそんなに多くは存在していないんです。






GO☆SSIPさんがTAKAYOさんの喜ぶことをしてあげたいと

常々思っていらっしゃるのであれば

TAKAYOさんが出演しないと分かった途端

いくのをやめたという記事を読んだら

それは悲しむのではないでしょうか。

普通のファンならそこで行かないという選択肢はありです。

しかしTAKAYOさん命のGO☆SSIPさんほどの方がいかないだなんて・・・

逆境において最後に頼れるのは自分の力

それがこの世の摂理であって

そして出来ればその逆境を支える力にもなりたいものです。




そしてそこへ持ってきてTOMOKAさんの沈黙

20050401

あのときのように

「ああしてれば良かった」なんて後悔はしたくないのです。































スポンサーサイト

別窓 | ごあいさつ | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<<アニソン | dear re:zone(C) | 一曲につきひとつ>>
この記事のコメント
ご指摘ありがとうございます。
全く何の申し開き、言い訳もできません。
おっしゃるとおり、勝手にTAKAYOさんが出演するのではないかと舞い上がり、出演が確認できないままでは東京まで足を運べなかったです。

aircodeワンマンのチケットを買って、平日の夜なので名古屋から東京に行けるように仕事の都合をつけて、準備を整えながら、最後に躊躇したのであります。

この場をお借りしまして、aircodeファンの方々はじめ、皆様方に深くお詫び申し上げます。

本当に申し訳ありませんでした。
2010-01-11 Mon 13:24 | URL | GO☆SSIP #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| dear re:zone(C) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。